2008年 卒論・修論テーマ

2011年10月17日

卒論

腸炎ビブリオ感染が腸管での分泌吸収機構に与える影響

紫外線発光ダイオード(UVA-LED)殺菌法の有色飲料に対する効果の検討

SNARE結合タンパクCSP1は、細胞膜でGLUT4小胞膜融合を抑制して、脂肪細胞でのインスリン依存性糖取り込みを抑制する。

新規GAP蛋白Tbc1d1の糖輸送シグナル系への関与について

ヒトSREBP1の新しいスプライシングバリアントの解析

新規グリセロール-3-リン酸アシルトランスフェラーゼxGPAT1の細胞内における局在と存在形態の解析

SPORTSラットにおける内臓脂肪量調節機構の解明

ジンセノサイドの代謝産物における血管張力への作用の検討

 

修論

食道癌患者における術前抗癌剤治療前後での血中ビタミン量、微量元素量の検討

Can overnight fast produce severe starvation indicated by low respiratory quotient in patients with chronicrenal failure?
(慢性腎不全患者では夜間の絶食により飢餓状態に陥るのか、呼吸商を用いた検討)

Functional analysis of membrane binding protein CSP1 (Cysteine String Protein1) for insulin-dependent GLUT4 translocation in 3T3-L1 adipocytes
(3T3-L1脂肪細胞でのインスリン依存性GLUT4トランスロケーションに対する膜結合タンパクCSP1(Cysteine String Protein1)の機能解析)

Vibrio.Parahaemolyticusに対するginesnosideの影響

Quercetin induces eNOS phosphorylation in vascular endothelial cells and endothelium-derived vasodiation but itsvasodilation, but its metabolite Q3GA dose not.
(ケルセチンは血管内皮細胞のeNOSのリン酸化と内皮由来の血管弛緩を誘発するが、ケルセチン代謝産物Q3GAではみとめられない)

 

学位論文

NO-1886, a lipoprotein lipase activator, attenuates contraction of rat intestinal ring preparations.
(リポタンパク質リパーゼ活性剤NO-1886はラット腸管リング標本の収縮を減弱させる)