徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部第8回公開シンポジウムの開催について

2011年10月21日

終了しました。多数のご参加ありがとうございました。

 

このたび大学院ヘルスバイオサイエンス研究部では、来たる11月19日(土)、本学長井記念ホールにおいて第8回公開シンポジウム「化合物ライブラリーか らのメディシナルサイエンス」を開催いたします。 今回のシンポジウムでは東京大学創薬オープンイノベーションセンター長 長野哲雄 氏を講師にお迎えし「アカデミア創薬研究の幕開け」と題して基調講演をいただきます。創薬リード化合物探索における化合物ライブラリーの重要性は高まって おり、生命科学研究の発展と基礎研究成果を産業に活かすことを目的に設置された東京大学創薬オープンイノベーションセンターでは、約20万化合物が収集さ れ、運用が開始されています。 多数のご来聴をお待ちしております。

 

「化合物ライブラリーからのメディシナルサイエンス」

日時:平成23年11月19日(土) 13時30分~17時00分 会場:長井記念ホール(徳島大学蔵本キャンパス)

 

基調講演

長野哲雄(東京大学大学院薬学系研究科 教授) 「アカデミア創薬研究の幕開け」

 

シンポジウム

大高 章(徳島大学大学院HBS研究部 教授) 「標的タンパク質捕捉の科学」

葛原 隆(徳島文理大学薬学部 教授) 「インフルエンザウイルスRNAポリメラーゼ」

親泊政一(徳島大学疾患ゲノム研究センター 教授) 「小胞体ストレス応答を標的とした創薬の可能性」

詳しくはこちらをご覧ください(113KBytes)