医科学教育部長あいさつ

 

医科学教育部長

丹黒 章


 徳島大学医学部は昭和18年に四国初の医学専門学校である徳島県立徳島医学専門学校として創設され、まもなく75周年を迎えようとしています。昭和26年に医学部医学科専門課程が設置され、昭和30年には大学院医学研究科(後の大学院医科学教育部)が設置されました。また、昭和39年にはわが国で唯一の医学部栄養学科が設置され、昭和43年に大学院栄養学研究科(後の大学院栄養生命科学教育部)が設置されました。更に平成13年の保健学科設置に続き、平成18年には大学院保健科学教育部も創設されたことで、全国でも極めてユニークな、医学、栄養学、看護・保健医療学という全人的医療の実践に必要な全ての領域を備えた、学部及び大学院教育において高度なチーム医療を担う人材の育成ができる体制が確立しました。これら各大学院については、平成16年には国立大学の法人化と同時に、医学研究科、栄養学研究科、歯学研究科及び薬学研究科を再編・統合し、大学院ヘルスバイオサイエンス研究部と命名(平成27年に大学院医歯薬学研究部に改組)、<生命科学教育・研究を行う統合大学院>としての新たな歩みがスタートしました。
 
 大学院医科学教育部の特徴は、同じ蔵本キャンパス内に病院、歯学部、薬学部のほか、「先端酵素学研究所」とも密接に連携し、大学院教育と研究を行っているという点です。この先端酵素学研究所は、世界をリードする多くの人材を輩出してきた医学部附属酵素研究施設(昭和36年設置)を源流とする「疾患酵素学研究センター」と、ゲノム研究のメッカとして先端研究を推進する「疾患プロテオゲノム研究センター」を改組するとともに、「藤井節郎記念医科学センター」と「糖尿病臨床・研究開発センター」を附属施設として統合することによって設置された附置研究所です。このような極めて恵まれた教育・研究環境を生かして、地域医療へ貢献できる人材育成にとどまらず、生命の摂理と病める人の病態を解明し、その研究成果をもとに新しい予防や治療法の開発に貢献できる人材、世界に情報を発信できる国際性とリーダーシップを兼ね備えた人材を育成して行きたいと思います。
 
 
最終更新日:2017年4月1日