神経病態解析学

最新情報 What's New

 

更新しました(2017年8月23日)。

 

更新しました(2017年9月8日)。

 

 

平成29年度の担当講義など Classes

          • 演習2(薬学科6年生):前期火曜日9:00-12:00開講。本年度は終了。
          • 薬物治療学3(学部4年生):前期月曜日9:45-10:45開講。本年度は終了。
          • 薬物治療学3(新カリキュラム・学部3年生):後期水曜日9:45-10:45開講。
          • 生物化学4(学部3年生):前期火曜日13:00-14:00開講。本年度は終了。
          • 生物化学1(学部1年生):前期金曜日8:30-9:30開講。本年度は終了。
          • 薬学入門2(学部1年生):前期水曜日13:00-14:00開講。本年度は終了。
          • 薬学入門3(学部1年生クラス会):前期水曜日9:45-10:45開講(当分野内セミナー室)。本年度は終了。
          • 薬学英語1(学部2年生):後期木曜日8:30-9:30開講(当分野内セミナー室)。
          • 薬学セミナー(学部1年生):10月5日、12日、26日(木)13:00-(当分野内セミナー室)。
          • 実務実習事前教育(薬学科4年生):後期 11月14, 15, 16, 17日 13:00-18:00(第4講義室)。
          • 医薬品安全性学特論(大学院):後期金曜日 13:00-14:30開講。
          • 臨床病態学特論(大学院):後期開講(受講者には担当日と開催場所を連絡)
          • 育薬共通演習(大学院):開講(受講者には別途連絡)
          • 脳科学クラスターコアセミナー(大学院):12月6日(水)17時から実施予定(セミナー情報参照)

 

セミナー・イベント情報 Seminar/Event Info

12月6日(水)17-20時に標記合同セミナーを開催します。

 

第19回:調整中

 

 

研究概要 Research

当分野では、脳に起こる様々な疾患の病態解析と、その治療薬開発に向けた基礎研究を行っています。脳に起こる疾患とは、神経細胞が変性・脱落する「神経変性疾患」と、神経機能の異常が中心である「精神疾患」に分類され、主に以下のような研究を展開しています。

 

1)マウスモデルによるパーキンソン病の分子病態解析と新規薬物療法の開発研究

2)ラットモデルによる脳虚血の分子病態解析

3)発達期における脳の機能と構造に関する研究

4)気分障害の分子病態解析と治療薬の分子薬理学的研究

5)中枢神経における細胞内情報制御機構と神経機能

 

これらのテーマについて、齧歯類のモデル動物や培養細胞などを材料として、薬理学、生化学、分子生物学、免疫組織化学等の手法を用いて研究しています。私たちが行っている基礎研究の目標は、脳に起こる様々な疾患の病態解析から詳細な分子機構を明らかにし、新たな創薬ターゲットを見出して、新規治療薬の開発に結びつけることです。

 

We are interested in various disorders in the mammalian central nervous systems (CNS: brain), analyzing their molecular mechanisms and conducting basic researches for developing novel drugs and therapeutics. We are focusing on the following disorders: neurodegenerative disorders (Parkinson’s disease, brain stroke, age-related neurodegeneration) and neuropsychiatric disorders (depression, stress-induced disorders and epilepsy).

Methodologically, we are combining behavioral pharmacology, immunohistochemistry, biochemistry and molecular biology, using rodents model for these disorders. To elucidate molecular mechanisms of pathology and pharmacology in detail, we also use cultured neuronal cells such as primary-cultured neurons and neuroblastoma cell lines.
Our goal is to develop the novel potent drugs and therapeutics for these CNS disorders.

 

研究業績

更新しました(2017年8月23日)。

 

更新しました(2017年9月8日)。

 

研究室について

更新しました(2017年9月8日)。

 

更新しました(2017年10月20日)。

 

更新しました(2017年4月2日)。

 

更新しました(2017年4月2日)。

 

研究室訪問を希望する学生は事前に必ず読んで下さい。

今年度の3年生向け分野紹介(薬学入門3)は4月14日の16時15分から第3講義室にて実施。

更新しました(2017年4月10日)。

 

連絡先

                    • 電話、FAX やメールによる勧誘等は固くお断りいたします。
                    • 電話とFAX(セミナー室):088-633-9512
                    • 同(笠原准教授):088-633-7278
                    • E-mail(笠原准教授):awajiro@ 
                    • (アットマーク以降は、tokushima-u.ac.jp)