機能系検査科学講座

研究概要

生体の情報および機能を把握するための検体検査と患者を直接検査する生理学的検査について学びます。
生体の代謝機能を反映する検体成分(血液、尿、体液、組織など)を化学的な分析方法によって測定し、疾病の診断、病態の経過観察及び予防に役立てる科目を履修します。また、心電図、超音波、MRIなどの医療機器を駆使し、患者に苦痛を与えず、多くの生体情報を把握して、治療方針、経過観察に役立てる生理学的な科目を履修します。

分野

保健学科からのお知らせ

保健学科ポータルサイト学内の別サイトへ移動します

最終更新日:2015年2月6日