大学院前期博士(修士)課程(保健学修士)を募集しています。

2012年2月29日

大学院前期博士(修士)課程(保健学修士)を募集しています。 腫瘍制御学特論【目的】悪性腫瘍の生物学的特性(発癌・浸潤・転移など)の基本的知識を教授【概要】悪性腫瘍の生物学的特性(発癌・浸潤・転移など)の基 本的知識を教授および論文を講読する.さらに,その知識に基づいた悪性腫瘍の新しい診断及び治療法の開発を目指した教育を行う.腫瘍制御学演習【目的】悪 性腫瘍の新しい診断及び治療法の開発のために,分子生物学的手法を理解し,学ぶ.【概要】悪性腫瘍の発癌・浸潤・転移のメカニズムを理解し,悪性腫瘍の新 しい診断及び治療法の開発のために,論文の講読と研究計画の立案および実証の方法について指導する.【目的】高度化した疾病の診断や病態解析を行う高度専 門家教育を目的とする.【概要】高度専門化教育のために,生理機能解析学,病理解析学,細胞・免疫解析学,感染制御・遺伝子検査学,生殖補助医療学等の研 究手法を用いて新しい検査法や解析法の開発と研究に関する指導を行う.【目標】高度化した疾病の診断や病態解析を行う高度専門家教育を目標とする.【計 画】 1)吸入発癌物質の発癌過程を解明するため,クロム工場の労働者の肺癌や前癌病変のがん関連遺伝子やDNA修復遺伝子の解析, 2)肺癌のリンパ節転移の機序を解明するため,肺癌細胞株を同所性に移植したSCIDマウスモデルを作成し,癌のリンパ管新生やリンパ行性転移因子の同 定・解析, 3)胸腺腫の悪性度を評価する指標の同定・解析,などについて研究・指導を行う.研究テーマ 2010 <大岩由香理> ヒト胸腺上皮細胞マーカーによるヒト胸腺腫の解析 2009 <名村寿章> 胸腺上皮性腫瘍におけるepigeneticな異常の研究 ―DNA修復遺伝子O–6-methylguanine DNA methyltransferase (MGMT)のメチル化と発現低下― <仙波義貴> 中枢性、末梢性早期肺癌および前癌病変におけるDNA損傷に対する反応 ―double strand break修復蛋白γ-H2AXの発現―