医学部の教育目標

医学科の教育目標

 医学科は、急速な医学・医療の進歩や地域医療の発展に寄与しうる医師および医学研究者の養成を目的とする。そのために、基本的な臨床能力及び医学研究能力を備え、生涯にわたり医療および基礎研究・臨床研究を通じて社会に貢献できる柔軟性のある人材の育成を行う。

 

  1. 科学的根拠に基づいた医療・研究を行えるように自己開発と自己評価の習慣を身につける。
  2. 医師として必要な基本的な技能、知識、態度を身につける。
  3. 医師として必要な倫理観、責任感を養い、他者を理解しいたわる人間性を身につける。
  4. チーム医療・研究活動を円滑に遂行できる能力と習慣を身につける。
  5. 国際的視野を養い、医療・医学の国際化に対応できる能力を身につける。

 

医科栄養学科の教育目標

 医科栄養学科は、「食律生命」の理念のもとに、医学と連携した医科栄養学を通して、高度化する医療と人々の食生活の改善・健康の維持増進に資することができる人材の育成を目的とする。

 

  1. 臨床の場で高度な知識とアイデアで医師と連携して医科栄養学を推進することのできる能力を身につける。
  2. 世界の栄養施策の啓発・推進役となるべき国際的視野を養う。
  3. 栄養学の基礎的研究や教育を担うための高い能力を身につける。

 

保健学科の教育目標

 保健学科は、人間性・協調性を有し、科学性・国際性を基礎に、わが国における高度化・専門化する医療を支え、保健・医療・福祉において多様化するニーズに対応できる有能な医療技術者を育成することを目的とし、その実現のために以下の人材を育成することを教育目標とする。

 

  1. 生命倫理を基盤として、豊かな人間性と科学的思考力を備えた人材
  2. 各分野の医療と保健・福祉を総合的に修得した専門職者
  3. 地域社会において保健・医療・福祉の向上に寄与し、指導的役割を果たせる人材
  4. 医療の国際協力、国際貢献を推進できる人材
  5. 保健学における教育・研究・管理を担える能力をもつ人材

 

 

最終更新日:2017年4月1日