生体応答医学講座(協力講座)

応用分子酵素学

木戸博准教授 メールアドレス kido@ier.tokushima-u.ac.jp

 

生体機能制御の分子機構と細胞内蛋白質分解機構の解明を病気との関係から追求する。生体が本来持っている防御機構を分子生物学的手法を用いて解析し、これに関与する生体物質を同定し生命活動の根源に迫る原則を解明する。

 

主要研究テーマ

  1. 生体制御機構の分子生物学的解析
  2. 細胞内蛋白質分解機構の解明とその病態への応用
  3. 腸内菌の新しい機能を解明する。

 

分子代謝情報学

谷口寿章教授 メールアドレス hisatan@ier.tokushima-u.ac.jp

 

質量分析を基盤としたプロテオミクス解析技術の開発とタンパク質翻訳後修飾の大規 模解析、タンパク質複合体の立体構造解析によるシグナル伝達系ネットワークの研究 を中心に、プロテオミクスによる細胞生物学研究、疾患研究を行っている。

 

主要研究テーマ

  1. 質量分析やプロテインチップなどを用いたプロテオミクス解析の技術開発
  2. プロテオミクスによるシグナル伝達系ネットワークの網羅的解析
  3. タンパク質の立体構造解析による構造機能相関、複合体形成機構の解明

 

免疫情報医学

松本満教授 メールアドレス mitsuru@ier.tokushima-u.ac.jp

 

発生工学の手法を用いて、特定の遺伝子を破壊したマウス(ノックアウトマウス)、あるいは外来遺伝子を導入したマウス(トランスジェニックマウス)を作製し、生体防御機構に関わる遺伝子の機能を解析する。

 

主要研究テーマ

  1. リンパ組織の形成に関わる分子機構の解析
  2. 主要組織適合複合体(MHC)領域に存在する遺伝子の機能解析

 

生体情報統御学

坂口末廣教授 メールアドレス sakaguch@ier.tokushima-u.ac.jp

 

プリオン病は、これまでの病原微生物とは異なる病原体「プリオン」の感染により起こる中枢神経変性疾患である。プリオンの実態はまだ完全に解明されていないが、我々の体内に存在する正常プリオン蛋白が構造変化を起こした異常プリオン蛋白がその主要成分だと考えられている。プリオン病罹患脳内では、プリオン感染により正常プリオン蛋白が異常プリオン蛋白に構成的に変換し、正常プリオン蛋白は減少し異常プリオン蛋白は蓄積している。
本研究では、プリオン病の病態の解明及び早期診断・予防・治療法の開発を行い、プリオン病の撲滅を目指したいと考えている。

 

主要研究テーマ

  1. プリオン蛋白とそのホモログ蛋白PrPLP/Dplの正常機能
  2. プリオン病の分子病態
  3. プリオン病の予防・治療法の開発

 

分子遺伝学

蛯名洋介教授 メールアドレス ebina@ier.tokushima-u.ac.jp

 

遺伝子工学、細胞工学の手法を駆使し、インスリンシグナル伝達の分子機構を明らかにし、その異常で起こる成人型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)の遺伝因子を明らかにしたい。

 

主要研究テーマ

  1. インスリンシグナル伝達の分子機構の解明
  2. 成人型糖尿病の分子遺伝学的解析

 

遺伝情報制御学

福井清教授 メールアドレス kiyo@ier.tokushima-u.ac.jp

 

循環系・内分泌系・神経系の情報伝達とその遺伝制御機構の解明を目的として、分子酵素学研究の先端技術を導入して研究を推進する。とくに、循環調節因子の機能と酸化還元酵素の神経組織特異的発現に関する遺伝子レベルでの解析を中心に行う。

 

主要研究テーマ

  1. 循環調節系の新しい因子の機能と情報伝達に関する分子生物学的研究
  2. 酸化還元酵素の組織特異的遺伝子発現調節による生体機能調節機能の解析

 

ゲノム遺伝情報学

板倉光夫 メールアドレス itakura@genome.tokushima-u.ac.jp

 

糖尿病・痛風等の代謝疾患、慢性関節リウマチ等の自己免疫疾患、精神分裂病等のヒトおよび病態モデル動物の疾患感受性遺伝子をゲノム多様性マーカーを用いて、パラメトリックおよびノンパラメトリック連鎖解析等の方法で解析する。ヒトあるいはマウスの染色体上のそれぞれ6,000種類以上マイクロサテライトマーカーと単一ヌクレオチド多型(SNP)を用いて解析する。ヒトの罹患同胞対、または病態モデル動物を用いて単一遺伝子疾患のみならず、多遺伝子性疾患の疾患感受性遺伝子を検索する。本分野は、これらの疾患の原因となる多数の遺伝因子と表現型および定量的形質との連鎖・関連をゲノム多様性マーカーの多型を決定できる蛍光DNA解析装置、DNAシーケンスロボットおよびコンピューター解析系を用いて検討し、ヒトおよび病態モデル動物における疾患感受性遺伝子を明らかにする。さらに、トランスジエニックマウス等の遺伝子改変マウスを作成することにより、膵β細胞の再生・分化・増殖・アポトーシスの機序を個体レベルで検討する。

 

主要研究テーマ

  1. プリン・ピリミジン代謝
  2. 糖尿病─膵ラ島β細胞の形態形成・分化に関わるサイトカインと転写調節因子の解析
  3. 多遺伝子性疾患の疾患感受性遺伝子の同定
最終更新日:2009年2月20日