挨拶

平成19年にスタートしたがんプフェッショナル養成プランが多くの遺産を遺して平成24年度に終了しました。がんプロの目的は平成18年に制定されたがん対策基本法の目的である地方におけるがん治療の均てん化を図ることです。中四国の8大学と四国がんセンターなどのがん拠点病院がコンソーシアムを形成、連携して、独自に開発したe-lerningシステムなどを駆使して、がん薬物療法専門医、放射線治療医、腫瘍外科医、緩和医療専門医、精神腫瘍医、がん専門薬剤師、がん専門看護師、医学物理士、歯科口腔外科医、がん専門栄養士、臨床心理士などがん専門職医療人の絶対数の不足と偏在を改善すべく人材育成を行ってきました。平成244月から新たにスタートしたがんプロフェショナル養成基盤推進プランに中国・四国地方の10大学大学院と37のがん診療拠点病院が連携して、がん専門職医療人を養成する「中国・四国高度がんプロ養成基盤プログラム」が採用され、再スタートをきることができました。

この事業によって徳島大学に念願であった「腫瘍内科学講座」を創設することができました。がん薬物療法専門医を育てる腫瘍内科学講座は、総合診療医育成とともに地域の大学にとって必要不可欠です。

 

本講座では質の高いがん診療の実践による地域貢献を目指して、がん化学療法室を舞台に、血液がん、肺がん、消化器がん、乳がん、前立腺がんなどの多領域における最先端のがん薬物治療を地域に提供するだけでなく、実地臨床で実践的な大学院教育を行い、学部における臨床腫瘍学の教育も担当します。また、学内に設立した液体窒素を用いた生体資料の保管システム(がん組織バンク)を設置して、個人情報を厳重に保護した上で提供を受けた組織材料をもとに、分子病態の解析,悪性化に関わる生物学的な因子の探索,がん個別化治療法の開発,治療効果予測のためのバイオマーカーの開発などの研究を進め、がん患者に最適な治療法の選択と個別化医療の確立をめざしています。

 

 

中国・四国高度がんプロ養成基盤プログラム カリキュラム委員長                                                           

胸部・内分泌・腫瘍外科分野教授 丹黒 章