基幹講座

分子栄養学

宮本賢一教授

 

主要研究テーマ

  1. 老化とミネラル代謝の分子栄養学的研究
  2. リントランスポートゾームの研究
  3. 食品の安全性に関する研究(カドミウムの代謝)

 

生体栄養学

二川健教授

 

生体栄養学(旧栄養生理学)では、長年の蛋白質・アミノ酸栄養の研究の歴史を踏まえ、遺伝子から被験者の実験まで幅広い研究システムを備えており、ストレス応答の分子機構から長期宇宙空間での滞在に備えた宇宙食の開発など時代の先端を担う研究を行っています。

 

主要研究テーマ

  1. 廃用性筋萎縮の分子メカニズムとその治療法の開発
  2. 膜結合型プロテアーゼから見た骨格筋における重力感知機構の解明
  3. マクロファージの活性化を介したインスリン抵抗性発症メカニズムの解明
  4. 疲労耐性と長距離走行に適した持久筋形成のメカニズムの解明

 

食品機能学

寺尾 純二教授

 

フラボノイドやカロテノイドをはじめとする食品抗酸化成分の吸収代謝と酸化ストレス抑制や食品因子による抗アレルギー作用の解明に取り組んでいます。

 

主要研究テーマ

  1. 食品抗酸化成分の生体内利用性と生理機能:食品色素であるフラボノイドやカロテノイドの吸収代謝と血中・組織への分布蓄積および酸化ストレス制御活性の評価を進めている。
  2. 組織への分布蓄積および酸化ストレス制御活性の評価を進めている。
  3. 生体内脂質過酸化反応の解析と評価:脂質検出法であるTLC ブロット法を応用して、生体内過酸化脂質の網羅的解析(パーオキシリピドーム解析)法を確立することを試みている。
  4. 食品因子による抗アレルギー作用の解明食品を介した免疫系制御によりアレルギーを克服することを目指して、食品素材からアレルギー性抗体の産生を抑制する成分を探索し、免疫担当細胞の機能調節機序の解明に向けた研究を進めている。

 

代謝栄養学

阪上浩教授

 

臨床では入院患者の栄養管理(低栄養、肝硬変、糖尿病)を行っています。基礎研究では、分子生物学のみならず種々の方法を用い以下の分野の研究を行っています。

 

主要研究テーマ

  1. イオン(電解質)輸送、糖、アミノ酸輸送に関する研究……電気生理学と分子生物学的の両手法を用いて研究。糖尿病(インスリン抵抗性と糖輸送、GLUT4)、下痢(Cl イオン分泌)、高血圧(K およびCa イオン輸送)などの疾患に関連。
  2. 糖尿病の合併症の発生機構と治療に関する研究……糖尿病モデル動物(OLETF)を用いて、インスリン抵抗性、心血管合併症などを研究
  3. 運動の効果……実験動物および人における運動の効果、特に酸化ストレスおよびサプリメントの効果をDNA マイクロアレイなどにより研究。高運動習性を持つモデル動物(SPORTS ラット)を開発中で運動習慣の形成のメカニズムを研究

 

予防環境栄養学

高橋章教授

 

食の安全を守ることの重要性が叫ばれているなか、私たちが普段摂取する食品等の安全性を守るための新しい手法開発を目指しています。特に消毒薬や抗生物質を使用せず、食品等の品質を劣化させにくい安全な殺菌保存方法の開発をし、その実用化を目指しています。

 

臨床食管理学

竹谷豊教授

 

心理的ストレスは酸化ストレスを増強し、生体内で活性酸素種(ROS)生成を促進することで、精神的障害、炎症、代謝障害を誘導する。高血糖および高リン血症はROS 生成を促進することから、虚血性心血管疾患予防やストレス制御には血糖調節およびリン調節が重要である。

 

臨床食管理学分野オリジナルサイトはこちら内部リンク

 

実践栄養学

酒井徹教授

 

実践栄養学分野は、食品機能に関する研究、栄養状態および運動と免疫機能との関連性を疾患モデル動物・腫瘍移植動物を用い解明することで生活習慣病および癌の発症を予防する生活・食習慣を見いだす基礎的研究と、徳島県民を対象とした疫学研究をメインテーマとして研究を行ってきている。

 

主要研究テーマ

  1. 栄養と免疫機能に関する研究:栄養状態や様々なサプリメントがどのように免疫機能に影響するか動物モデルを用い検討を行っている。これまで、大豆イソフラボンやGABA などの成分について解析を行った。
  2. 免疫疾患モデル動物の解析:ヒトのアトピー性皮膚炎に類似した皮膚炎を発症するNC/Nga マウスにおける免疫学的解析を行うことで、アレルギーの原因を探る。
  3. 学校、地域住民における公衆栄養学的研究:学校や地域住民における栄養素摂取量を調査すると共に健康増進を図るための栄養改善方法を開発する。

 

疾患治療栄養学

濱田康弘特任教授

 

近年、栄養サポートチーム(Nutrition Support Team: NST)に代表されるように医療現場で医療の根本のひとつである栄養管理の重要性が認識されるようになり、基礎および臨床医学の飛躍的な発展もあり、医学に基盤を置く栄養学の充実が求められています。そこで、疾患治療栄養学分野では、附属病院栄養部と密接に連携している利点を活かし実地臨床に直結した内容をメインテーマとして研究をおこなっています。

 

主要研究テーマ

  1. 栄養サポートチームに関する研究
  2. 栄養管理・栄養療法に関する臨床研究
  3. 慢性腎臓病におけるProtein Energy Wasting (PEW)に関する研究
最終更新日:2015年4月1日