生体対応医学講座(連携講座)

ゲノム機能解析学

谷上信教授

 

患者・疾病の根本を制御すると考えられるゲノムの解析を行い、病態の成因と種々の生体反応を理解し、診断・治療・予防などの医療応用と薬剤開発を目指すための方法論について体系的に学ぶ。

 

主要研究テーマ

  1. 染色体・ゲノム・遺伝子レベルでの研究指導
  2. 染色体・ゲノム・遺伝子レベルでの診断法の開発・研究指導
  3. 遺伝子を対象とした治療標的の決定のための研究指導
  4. ゲノム・遺伝子の多様性の解析研究の指導
  5. 遺伝子発現解析法の研究指導など
最終更新日:2009年2月20日