病理解析学分野

研究概要

 

筋ジストロフィーは、骨格筋の壊死、再生と結合組織の増生を主病変として、進行性の筋力低下と筋萎縮をきたす遺伝性疾患の総称です。本症は分子生物学の進歩により、責任遺伝子が次第に明らかになってきて、その遺伝子にコードされるものは、ほとんどが膜の周辺に存在する分子であることがわかってきました。病理解析学分野では、筋ジストロフィー剖検例の登録・集計・解析ならびに全身諸臓器の病理学的変化について検討しています。筋ジストロフィーの全国登録による多数の剖検例の解析は世界に例をみないユニークな研究で、データベースとして信頼性を高めつつあります。また本症では骨格筋のみならず諸臓器に病因と直接的、間接的に関連する病変が見られ、筋ジストロフィーを全身病としてとらえた研究を進めています。

The muscular dystrophies represent a clinically and genetically heterogeneous group of disorders, characterized by dystrophic change in skeletal muscle and wasting and weakness of variable distribution and severity. The autopsy findings reveal myocardial involvement and pathological changes of internal organs, as well as skeletal muscle.
Our researches are as follows.

1) Autopsy registration and analyses of the muscular dystrophies.
2) Histopathological study of internal organs in the autopsy cases of the muscular dystrophies.
The investigation of the internal organs other than skeletal muscles may contribute for further clarification of pathogenesis and improvement of the treatment in the muscular dystrophies.

 

 

     

 

メンバー

香川典子 Noriko Kagawa
教授、医師、医学博士、Professor, MD, PhD

 

金井麻衣 Mai Kanai
助教、臨床検査技師、Assistant Professor

最終更新日:2017年5月10日