最近の学会発表 * Recent Presentation

日本薬学会第138年会(金沢・2018-03-25/28発表予定)

アレニルエステルとメルカプト酢酸メチルのタンデム型チア-マイケル/ディークマン縮合反応

Tandem thia-Michael/Dieckmann condensation of methyl mercaptoacetate with allenyl esters

○中尾允泰、戸口宗尚、佐野茂樹

○Michiyasu Nakao, Munehisa Toguchi, Shigeki Sano

 

第43回反応と合成の進歩シンポジウム(富山・2017-11-06/07

アレニルエステルを基盤とするチア-マイケル/アルドール型タンデム反応の開発

Tandem Thia-Michael/aldol-type Reaction of Allenyl Esters

○中尾允泰、戸口宗尚、佐野茂樹

○Michiyasu Nakao, Munehisa Toguchi, Shigeki Sano

 

第43反応と合成-1

 

第43反応と合成-2

 

第43反応と合成-3

 

第43反応と合成-4

 

第43反応と合成-5

 

第56回日本薬学会・日本薬剤師会日本病院薬剤師会中四国支部学術大会(徳島・2017-10-21/22

アレニルエステルのチア-マイケル/ディークマン縮合反応による多置換チオフェン誘導体の合成

○戸口宗尚、中尾允泰、佐野茂樹

 

キラル第三級アミン触媒を用いるσ対称環状炭酸エステルの不斉開環反応

○祥瑞知美、井上大輔中尾允泰、佐野茂樹

 

2017-10中四1

 

2017-10中四2

 

2017-10中四3

 

58th International Conference on the Bioscience of Lipids (Zurich, Switzerland・2017-09-10/14)

Plasma Level of Ceramide 1-Phosphate and Its Anti-Apoptotic Activity

○Tamotsu Tanaka, Md. Motiur Rahman, Erina Iga, Ryouhei Yamashita, Ryota Shimizu, Kazuki Tsuji, Akina Shimada, Michiyasu Nakao, Shigeki Sano, Kentaro Kogure

 

19th International Symposium on Flavins and Flavoproteins (Groningen, The Netherlands・2017-07-02/06)

Screening of the Effectors for Human D-Amino Acid Oxidase and the Analyses of Structure-Activity Relationships

○Kazuko Yorita, Sumire Kurosawa, Yuuri Yoshida, Yoshiki Kashiwada, Shigeki Sano, Akira Otaka, and Kiyoshi Fukui

 

第59回日本脂質生化学会(京都・2017-06-15/16)

血液中に存在する極長鎖型セラミド-1-リン酸のアポトーシス抑制作用

○田中保、Md. Motiur Rahman、伊賀永里奈、山下量平、清水良多、辻和樹、島田明奈、中尾允泰、佐野茂樹、小暮健太朗

 

第58回日本生化学会中国・四国支部例会(高松・2017-05-20/21)

Characterization of the Biological Effects of Ceramide-1-Phosphate

○Md. Motiur Rahman、島田明奈、宮崎徹、辻和樹、中尾允泰、佐野茂樹、小暮健太朗、田中保

 

第103回日本消化器病学会総会(東京・2017-04-20/22)

KIT分子を標的としたGISTの分子イメージング

○藤本将太、六車直樹、宮本佳彦、中尾允泰、佐野茂樹、安藤英紀、石田竜弘、高山哲治

 

日本薬学会第137年会(仙台・2017-03-24/27)

アレニルエステルとメルカプトアセトアルデヒドのタンデム型チア-マイケル/アルドール反応

Tandem thia-Michael/aldol reaction of mercaptoacetaldehyde with allenyl esters

○中尾允泰、戸口宗尚、佐野茂樹

○Michiyasu Nakao, Munehisa Toguchi, Shigeki Sano

 

光学活性グリセロール誘導体が示す比旋光度の濃度依存性

Concentration Dependent Specific Rotations of Chiral Glycerol Derivatives

○仲村明人、中尾允泰、佐野茂樹

○Akihito Nakamura, Michiyasu Nakao, Shigeki Sano

 

IMG_5340-2.jpeg

 

IMG_5334-2.jpeg

 

IMG_5335-2.jpeg

 

  

その他の学会発表 * Presentation