2006年 卒論・修論テーマ

2011年10月17日

卒論

大腸がん細胞に発現するnon-codingRNAのクローニング

VEGF5’UTR由来non-codingRNAの機能解析—標的RNAの同定―

血中ケルセチン代謝物Quercetin3-o-β-D-glucuronide(Q3GA)の血管張力への作用の検証

紫外線発光ダイオード(UV-LED)の直接暴露による人体への影響の評価

絶飲は白色脂肪組織において脱共役タンパク質2の発現を増加させる

糖尿病性腎症患者の食事療法における低グルテリン米の影響

V.parahaemolyticusがもたらす腸液分泌変化の解析

マウス腸管ループ試験を用いた腸炎ビブリオの下痢発症機構の解析

 

修士論文

健常女性における最大運動時の酸化ストレスとそれに対する総合ビタミン及びその他の抗酸化物質投与の効果

絶飲はマウスの白色脂肪組織において脱共役タンパク質2の発現を増加させる

細胞外Ca2+濃度変化による上皮カルシウムイオンチャネルTRPV6の細胞内Ca2+調節機構

Norepinephrine がVibrio parahaemolyticusの病原因子発現に与える影響

 

学位論文

A pore-forming toxin produced by Aeromanas sobria activates cAMP-dependent Cl- secretory pathways to cause diarrhea.
(Aeromanas sobria によって産生されるpore-forming toxin はcAMP依存性 Cl-分泌機構を介して下痢を引き起こす)

Transforming growth factor-β stimulates rheumatoid synovial fibroblasts via the type c receptor
(Transforming growth factor-βはⅡ型受容体を介して関節リウマチ滑膜線維芽細胞に作用する)

Endothelin-(1-31) levels are increased in atherosclerotic lesions of the thoracic aorta of hypercholesterolemic hamsters.
(高コレステロール血症ハムスターの胸部大動脈動脈硬化病巣でEndothelin-(1-31)は上昇する)