お知らせ

What's New

薬学部附属薬用植物園では、恒例の薬用植物園一般開放を10月16日(月)~20(金)の5日間開催しました。

  

 薬学部では、毎年恒例の薬用植物園一般開放を10月16日(月曜日)から20日(金曜日)の5日間開催しました。あいにくの雨模様にも関わらず、約700名の方が来園されました。
 今回の開放では、研修室で藍を使った植物画の展示やハッカ油抽出の実演を行いました。薬学部の柏田教授、田中准教授、今林技術職員が説明を行い、来園者の方々は熱心に聞かれていました。また、園内では、絶滅危惧水生植物オニバスや徳島県で発見された野生絶滅植物コブシモドキ等、希少な植物を観察いただきました。
 薬用植物園では、毎年様々なテーマで一般開放を開催しています。今後も収集・保存・研究・社会貢献活動を通じて薬学の発展のため努めてまいりますので、皆様のご理解とご支援をよろしくお願いします。

                        

 

ハッカ油抽出の実演
ハッカ油抽出の実演

ハバネロの2倍の辛さ ブートジョロキア
ハバネロの2倍の辛さ ブートジョロキア

 

 


絶滅危惧水生植物オニバス
絶滅危惧水生植物オニバス

 

ハーブ園の様子
ハーブ園の様子

 

 


ハマビシの群落
ハマビシの群落

近隣の小学校からも見学にきてくれました
近隣の小学校からも見学に来てくれました

 

 


研修室の様子

研修室の様子

研修室の様子2


野生絶滅植物コブシモドキ
野生絶滅植物コブシモドキ


   

 

 

 

お問い合わせ先
 

徳島大学薬学部附属薬用植物園

徳島市国府町日開536-3

(徳島バス竜王団地線・石井循環線 日開(ヒガイ)徒歩5分)

 

柏田 良樹(薬用植物園長)

今林 潔(担当者)

電話番号:088-642-1444(薬用植物園)

 

 

 

これまでの開放の記録

2016年一般開放

2015年一般開放

2014年一般開放

2013年一般開放

2012年一般開放

2011年一般開放

2010年一般開放

2009年一般開放

2008年一般開放

2007年一般開放

2006年一般開放

2005年一般開放

2004年第二回目(秋)

2004年第一回目(夏)

2000年第二回目(秋)

第5回 夏休み薬草教室

2000年第一回目(夏)

1999年第二回目(秋)

1999年夏休み薬草教室

1999年第一回目 (春)

1998年第二回目 (秋)

最終更新日:2017年11月17日