1997年 卒論・修論テーマ

2011年10月17日

卒論

自然発症Ⅱ型糖尿病モデルラット(OLETFラット)におけるグルカゴン及びGLP-1レセプターの遺伝子発現の臓器分布

LPL活性薬NO-1886の体重、体脂肪変化に対する効果-若年ラットにおける検討

インスリン投与量決定の指標としての呼吸商の意義

HITcellにおけるCa2+動態とインスリン分泌機構

NIDDM自然発症ラットにおける内皮依存性血管拡張反応の胸部大動脈と腸管膜動脈との違い

ET-11-31の特異的抗体の作成と、ヒト冠動脈におけるET-11-31の組織内分布

インスリン非依存性糖尿病自然発症ラットにおける血管内皮由来過分極因子(EDHF)の減弱と運動による改善効果

 

修論

HIT細胞におけるグルコース及び乳酸によるカルシウム動態とインスリン分泌

食事療法及び運動療法の効果発現機序の差異