お知らせ

 

What's New

薬学部附属薬用植物園では、恒例の薬用植物園一般開放を10月3日(月)~7(金)の5日間開催しました。

毎年恒例となっております薬用植物園一般開放を10月3日(月)から7日(金)の5日間開催したところ、およそ400名の方が来園されました。今回の開放では、研修室にて最古の本草書である神農本草経を紹介したスライドを上映するとともに、その収載生薬や一般公開では初公開となる珍しいキノコの標本を展示し、徳島大学生薬学分野の柏田教授、田中准教授、今林技術職員、大学院生、学部生が来園者に説明をしました。来園者の方々は熱心に説明を聞かれ、メモや写真を撮られる方もいらっしゃいました。また、園内のハーブ園で栽培した植物から作るフレッシュハーブティーの紹介を行い、大変好評でした。今年は荒天の日が多かったにも関わらず、多くのご来園ありがとうございました。薬用植物園では、今後も保存・収集・研究・社会貢献を行い、薬学の発展のため努めてまいりますので、皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。

 

 

園内を見学し、職員から説明を受ける来園者の方々

 

お茶で目にすることの多いハトムギ

1.JPG

 

甘~いステビア

2016一般開放2.JPG

 

二日酔いの味方 ウコン

2016一般開放3.JPG

 

灌仏会(花祭り)の際に仏像に注ぎかける甘茶

2016一般開放4.JPG

 

絶滅危惧種のハマビシの群落 金平糖のような実がなっています。

2016一般開放5.JPG

 

温室ではパパイヤの花がたくさん咲いていました。

2016一般開放6.JPG

 

(今のところ)世界で2番目に辛いトウガラシ

2016一般開放7.JPG

 

研修室にもたくさんの方が来てくださいました。

2016一般開放8.jpg

 

 

2016一般開放9.JPG

 

今回初公開となる約30~50年前のキノコの標本

2016一般開放10.JPG

 

11.JPG

 

2016一般開放12.JPG

 

2016一般開放13.JPG

 

2016一般開放14.JPG

 

フレッシュハーブティの紹介

今年紹介したフレッシュハーブティにはこちらのハーブが入っています

2016一般開放15.JPG

 

 

2016一般開放16.JPG

 

学生に質問をする来園者

2016一般開放17.JPG

 

中国最古の薬物書『神農本草経』に記載されている生薬を展示しました

生薬は『神農本草経』の分類に沿って「上品」「中品」「下品」に分けて展示しました

2016一般開放18.JPG

 

2016一般開放19.JPG

 

2016一般開放20.JPG

 

絶滅危惧種のトチカガミ 可憐な白い花を咲かせています。

2016一般開放21.JPG

 

ノブドウに青色や紫色のカラフルな実がなっています

2016一般開放22.JPG

 

近隣の保育所の皆さんも見学に来てくれました

2016一般開放23.jpg

 

 

 

 

 

 ------------------------------------------

薬学部附属薬用植物園では、恒例の薬用植物園一般開放を10月3日(月)~7(金)の5日間開催します。

【終了しました】

 

園内では、薬用植物を含む約800種の植物が観察出来ます。

今回の開放では、研究のため収集されたキノコ類を研修室で初公開します。

また、園内ハーブ園で栽培している植物から作るフレッシュハーブティーの紹介も行います。

 

 

 

 

※本開放は、「国立大学フェスタ2016」の一環として実施するものです。

 

徳島大学薬学部附属薬用植物園 概要

 来園者の皆様が園内を分かりやすく観察していただけるよう、概要図と園内見所をまとめたチラシを置いていますので、それを手に園内を散策してください。また、北側と南側エリアにはちょっと休憩ができる東屋があります。本年の一般開放の見所は以下の通りです。

 

珍しいキノコ標本の展示

 研修室では、約80種類のキノコ類の標本を初公開します。これらは、かつて研究のため収集されたもので、中には50年以上前のものもあります。

 

フレッシュハーブティー

 庭に栽培しているハーブを採取して手軽に楽しむことができるのがフレッシュハーブティーです。乾燥ハーブを利用したものと違った香りとすがすがしい味が楽しめ気分が落ち着きリフレッシュできます。ハーブ園の植物を使った簡単にできるフレッシュハーブティーを紹介します。

 

園内の見所

 園内では漢方薬園、水生植物園、民間薬園、ハーブ園等テーマ毎に配置した約800種の植物が観察出来ます。

 

温室

 パパイヤがたくさん花を咲かせ、たわわに果実を付けています。また、ショ糖の1,000倍甘いスィートハーブメキシカンがグランドカバーのように下を這い白い花を咲かせています。

 

絶滅危惧植物園

 ハマビシが群落を作り、金平糖のような果実をたくさん実らせています。その果実は自転車をパンクさせるほど鋭いです。

 

水生植物園

 北側の池では、ノブドウが大繁殖して青色や紫色のカラフルな果実を実らせています。南側の池では、絶滅危惧植物のトチカガミが繁殖し白い花を咲かせています。また、今年もオニバスが発芽し、とても大きな丸い葉を出しています。

 

民間薬園

 ハブ茶の原料になるエビスグサが大群落を作り、たくさんの果実を付けています。また、弘法大師が四国各地に伝えた苦味健胃薬として使用されるヒキオコシの群落も見ることができます。

 

 

お問い合わせ先
 

徳島大学薬学部附属薬用植物園

徳島市国府町日開536-3

(徳島バス竜王団地線・石井循環線 日開(ヒガイ)徒歩5分)

 

柏田 良樹(薬用植物園長)

今林 潔(担当者)

電話番号:088-642-1444(薬用植物園)

 

 

 

これまでの開放の記録

2015年一般開放

2014年一般開放

2013年一般開放

2012年一般開放

2011年一般開放

2010年一般開放

2009年一般開放

2008年一般開放

2007年一般開放

2006年一般開放

2005年一般開放

2004年第二回目(秋)

2004年第一回目(夏)

2000年第二回目(秋)

第5回 夏休み薬草教室

2000年第一回目(夏)

1999年第二回目(秋)

1999年夏休み薬草教室

1999年第一回目 (春)

1998年第二回目 (秋)

最終更新日:2016年9月7日