腫瘍内科学分野

 

研究概要

腫瘍内科学分野では、がん治療を安全かつ最適化するため,がんの個性を知り個別化(オーダーメイド)医療に必要な予測バイオマーカーシステムを開発することを目的としている。

 

主要研究テーマ

 消化器がん、呼吸器がん、乳がん、血液悪性腫瘍などの分子異常を解析し、個別化医療を実践するためのバイオマーカーの探索ならびに新しい分子標的治療薬の開発を行っています。

腫瘍内科学分野では、血液悪性腫瘍、肺がん、消化器がん、乳がん、前立腺がんなどのあらゆる臓器のがんや肉腫の診療と治療に役立つ専門医を育成しています。また、以下の活動を行っております。

 

1.がん薬物療法またはがん治療の専門医を育成するための講義、実習

2.がん治療にかかわる薬剤師、看護師、理学療法士、栄養士などの教育

3.がん治療に関する講演会、研修会

4.がん治療の啓蒙活動、市民公開講座

5.がん治療に関わる専門職を育成するための国内研修や海外研修

 

腫瘍内科学分野では、以上のような活動を通じて がん患者さんが徳島県ならびに四国のどこにいても満足のいく治療を受けられることを目指しております。

 

腫瘍内科学分野に入り、がん薬物療法の専門医を取得し、われわれと一緒にがんで悩む患者さんたちのためになる仕事をしましょう。

 

挨拶

中国・四国高度がんプロ養成基盤プログラム カリキュラム企画運営委員長

 胸部・内分泌・腫瘍外科学教授

 

スタッフ

がんプロ概要

平成27年度 年間スケジュール 

 

 

 

 

◇◇腫瘍内科学分野についてお問い合わせ先◇◇

宮本 弘志 Email:miyamoto.hiroshi@tokushima-u.ac.jp

 


 
最終更新日:2012年11月29日