学会発表

2016年

第30回分子シミュレーション討論会
大阪大学 (基礎工学国際棟 シグマホール) 2016年11月30日~12月2日

吉田達貞、岡尚生、谷山萌、西村兆二朗

“リガンド−タンパク質複合体の分散力相互作用の検討: Hartree-Fock理論に対する分散力補正 (2)”

 

岡尚生、谷山萌、吉田達貞

“FKBP とリガンドとの複合体形成に関する結合自由エネルギー変化の非経験的分子軌道法に基づく相関解析”

 

西村兆二朗、吉田達貞

“密度汎関数理論およびドッキング計算に基づくCYP1A2 におけるカフェインの代謝部位選択性の検討”

 

谷山萌、岡尚生、吉田達貞

“QM/MM 法を用いたグリコーゲンシンターゼキナーゼ-3と7-アザインドール誘導体の結合相互作用解析”

 

触媒開発への応用を目指したインフォマティックス研究会
九州大学 2016年7月12日

吉田達貞

“理論・計算化学を基軸とした新しい定量的構造活性相関解析”

 

2015年

第29回分子シミュレーション討論会
朱鷺メッセ (新潟コンベンションセンター)  2015年11月30日~12月2日

吉田達貞、岡尚生、谷山萌、西村兆二朗

“リガンド−タンパク質複合体の分散力相互作用の検討: Hartree-Fock理論に対する分散力補正”

 

笹原克則、馬島彬、吉田達貞、中馬寛

“分子動力学法及び密度汎関数法を用いたCYP2D6におけるチオリダジンの代謝機構の解明: 結晶結合ポーズと代謝物の関係について”

 

倉橋昌大、馬島彬、吉田達貞、中馬寛

“QM/MM (ONIOM)法を用いたシステインプロテアーゼによる馬尿酸フェニルエステル加水分解反応の理論的考察”

 

馬島彬、倉橋昌大、西村兆二朗、吉田達貞、中馬寛

“分子科学計算を用いた自由エネルギー変化の線形則に基づくトリプシンの触媒反応メカニズムの詳細解析”

 

林敬久、福田修平、岡尚生、吉田達貞、中馬寛

“分子科学計算を用いたHIV-1 protease とアロフェニルノルスタチン骨格を持つ化合物との複合体の精密相互作用解析”

 

濱野綾那、谷山萌、吉田達貞、中馬寛

“ヒストン脱アセチル化酵素 (HDAC)-ベンズアミド系阻害剤複合体形成に関する結合自由エネルギー変化の非経験的分子軌道法に基づく相関解析”

日本薬物動態学会第30回年会
東京 2015年11月12日~14日

Katsunori Sasahara, Akira Mashima, Tatsusada Yoshida, Hiroshi Chuman

“Crystallographic Binding Poses and Metabolites of Antipsychotic Thioridazine by Cytochrome P450 2D6; LC-UV-MS/MS Analysis, Molecular Dynamics and Density Functional Calculations”

 

2014年

第42回構造活性相関シンポジウム
くまもと森都心プラザ 2014年11月13日~14日

野々下航、濱野綾那、岸優作、吉田達貞、中馬寛
“TACEと g-ラクタムヒドロキサム酸誘導体のLIE解析およびLEREQSAR解析と検証”

芝田雄登、吉田達貞、中馬寛
“触媒反応機構に基づいたインフルエンザ・ノイラミニダーゼとシアル酸誘導体との相互作用解析”

倉橋昌大、馬島彬、吉田達貞、中馬寛
“馬尿酸フェニルエステルのシステインとセリンプロテアーゼの加水分解反応の分子科学計算による詳細解析 (I) ”

林敬久、野脇静、吉田達貞、中馬寛
“HIV-1プロテアーゼとアロフェニルノルスタチン骨格を持つ化合物との複合体の分子科学計算を用いた精密相互作用解析”

吉田達貞、林敬久、倉橋昌大、馬島彬、笹原克則、中馬寛
“リガンド−タンパク質の複合体形成における分散力相互作用の検討: LERE-QSAR解析における結合相互作用エネルギー項の定量的評価”

笹原克則、馬島彬、吉田達貞、中馬寛
“分子科学計算を用いたチオリダジンのCYP2D6による代謝過程の非経験的解析 (I) ”

 

The 5th French-Japanese Workshop on Computational Methods in Chemistry, Strasbourg University, 2014.6.30-7.1

Hiroshi Chuman

 “High Precision Prediction of Protein-Ligand Binding Free-Energy Change : Linear Expression by Representative Energy Terms (LERE)”

 

Tatsusada Yoshida, Akira Mashima, Katsunori Sasahara, Hiroshi Chuman

“Estimation of Non-covalent Interactions with a New Efficient Dispersion Corrected HF Approach

 

2013年

第41回構造活性相関シンポジウム 
関西学院会館 2013年11月7日~8日

吉田達貞、馬島彬、笹原克則、芝田雄登、江口将大、比多岡清司、中馬寛

“LERE-QSAR解析の精密化とその検証

 

馬島彬、笹原克則、吉田達貞、中馬寛

“セリンプロテアーゼ触媒反応のLERE-QSAR解析-トリプシンによる置換馬尿酸フェニルの加水分解反応機構” 

 

河野明大、芝田雄登、林敬久、倉橋昌大、吉田達貞、中馬寛

“LERE-QSAR解析による絶対立体配置の識別:インフルエンザ・ノイラミニダーゼとピロリジン系化合物との相互作用解析”

 

坂本修平、笹原克則、吉田達貞、中馬寛

“分子科学計算によるアゾール系化合物-ヒトCYP2B6複合体における相互作用解析に基づくLERE-QSAR解析”

 

杉本拓弥、野々下航、林敬久、濱野綾那、吉田達貞、中馬寛

“ヒドロキサム酸系MMP阻害剤のLERE-QSAR解析”

 

生命医薬情報学連合大会 (CBI/JSBi/Omix合同大会), Tokyo, 2013.10.28-31

Tatsusada Yoshida, Akira Mashima, Katsunori Sasahara, Yuto Shibata, Masahiro Eguchi, Seiji Hitaoka, Hiroshi Chuman

“Estimation of Non-covalent Interactions with a New Efficient Dispersion Corrected HF Approach”

 

Takahisa Hayashi, Takuya Sugimoto, Shuhei Sakamoto, Akihiro Kawano, Tatsusada Yoshida, Hiroshi Chuman

“Binding Mechanism of KNI-272 with HIV-1 Protease”

 

Koh Nonoshita, Takuya Sugimoto, Ayana Hamano, Akihiro Kawano, Shuhei Sakamoto, Tatsusada Yoshida, Hiroshi Chiman

“LERE-QSAR Analysis of Binding of γ-Lactum Hydroxamic Acid Derivatives with Tumor Necrosis Factor-Alpha Converting Enzyme”

 

7th International Symposium on Computaional Methods in Toxicology and Pharmacology Integrating Internet Resources 
Seoul, Korea, 2013.10.8-12

Hiroshi Chuman

 “Linear Expression by Representative Energy Terms: a Novel QSAR Procedure Using Theoretical Computations on Protein–Ligand Complexes”

 

Tatsusada Yoshida, Akira Mashima, Katsunori Sasahara, Yuto Shibata, Masahiro Eguchi, Seiji Hitaoka, Hiroshi Chuman

“Estimation of Non-covalent Interactions with a New Efficient Dispersion Corrected HF Approach

 

2012年

第40回構造活性相関シンポジウム 
愛知県岡崎市図書館交流プラザ・りぶら 2012年11月29日~30日

山内香子、相原薫、坂本修平、杉本拓弥、吉田達貞、中馬寛

“LERE-QSAR 解析による bilinear model の新しい解釈:トリアジン誘導体とジヒドロ葉酸還元酵素との複合体形成”

 

馬島彬、坂本修平、杉本拓弥、吉田達貞、中馬寛

“LERE-QSAR 解析の酵素触媒反応への適用:トリプシンによる置換馬尿酸フェニルの加水分解反応のミカエリス・メンテン定数および反応速度定数の定量的解析”

 

杉本拓弥、吉田達貞、比多岡清司、馬島彬、的場弘、坂本修平、野々下航、林敬久、中馬寛

“A Combined QM/MM (ONIOM) and QSAR Approach to the Study of Complex Formation of Matrix Metalloproteinase-9 with a Series of Biphenylsulfonamides in Comparison of that of bovine Carbonic Anhydrase II with a Series of Benzenesulfonamides -Comparative LERE-QSAR Analysis-”

 

的場弘、比多岡清司、河野明大、芝田雄登、吉田達貞、中馬寛

“非経験的分子軌道法計算を用いたリレンザおよびその誘導体とインフルエンザ・ノイラミニダーゼとの結合自由エネルギー変化の QSAR 解析 − Fragment Based LERE-QSAR”

 

相原薫、山内香子、吉田達貞、中馬寛

b-セクレターゼ阻害剤の Lead Evolutionと Optimization:  分子科学計算による薬物-タンパク質間相互作用からの定量的考察”

 

比多岡清司、的場弘、河野明大、芝田雄登、原田政隆、坂本修平、吉田達貞、中馬寛

“リガンド−タンパク質の複合体形成に及ぼす溶媒効果の検討: LERE-QSAR 解析における水和自由エネルギー項の定量的評価”

 

生命医薬情報学連合大会 (CBI/JSBi/Omix合同大会), Tokyo, 2012.10.14-17

中馬寛

“分子科学計算を用いた新しい構造活性相関の展開: 結合自由エネルギー変化の線形表現”

  

Tatsusada Yoshida, Seiji Hitaoka, Akira Mashima, Takuya Sugimoto, Hiroshi Matoba, Syuhei Sakamoto, Hiroshi Chuman

“A Combined QM/MM (ONIOM) and QSAR Approach to the Study of Complex Formation of Matrix Metalloproteinase-9 with a Series of Biphenylsulfonamides”

 

Seiji Hitaoka, Hiroshi Matoba, Akihiro Kawano, Yuto Shibata, Masataka Harada, Syuhei Sakamoto, Tatsusada Yoshida, Hiroshi Chuman

“A New Efficient Approach to Solvation Energy Change Assciated with Complex Formation of Ligand with Protein: Critical Comparison of Various Solvation Energy Calculations”

 

Hiroshi Matoba, Seiji Hitaoka, Akihiro Kawano, Yuto Shibata, Tatsusada Yoshida, Hiroshi Chuman

“A Novel Fragment Based QSAR Using FMO and LERE: Binding Affinity of Relenza and Its Analogues with Influenza Virus Neuraminidase”

 

Akira Mashima, Shuhei Sakamoto, Takuya Sugimoto, Tatsusada Yoshida, Hiroshi Chuman

“A Novel and Consistent Approach to Enzaymatic Reactions Using Ab Initio MO Calculations: Trypsin Catalysis of a Series of Substrates”

 

Hansch-藤田法50周年記念シンポジウム, Kyoto, 2012.8.25

Hiroshi Chuman

“New Starting Points toward Construction of Fundamental QSAR: Wonderful Gifts from Hansch and Fujita”

 

EMIL研究会, Kyoto, 2012.6.8

Seiji Hitaoka, Tatsusada Yoshida, Hiroshi Chuman

“ノイラミニダーゼ・阻害剤の結合相互作用エネルギーの非経験的分子軌道法計算による定量的構造活性相関 (LERE-QSAR)”

 

The 4th French-Japanese Workshop on Computational Methods in Chemistry, Fukuoka, 2012.3.5-6

Hiroshi Chuman

“Links between Traditional and Modern QSAR Approaches - Linear Expression by Representative Energy (LERE) Terms”

 

Seiji Hitaoka, Hiroshi Matoba, Masataka Harada, Akihiro Kawano, Syuhei Sakamoto, Kohei Okada, Tatsusada Yoshida, Hiroshi Chuman

“Linear Expression by Representative Energy Terms Analysis on Binding Affinity of Sialic Acid Analogues with Influenza Virus Neuraminidase-1 - LERE-QSAR (1)”

 

Seiji Hitaoka, Hiroshi Matoba, Masataka Harada, Akihiro Kawano, Syuhei Sakamoto, Kohei Okada, Tatsusada Yoshida, Daisuke Tsuji, Takatsugu Hirokawa, Kohji Itoh, Hiroshi Chuman

“Linear Expression by Representative Energy Terms Analysis on Binding Affinity of Sialic Acid Analogues with Human Neuraminidase - LERE-QSAR (2)”

 

2011年

AIMECS11 (8th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium), Tokyo, 2011.11.30

Hiroshi Chuman

“Toward a New Age of Quantitative Structure-Activity Relationship: Linear Expression by Representative Energy Terms”

 

第39回構造活性相関シンポジウム 
東京理科大学薬学部 2011年11月28日~29日

吉田達貞、廣隅公治、原田政隆、比多岡清司、中馬寛

“古典QSAR解析におけるσp+の理論的解釈 -密度半関数法分子軌道計算に基づくpara-置換フェノールの水素引き抜き反応に関する解析-”

 

比多岡清司、的場弘、原田政隆、河野明大、坂本修平、岡田耕平、吉田達貞、中馬寛

“Why Does Tamiflu Have a Branched Alkoxy Side Chain?”

 

比多岡清司、的場弘、原田政隆、河野明大、坂本修平、岡田耕平、吉田達貞、辻大輔、広川貴次、伊藤孝司、中馬寛

“インフルエンザノイラミニダーゼ-シアル酸誘導体複合体相互作用の非経験的フラグメント分子軌道法に基づく相関解析 (LERE-QSAR)”

 

CBI/JSBi 2011 合同大会 
神戸国際会議場 2011年11月8日~9日 

森岡匠享、比多岡清司、吉田達貞、中馬寛

“Computational Assessments of Binding Affinity of Drugs in Clinical Use?”

 

的場弘、比多岡清司、原田政隆、河野明大、坂本修平、岡田耕平、吉田達貞、辻大輔、広川貴次、伊藤孝司、中馬寛

“Difference in Sensitivity of Antiinfluenza Drugs between Human and Influenza Neuraminidases”

 

比多岡清司、的場弘、原田政隆、河野明大、坂本修平、岡田耕平、吉田達貞、中馬寛

“Linear Expression by Representative Energy Terms Analysis on Binding Affinity of Sialic Acid Analogues with Influenza Virus Neuraminidase-1-Why Does Tamiflu Have a Branched Alkoxy Side Chain?-”

 

山内香子、清水美帆、相原薫、吉田達貞、中馬寛

“Molecular Calculation on Complexes of DHFR with Substituted Triazines”

 

清水美帆、島本和典、馬島彬、杉本拓弥、吉田達貞、中馬寛

“Linear Expression by Representative Energy Terms Analysis on Hydrolysis of a Series of Substituted Phenyl Hippurates by Papain”

 

相原薫、杉本拓弥、吉田達貞、中馬寛

“Interpretation on Structural Transformation of BACE-1 Inhibitors Using Fragment Molecular Orbital Calculations”

 

 

2010年

The Second Decennial Meeting between Seoul National University and the University, Awaji, 2010.12.23

Yohei Munei, Seiji Hitaoka, Kazunori Shimamoto, Tatsusada Yoshida, Hiroshi Chuman

“A Novel QSAR Procedure Using Full Ab Initio MO Calculations on Ligand-Protein Complexes: Carbonic Anhydrase with Substituted Benzenesulfonamides”

 

Asia Hub for e-Drug Discovery Symposium (AHeDD) 2010, Seoul, 2010.12.18

Hiroshi Chuman

“Toward a New Age of Quantitative Structure-Activity Relationship: Linear Expression by Representative Energy Terms”

 

Seiji Hitaoka, Masataka Harada, Eri Kori, Hiroshi Matoba, Satoshi Kitao, Motiur Md. Rahman, Tatsusada Yoshida, Daisuke Tsuji, Takatsugu Hirokawa, Kohji Itou, Hiroshi Chuman

“Molecular Modeling of Human Neuraminidase-1 -Structure-Activity Relation of Sialic Acid Analogues against Neuraminidases as Validation of Modeling-”

 

Seiji Hitaoka, Hiroshi Matoba, Eri Kori, Masataka Harada, Tatsusada Yoshida, Hiroshi Chuman

“Cprrelation Analyses on Binding Affinity of Sialic Acid Analogues with Influenza Virus Neuraminidase-1 Using Ab Initio MO Calculation on Their Complex Structures”

 

第38回構造活性相関シンポジウム 
徳島大学工学部共通講義棟 2010年10月30日

比多岡清司、的場弘、郡恵理、原田政隆、吉田達貞、中馬寛

“インフルエンザノイラミニダーゼ-シアル酸誘導体複合体相互作用の非経験的フラグメント分子軌道法に基づく相関解析”

 

清水美帆、馬島彬、吉田達貞、中馬寛

“非経験的分子軌道法に基づく薬物-受容体分子間相互作用におけるHammett σの電子的効果の解析

 

郡恵理、比多岡清司、原田政隆、的場弘、北尾聡、Motiur Md. Rahman、吉田達貞、門田佳人、辻大輔、広川貴次、伊藤孝司、中馬寛

“ヒトCathepsin A活性に対するArg344置換の影響に関する実験および分子科学計算に基づく解析”

 

廣隅公治、馬島彬、吉田達貞、志葉優子、河合慶親、寺尾純二、中馬寛

“非経験的分子軌道法によるフェノール水素原子のラジカル引き抜き反応の分子論的考察およびフラボノイドの構造活性相関への応用”

 

原田政隆、比多岡清司、郡恵理、的場弘、北尾聡、Motiur Md. Rahman、吉田達貞、辻大輔、広川貴次、伊藤孝司、中馬寛

“分子モデリング・分子科学計算に基づくヒトノイラミニダーゼの構造-機能解析”

 

岡田耕平、山本将博、吉田達貞、中馬寛

“CYPの基質および阻害剤選択性に関する統合解析 -機械学習、ドッキング、QSAR-”

 

宗井陽平、島本和典、清水美帆、相原薫、山内香子、吉田達貞、中馬寛

“分子科学計算に基づくベンゼンスルホンアミド誘導体の炭酸脱水酵素阻害機構解析と相関解析”

 

構造活性フォーラム2010-QSARパラダイムの文化と深化 
コープイン京都 2010年6月18日

中馬寛

“Hansch-Fujita法の分子論的解釈と分子科学計算を用いたenzymatic QSAR”

 

 

2009年以前の学会発表 

最終更新日:2017年4月