徳島とイタリアをつなぐ脳科学研究の潮流(脳科学クラスター国際シンポジウム)

本シンポジウムは、講師6名と参加者124名の総計130名という盛会のうちに無事終了いたしました。

ご参加・ご協力頂きました皆様には、心から御礼を申し上げます。(平成28年7月12日・事務局)

This symposium was successfully closed with 130 participants.

We sincerely thank all the participants, collaborators and contributors.

 

はじめに Introduction

脳科学クラスター国際シンポジウム「徳島とイタリアをつなぐ脳科学研究の潮流〜 Current Trends in Brain Science Research Connecting Italy And Tokushima」を開催します。

 

本シンポジウムは、日本イタリア国交150周年の事業として認定されました(在イタリア日本国大使館・日伊国交150周年現地連絡調整会議による)。

 

徳島大学脳科学クラスターは、大学院医歯薬学研究部における学部の枠を超えた脳科学研究の教育研究クラスターとして、6年以上にわたり学内外の共同研究促進や大学院生教育研究活動の促進に携わり、今日まで多くの実績を挙げてきました。

日本とイタリア国交150周年の本年、在日イタリア大使館科学技術担当官ご協力のもと、7月9日(土)午後に、本学蔵本キャンパス長井記念ホールにおいて、国際学術シンポジウム「徳島とイタリアをつなぐ脳科学研究の潮流」を開催します。本シンポジウムの開催は、徳島大学脳科学クラスターに所属する分野と、イタリアの研究機関との共同・連携した研究活動およびその成果の公開と討論を通して、若手研究者および大学院生の教育と研究、海外研究留学等を促進することだけでなく、広く医療関連職(医師・歯科医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・社会福祉士ほか)および地域社会にこれらの活動を広報することが目的です。

 

本イベントの講演は英語(日本語字幕表示予定)および日本語で行われます。

 

Current Trends in Brain Science Research Connecting Italy And Tokushima

(International Symposium of Brain Science Cluster in Tokushima University)

 

La ricerca scientifica sul cervello che collega l'Italia e Tokushima

 

Brain science cluster in Tokushima University has been successfully facilitating inter-department education and research related to brain science in our School for over 6 years.

In this year 2016 with cerebrating 150 years diplomatic relationship between Italy and Japan, we are planning to have an international symposium entitled "Current Trends in Brain Science Research Connecting Italy And Tokushima" on the afternoon of July 9th. In our School, some faculty members engaging in brain science research have stable connection with multiple Universities and Research Institute in Italy. Collaborating with Italian Embassy in Tokyo, we invite two researchers from Milan and Florence. This symposium is aimed to introduce our collaborative and leading studies in the field of brain science to the Tokushima community in addition to stimulate especially young professionals/researchers/students academically in medical area.

The official languages of this symposium are English and Japanese.

 

開催日時・会場・連絡先 Information

2016年7月9日(土)12:30 - 18:00, Saturday, 9th July, 2016

徳島大学・長井記念ホール(蔵本キャンパス)Tokushima University, Nagai Memorial Hall

事務局:笠原 二郎(徳島大学・大学院医歯薬学研究部/薬科学教育部・神経病態解析学分野)

Tel. 088-633-7278 Fax. 088-633-9512 E-mail: awajiro"at"(@以降はtokushima-u.ac.jp)

 

プログラム Academic Program of Lectures

「徳島とイタリアをつなぐ脳科学研究の潮流」(脳科学クラスター国際シンポジウム)

 

12:30-12:45 開会挨拶 永廣 信治(徳島大学)ほか

12:45-13:30

(1) マウリツィオ ポポリ(ミラノ大学)

急性ストレスが短期—長期神経可塑性に及ぼす影響

13:30-14:15

(2) 笠原 二郎(徳島大学)

脳梗塞後のうつ病と海馬の神経変性

14:15-14:30 休憩

14:30-15:15

(3) パトリツィオ ブランディーナ(フィレンツェ大学)

情動学習と記憶における脳のヒスタミンの役割

15:15-16:00

(4) 梅原 隼人(新潟大学)

摂食行動制御におけるヒスタミン神経の役割/徳島からフィレンツェへ学問の旅

16:00-16:15 休憩

16:15-17:00

(5) 辻 大輔(徳島大学・ナポリ TIGEM)

神経症状を呈するリソソーム病の脳におけるオートファジーシグナリング

17:00-17:45

(6) 大下 直樹(社会福祉士・徳島大学非常勤講師)

日本の精神保健の現状と課題、そして今イタリアから学ぶこと

17:45-18:00 閉会挨拶 福井 清(徳島大学)

 

12:30-12:45 Opening remarks: Shinji Nagahiro (Tokushima Univ), and other guests

12:45-13:30

(1) Maurizio Popoli (Univ. Milano)

Acute stress is not just acute: short- and long-term outcome in neural plasticity

13:30-14:15

(2) Jiro Kasahara (Tokushima Univ.)

Poststroke depression and hippocampal neurodegeneration

14:15-14:30 Break

14:30-15:15

(3) Patrizio Blandina (Univ. Firenze)

The role of brain histamine in emotional learning and memory

15:15-16:00

(4) Hayato Umehara (Niigata Univ.)

The role of neuronal histamine in the regulation of feeding behavior/Viaggio Academica da Tokushima a Firenze

16:00-16:15 Break

16:15-17:00

(5) Daisuke Tsuji (Tokushima Univ., TIGEM Napoli)

Autophagy signaling in brain affected with lysosomal storage disorders

17:00-17:45

(6) Naoki Ohshita (Certified Social Worker, Tokushima Univ.)

Current situation and issues of the Japanese system for mental health and welfare: what we learn from Italy now

17:45-18:00 Closing remark: Kiyoshi Fukui (Tokushima Univ.)

 

単位付与情報 Academic Credits Info.

・日本医師会生涯教育認定単位(5.5 単位)

カリキュラムコード 5, 6, 12, 13, 21, 23, 29, 69, 70, 72, 78

・日本薬剤師研修センター研修認定単位(3 単位)

・日本病院薬剤師会生涯研修認定単位(2 単位)

・徳島大学薬学部能動学習単位(最大 3 ポイント)

講演2つで1ポイント、全ての講演6つで3ポイントです。講演開始前と休憩時間2回に、各々手続きして下さい。

 

関連資料 Downloadable Files

講演要旨集/Abstracts (13MB)

講演要旨集(冊子)は当日会場にて配布します。

 

日本語版ポスター(6MB)

日本語版(低解像度)ポスター(286KB)

Poster-English(6MB)

Poster-English, low resolution(269KB)

 

主催・共催/連携 Organizers

主催:徳島大学脳科学クラスター(代表・永廣 信治)

共催/連携:在日イタリア大使館、徳島県医師会、徳島県薬剤師会、徳島県病院薬剤師会、徳島大学臨床薬剤師交流ネットワーク (TPN)、日本薬学会中国四国支部会

Organized by Brain Science Cluster in Tokushima Univ.

Cooperated with: Italian Embassy in Japan; Tokushima Medical Association; Tokushima Pharmaceutical Association; Tokushima Association of Hospital Pharmacists; Tokushima Univ. Clinical Pharmacist Network (TPN); Chugoku-Shikoku Branch, The Pharmaceutical Society of Japan.

 

お問い合わせ

神経病態解析学
電話:088-633-7278