2009年一般開放

薬学部附属薬用植物園では、恒例となっております薬用植物園一般開放を10月19日(月)~23日(金)の5日間開催しました。およそ800名にみなさんに来ていただき大好評でした。

 

今回、石井町「手づくり教室」のみなさんのご協力で、草木染め(薬草を含む)で染めた糸や植物の繊維で織り上げた作品を展示していただきました。それぞれの作品が手作業で織り上げられており、心のこもった作品ばかりでした。

 

また、昨年より新規に造成した7つのロックガーデンではナカガワノギクやワタヨモギ、コブシモドキ等、本薬草園で保存している絶滅危惧植物をより観察しやすいようにしました。これは今回初公開です。

 

そして、温室では、「世界で醜い花ベスト10」に入るアリストロキア・ギガンティアが夏から開花しており、非常に大きくて奇妙な姿を、たくさんのみなさんに見ていただくことができました。