EXPO 2015 - ミラノ大学におけるサテライトイベント(日本館認定イベント)

本イベントは終了しました。 This event was successfully completed.

本イベントの内容が徳島新聞社により報道されました (2015.7.15)。

 

 

 

はじめに Introduction

イタリア共和国・ミラノにおいて、2015年5月1日から10月30日まで、Feeding the Planet, Energy for Life をテーマに、EXPO 2015 が開催されます。

 

徳島大学薬学部とミラノ大学薬学部は2013年9月に学部間交流協定を締結しており、ミラノ大学が7月13日に主催する EXPO 2015 サテライトイベントへの参加を要請されました。本イベントでは、ヒトの健康と栄養における植物の利用をテーマに、午前中は世界8ヵ国から集う研究者による学術講演、午後は植物性フードサプリメントに関するワークショップとラウンドテーブルが行われます(詳細は下記プログラムPDFをダウンロードしてご覧下さい)。本学部からは、午前中に、福井裕行特任教授(分子難治性疾患学)と宮本理人助教(医薬品機能生化学)がそれぞれ、上勝町の農産物由来成分に関する研究成果(阿波晩茶から同定され特許申請に至った抗アレルギー効果を有する物質、およびスダチ果皮から同定され特許取得に至った血糖降下作用を有する物質)について講演します。また午後のラウンドテーブル最後に笠原二郎准教授(神経病態解析学)が、魅力的な創薬リソースを有する上勝町とその背景や様々な事業・活動について紹介します。

 

本イベントの講演は英語、イタリア語(同時通訳有り)で行われます。

 

本イベントは「2015年ミラノ国際博覧会日本館認定イベント」として承認されました (FAN150604001)。

 

開催日時・会場・連絡先

2015年7月13日(月)Monday, 13th July, 2015

イタリア・ミラノ大学 Università degli Studi di Milano

Sala Napoleonica, Palazzo Greppi (Via San't Antonio 10, Milano)

 

学術講演会 9:00 - 12:30 (Academic Lectures)

Botanicals for nutrition and health: from the Nagoya protocol to the international cooperation

 

ワークショップ 14:00 - 17:30 (Workshop and Round Table)

Workshop on Plant Food Supplements: from the scientefic aspects to legislation

 

連絡先(神経病態解析学分野):笠原 二郎(かさはら じろう)

E-mail: awajiro"アットマーク"tokushima-u.ac.jp

Tel&Fax: 088-633-7278(学内: 6256)

 

関連資料 Downloadable Files

プログラム(Program)

Program for the EXPO 2015 Satellite Event in UNIMI

エキスポ2015ミラノ大学サテライトイベントプログラム(1MB)

 

主催・共催・後援

主催:ミラノ大学 Università degli Studi di Milano, Italia

共催:Nutrition Foundation of ITALY (Nfi)

共催:Societa italiana di scienze applicate alle piante officinali e ai prodotti per la salute (SISTE)

共催:徳島大学薬学部 Faculty of Pharmaceutical Sciences, Tokushima University

 

お問い合わせ

神経病態解析学
電話:088-633-7278