平成26年度保健科学教育部オープンキャンパスを開催しました!

2015年1月7日

 平成26年度保健科学教育部オープンキャンパスが12月12日(金)に開催されました。

 当日、徳島県内だけでなく、県外からも合計35名の参加がありました。(博士前期課程:看護学領域希望者16名、医用情報科学領域希望者10名、医用検査学領域希望者9名)

寒い中、多数のご参加、誠にありがとうございました。

それでは、オープンキャンパスの様子をご覧ください。

~オープンキャンパスの風景です~

H26大学院オープンキャンパス1

教育部長の挨拶、各領域の責任者による領域紹介が行われた後、それぞれの分野に分かれて、相談会が行われました。

 教育部長の挨拶では、保健科学教育部の修了生の就職状況について、本学の修了生は大学教員、病院での専門職、また養護教諭としての活躍している旨、説明がありました。また、研究者としての生き方についての講話がありました。

H26大学院オープンキャンパス3

H26大学院オープンキャンパス4

 各領域の責任者からは、入学試験の方法について説明の後、修士号や博士号を持った教育者・研究者・高度実践者・高度専門家として活躍する将来像などについて、話がありました。

H26大学院オープンキャンパス5

H26大学院オープンキャンパス6

 各領域の分野長(教授)から、大学院での教育・研究についての説明が行われ、受験希望者からの活発な質問がありました。

H26大学院オープンキャンパス2

分野の研究実績について、ポスター形式で掲示されるので、どの分野がどのような研究を行っているのかを、直接知ることができます。
また、分野の教授もしくはその分野の教員がポスターの前に立っているので、聞きたいことを、直接聞くことができます。

 参加者のアンケートでは、『今後の目標を考えるためにも、参加してよかったです。』、『直接、教授の先生方と具体的に話ができたのでよかったです。じっくり考えたいと思います。ありがとうございました。』などの声をいただきました。
 参加者には、各領域の研究内容について理解していただけたと思います。また、自分の将来像についても考えてもらえたと思います。これからも参加する受験者の目線でのオープンキャンパスを心掛けたいと思います。

次回も多くのご参加をお待ちしております!!