運動機能外科学分野

 

研究概要

運動機能外科学教室では仮骨延長術(distraction osteogenesis)を用いた四肢機能再建術に取り組んでいる。現在までに多数の臨床例を経験すると同時に、動物実験を行い「牽引ストレスに反応し筋・骨格系が再生するメカニズム」を追求している。その他、多因子疾患としての椎間板変性のプロテオミクス研究、関節リウマチの感受性遺伝子の研究、腱損傷後の修復・再生機構に関する研究、などを行っている。以上の研究はすべて「骨・関節の成長・修復・再生機構」にかかわる研究である。

最終更新日:2015年2月6日