医用画像情報科学分野(芳賀/金澤研究室)

研究概要 

 

芳賀研究室の紹介


研究室で現在進めている研究は、医用画像を用いた様々な基礎技術の開発です。この中には、新しい視点に基づいた医用画像の生成と各種医用画像の特徴量抽出、大規模なデータ(医療ビッグデータ)を有効に利用するための機械学習手法の開発などが含まれます。 
私たちの研究室において、こうした研究を行う上で基礎としている学問は物理学です。医用画像は、生体情報のある側面を映し出すことに成功していますが、それはX線や磁場などに対する生体の物理的な応答(相互作用)を利用しています。相互作用を記述する物理学を理解した上で、得られた観測量から新しい発想に基づいて画像化を行い、医療に役立つ特徴量の探索を行うことが、本研究室で進めようとしていることです。 
昨今の人工知能や機械学習の目覚ましい発展は、膨大な情報量を処理できる基盤が整えられてきた時代背景と強くリンクしています。医療分野において、今後益々重要な技術となっていくことは明らかです。他方、膨大な情報量の前に本質が覆い隠されがちな現代においてこそ、物理学の役割が大事になってきていると感じています。 
我こそはと思う学生さんの参加を心待ちにしています。 また、研究室見学(芳賀居室:保健学A棟3階)についてもお気軽にお問合せ頂けると幸いです。 

研究テーマ こちらも参照ください(オリジナルサイト) 

  • 画像再構成
    • 画質改善方法の開発(ビームハードニング、散乱、ソースサイズ効果)
    • 物質情報の推定(ベイズ理論、位相情報、偏光)
  • 機械学習
    • データマイニング・レディオミクス(Radiomics)
    • X線エネルギースペクトルの推定
    • 複雑系波動関数の推定
    • 非剛体照合とディープラーニング
  • 基礎物理
    • 光電効果・コンプトン散乱・対生成・光核反応の物理
    • 粒子線と原子核の相互作用
    • ホウ素中性子捕獲の線量計算モデル
    • 電子線治療の線量計算モデル

 


金澤研究室の紹介


当研究室では,磁気共鳴画像(magnetic resonance image: MRI)を中心とした非侵襲的機能画像の研究を行っています.生体の様々な機能を定量化し可視化することで,医用画像を用いた新たなバイオマーカーの創設に取り組んでいます.様々な企業および他大学や研究室と協力して,MRIのパルスシーケンスと再構成や解析ソフトウェアを開発して,臨床応用を目指した研究を行っています.近年の画像診断は,良質な画像だけでなく,画像情報から取得できる様々な情報を活かして,機能的かつ定量的情報を診断や治療に適応することが重要となってきています. 
研究室での苦労や達成感は,必ず人生で掛け替えのないものになるでしょう.興味のある方は,いつでも気軽に研究室(金澤居室・保健学A棟2階A23号室)まで気軽にお越し下さい. 

研究テーマ 

  • 組織血流動態解析
    • DCE-MRI
    • arterial spin labeling
  • 生体におけるMR緩和時間測定法の開発と応用
    • 緩和時間同時計測
    • myelin map
    • tractography
  • MRIを用いた生体情報の可視化
    • pHイメージング
    • 化合物イメージング
    • 硬度イメージング
  • MRIパルスシーケンスの開発
  • 画像再構成・画像解析手法の開発

最終更新日:2017年11月17日