2012年一般開放

毎年恒例となっております薬用植物園一般開放を10月15日(月曜日)から19日(金曜日)の5日間開催したところ、5日間でおよそ800名の方が来園されました。今回の開放の目玉は園内で栽培をしている「悪臭を放つ薬草」と「染色画・ここに技あり」でした。匂いを良い香りと感じるか、不快臭と感じるかは人それぞれですが、匂いが人に与える良い影響も研究されてきています。悪臭と感じる匂いを発する薬用植物もあり、腫れ物、利尿に使われるオミナエシ、利尿、下痢止めやひび、あかぎれ等に効果のあるヘクソカズラ、根が強壮剤になるブラジルニンジン他を見ていただきました。また、趣味で染色や織物をされている女性グループのご協力で、染色作品や織物作品の他に、ろうけつ染めした薬草画に、再度染料を用いて筆で描いた染色画に挑戦していただきました。染色画は徳島県内で作品数が少ないので、興味をもたれた人がたくさんおられました。

 

趣味で染色や織物をされている女性グループのご協力で展示会をすることができました。天井も使いとても鮮やかな展示会でした。
幼稚園のこどもたちが作品を見に来てくれました。
染色など興味がある来園者さんが、作者の方にいろいろ質問をされています。

生薬学研究室の田中先生も解説してくれました。

南井上幼稚園のみなさんが見学に来てくれました。
人気のハーブ園に来てくれました。
大人にも大人気のミントコーナー。色々なミントの香りを体験されています。
南井上保育所のみなさんが来てくれました。
徳島県立農業大学校の学生さんが来てくれました。
   

 

 

作品集

 

掛け軸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

最終更新日:2015年10月29日