平成20年度 卒論・修論テーマ

2011年10月17日

卒業論文

頭頸部癌 放射線治療時における栄養補助の有効性の検討

抗癌剤投与により作製した腸炎モデルラットに対してGFOを投与した場合の有効性の検討

SPORTSratの自発運動に対するGhrelinとObestatinの効果の検討

Vubrio parahaemolyticus感染によるIL-8の分泌機構の検討

紫外線発行ダイオード(UV-LED)による腸炎ビブリオの殺菌機構の解析

UVA-LED装置を用いた野菜表面の殺菌機構の開発

V.parahaemolyticusにおけるSOS誘導時の細胞分裂抑制について

肝臓の脂肪酸合成酵素の発現に対するL-ロイシン投与の影響

脂質合成律速酵素xGPAT1の膜トポロジー解析

 

修士論文

Differential regulation of the two promoters in expression of the xGPAT1 gene in mice(マウスxGPAT1遺伝子の発現を担う2つのプロモーター領域の制御機構)

脂質合成律速酵素xGPAT1の細胞内局在と膜トポロジー解析

高圧空気負荷は2型糖尿病マウスの脂質代謝を改善する

The deveropment of thrombi depends on decrease of nitric oxide production in new animal model, SPORTS rats.(心房血栓の新規モデル動物・SPORTSラットは、一酸化窒素生成の減少により血栓形成を発達させる)

Effct of a late evening snack on starvation of early morning in patients with chronic renal failure(慢性腎不全患者における早朝の飢餓状態に対する就寝前夜食の効果)

 

博士論文

Association of selenium deficiency with anemia among adults and preschool children in rural Vietnam(ベトナム農村部の成人および就学前児童におけるセレン欠乏症と貧血の関連)

Effect of high dose supplementation of zinc or vitamin A on brain’s neurotrophins production and spatial learning in mice with concurrent deficiency of zinc and vitamin A
(亜鉛・ビタミンA欠乏マウスにおける亜鉛とビタミンA補充による脳におけるニューロトロフィン産生と学習能力に及ぼす影響)