学位論文

 

2016年度博士論文

馬島彬

分子科学計算を用いた自由エネルギー変化の線形表現による酵素触媒反応の研究: Trypsin のMichaelis−Menten 複合体形成および速度論的過程の詳細解析

 

2015年度博士論文

笹原克則 

分子動力学法及び密度汎関数法を用いたCYP2D6におけるチオリダジンの代謝機構に関する研究

 

2015年度修士論文

倉橋昌大

分子科学計算を用いたシステインプロテアーゼの触媒反応機構に関する理論的考察

 

林敬久

分子科学計算を用いたHIV-1 proteaseとアロフェニルノルスタチン骨格を持つ化合物との複合体の詳細な相互作用解析

 

2015年度卒業論文

濱野綾那 (薬学科6年)

ヒストン脱アセチル化酵素 (HDAC)とベンズアミド系阻害剤の複合体形成に関する結合自由エネルギー変化の非経験的分子軌道法に基づく相関解析

 

岡尚生 (創製薬科学科4年)

分子科学計算によるFKBPとそのリガンドの結合相互作用解析

 

谷山萌 (創製薬科学科4年)

分子科学計算を用いたグリコーゲンシンターゼキナーゼ-3βと7-アザインドール誘導体の結合相互作用解析

 

西村兆二朗 (創製薬科学科4年)

分子科学計算に基づくCYP2C9の代謝選択性の非経験的予測

 

福田修平 (創製薬科学科4年)

分子科学計算によるHIV-1 Proteaseと環状ウレア系阻害剤のLERE-QSAR解析

 

2014年度卒業論文

芝田雄登 (薬学科6年)

触媒反応機構に基づくインフルエンザ・ノイラミニダーゼとシアル酸誘導体との相互作用解析

 

野々下航 (薬学科6年)

腫瘍壊死因子-alpha転換酵素とγ-ラクタムヒドロキサム酸誘導体のLIE法に基づく解析, LERE-QSAR解析と検証

 

岸優作 (創製薬科学科4年)

分子科学計算によるアンジオテンシン変換酵素とチオール型阻害剤の結合相互作用解析

 

2013年度修士論文

坂本修平
分子科学計算によるアゾール系化合物−ラットCYP2B6複合体における相互作用解析に基づくLERE-QSAR解析
 

杉本拓弥

分子科学計算・シミュレーションに基づく亜鉛含有タンパク質−阻害剤のLERE-QSAR解析

 

2013年度卒業論文

河野明大 (薬学科6年)
ノイラミニダーゼと5員環型抗インフルエンザ化合物の結合自由エネルギー変化の分子科学計算による超精密予測

 

江口将大 (創製薬科学科4年)
アポリポタンパク質A-Iの線維化機構に関する分子動力学計算を用いた定量的考察

 

倉橋昌大 (創製薬科学科4年)
セリンプロテアーゼの触媒反応機構に関する分子科学計算を用いた詳細解析: アシル化過程における律速段階の同定

 

林敬久 (創製薬科学科4年)
分子科学計算によるHIV-1プロテアーゼとペプチド型阻害剤との結合相互作用における結合水の重要性の検証

 

2012年度博士論文

比多岡清司
分子科学計算・シミュレーションを用いた自由エネルギー変化の線形表現解析に基づく定量的構造活性相関に関する研究

 

2012年度修士論文

相原薫
アルツハイマー病 β-セクレターゼ・阻害剤の分子科学計算および定量的構造活性相関解析と分子設計

 

馬島彬

酵素触媒反応の平衡過程および速度論的過程の定量的理解: トリプシン-置換馬尿酸フェニル系に対するLERE-QSAR解析

 

山内香子

分子科学計算に基づくトリアジン誘導体のジヒドロ葉酸還元酵素に対する阻害機構とBilinear modelの新しい解釈

 

2012年度卒業論文

的場弘 (薬学科6年)
分子科学計算に基づく新規定量的構造活性相関の提案 -シアル酸誘導体とノイラミニダーゼとの相互作用解析-

 

2011年度修士論文

岡田耕平
Cytochrome P450 阻害剤選択性に関する統合解析 -機械学習、ドッキング、QSAR-

 

島本和典

分子科学計算に基づくビフェニル型スルホンアミド系阻害剤のマトリックス・メタロプロテアーゼに対する阻害機構解析

 

原田政隆

ヒト・ノイラミニダーゼ1のホモロジーモデリング構造に基づく阻害剤との相互作用解析

  

2011年度卒業論文

清水美帆 (薬学科6年)

自由エネルギー変化の線形則と分子科学計算に基づく新しい定量的構造活性相関

 

坂本修平 (創製薬科学科4年)

アゾール系化合物-チトクロームP450複合体についての機械学習による阻害活性予測と分子科学計算による結合相互作用解析

 

杉本拓弥 (創製薬科学科4年)

分子科学計算によるHIV-1プロテアーゼと環状ウレア系阻害剤の構造変形を考慮した相互作用エネルギー評価

 

森岡匠享 (創製薬科学科4年)

分子科学計算を用いた炭酸脱水酵素阻害臨床薬とベンゼンスルホンアミド誘導体との阻害相互作用解析

 

2010年度修士論文

廣隅公治
フェノール化合物とdpphラジカルの反応メカニズムに関する解析および定量的構造活性相関

  

宗井陽平

分子科学計算に基づくベンゼンスルホンアミド誘導体の炭酸脱水酵素の阻害機構解析と新規定量的構造活性相関解析の提案

 

2010年度卒業論文

相原薫  (創製薬科学科4年) 
立体構造および阻害剤情報に基づくβ-セクレターゼ阻害剤の分類と解析

 

馬島彬 (創製薬科学科4年)

非経験的分子軌道法を用いた遷移状態構造解析に基づくトリプシンの定量的構造活性相関

 

山内香子 (創製薬科学科4年)

ジヒドロ葉酸還元酵素とその阻害剤情報に基づく分類と解析

 

山本将博 (創製薬科学科4年)

CYP2D6の基質および阻害剤選択性に関する機械学習による解析とその信頼性

 

2009年度修士論文

比多岡清司
分子科学計算・シミュレーションによるヒトカテプシン Aの構造−機能解析と抗インフルエンザ剤の定量的構造活性相関に関する研究

 

2009年度卒業論文

岡田耕平 (創製薬科学科4年) 
情報科学的手法によるチトクロームP450の基質および阻害剤選択性の予測と解析

 

島本和典 (創製薬科学科4年) 
MMP-9: 定量的構造活性相関の分子科学計算による考察

 

原田政隆 (創製薬科学科4年) 
ホモロジーモデリングによるヒトノイラミニダーゼ-1立体構造構築のためのノイラミニダーゼ関連情報の分類と解析

 

2008年度までの学位論文

最終更新日:2013年3月23日