中央機器室

機器室正面

1970年に各研究室が所有する研究機器を一部屋に集め、共同利用並びに、有効利用促進を概念に発足しました。以来四半世紀が過ぎ機器保有台数も40台を超え、数多くの研究に有効に利用されてきました。特に近年は生化学、遺伝子工学の実験機器も購入され基礎研究のみならず 最新の研究に対しても対応できる状態となり、薬学部に所属する研究者、大学院生はじめ他学部の研究者によって幅広く活用されています。

 

中央機器室について

利用手引き

運営内規

設置機器

研究支援ネットワークシステム

最終更新日:2011年12月13日