競争的資金等の獲得

2011年10月14日

<平成25年度> 

 

【科学研究費】

 

1)   挑戦的萌芽研究 「マイクロRNAを用いたストレスコーピング反応の評価・診断技術の開発」 研究代表者 六反一仁

2)    新学術領域研究(領域型) (研究代表者:東京大学 川上憲人) 「社会疫学による健康格差のメカニズム解明」 

     研究分担者 六反一仁

3)    挑戦的萌芽研究 「SRSF遺伝子のPTCバリアントを介した大腸がん悪性化の分子基盤」

     研究代表者 桑野由紀

4)    若手研究(B) 「選択的ポリアデニレーションを介した新たな発癌機構の解明」 研究代表者 西田憲生

5) 特別研究員奨励費 「SRSF3遺伝子を標的とした新たな癌治療法の開発を目指すRNA研究」

   研究員 赤池瑶子

 

【共同研究】

1) 株式会社 ヤクルト本社

 

【研究助成金】

1) パブリックヘルス科学研究助成金

 

 

<平成24年度>

 

 【科学研究費】

1)    基盤研究(B) 「ストレス評価・うつ病予知をめざすRNAバイオロジー研究」 研究代表者 六反一仁

2)    新学術領域研究(領域型) (研究代表者:東京大学 川上憲人) 「社会疫学による健康格差のメカニズム解明」 

     研究分担者 六反一仁

3)    基盤研究(C) 「p53活性化因子HIPK2RNAプロセシングを介した新たな大腸がん抑制機構」 研究代表者 増田清士

4)    挑戦的萌芽研究 「SRSF遺伝子のPTCバリアントを介した大腸がん悪性化の分子基盤」

     研究代表者 桑野由紀

5)    若手研究(B) 「選択的ポリアデニレーションを介した新たな発癌機構の解明」 研究代表者 西田憲生

6) 特別研究員奨励費 「SRSF3遺伝子を標的とした新たな癌治療法の開発を目指すRNA研究」

   研究員 赤池瑶子

 

【共同研究】

1) 株式会社ヤクルト本社

 

【研究助成金】

1) 武田科学振興財団

2) 武田科学振興財団

 

 

<平成23年度>

 

【科学研究費】

1)    基盤研究(B) 「ストレス評価・うつ病予知をめざすRNAバイオロジー研究」 研究代表者 六反一仁

2)    萌芽研究 「ストレス特異的スプライシングバリアントを指標とした新たなストレス評価技術」 研究代表者 六反一仁

3)    新学術領域研究(領域型) (研究代表者:東京大学 川上憲人) 「社会疫学による健康格差のメカニズム解明」 

     研究分担者 六反一仁

4)    基盤研究(C) 「SRp20が制御する選択的スプライシングの異常と発がん」 研究代表者 棚橋俊仁

5)    若手研究(B) 「ストレス応答性tra2ベータmRNAアイソフォームの機能解析」 研究代表者 桑野由紀

 

【共同研究】

1)   カルピス株式会社  

 

 

<平成22年度>

 

【科学研究費】

1)    基盤研究(B) 「ストレス評価・うつ病予知をめざすRNAバイオロジー研究」 研究代表者 六反一仁

2)    萌芽研究 「ストレス特異的スプライシングバリアントを指標とした新たなストレス評価技術」 研究代表者 六反一仁

3)    新学術領域研究(領域型) (研究代表者:東京大学 川上憲人) 「社会疫学による健康格差のメカニズム解明」 

     研究分担者 六反一仁

4)    若手研究(A) 「悪性腫瘍化を司るRNA制御系の解明」 研究代表者 近藤茂忠

5)    若手研究(B) 「ストレス応答性tra2ベータmRNAアイソフォームの機能解析」 研究代表者 桑野由紀

 

【共同研究】

1)    片倉工業株式会社 

2)    カルピス株式会社  

 

【その他】

1)    学長裁量経費 パイロット研究事業 「心の疾患の予知・予防を目指す日韓共同研究」 研究代表者 六反一仁

 

 

<平成21年度>

 

【科学研究費】

1)    若手研究(A) 「悪性腫瘍化を司るRNA制御系の解明」 研究代表者 近藤茂忠

2)    若手研究(B) 「Tra2beta遺伝子の選択的スプライシングmRNAアイソフォームの機能解明」 研究代表者 河合智子

3)    新学術領域研究(研究代表者:東京大学 川上憲人) 「社会疫学による健康格差のメカニズム解明」 研究分担者 六反一仁

 

【受託研究】

1)    科学技術振興機構・社会技術研究事業 脳科学と教育タイプ2 「教育支援のためのバイオメンタル技術の開発」 

     研究代表者 六反一仁

2)    科学技術振興機構・育成研究 「サイトカインを用いた精神的ストレスの評価技術」 研究代表者 六反一仁

 

【共同研究】

1)    片倉工業株式会社 

2)    カルピス株式会社  

 

 

<平成20年度>

 

【科学研究費】

1)    若手研究(A) 「悪性腫瘍化を司るRNA制御系の解明」 研究代表者 近藤茂忠

2)    若手研究(B) 「Tra2bトランスレーションバリアントによる胃粘膜細胞ストレス応答の分子機構」 研究代表者 河合智子

3)    基盤研究(C) 「VEGFmRNAに内在された新たな大腸がん進展機構」 研究代表者 増田清士

 

【受託研究】

1)    日本科学技術振興機構・脳科学と教育タイプ2 「教育支援のためのバイオメンタル技術の開発」 研究代表者 六反一仁

2)    日本科学技術振興機構・育成研究 「サイトカインを用いた精神的ストレスの評価技術」 研究代表者 六反一仁

 

【共同研究】 

1)    カルピス株式会社 

2)    片倉工業株式会社  *NEDO事業

3)    シスメックス株式会社  

4)    シスメックス株式会社  

 

 

<平成19年度>

 

【科学研究費】

1)    基盤研究(B) 「Nox1遺伝子の発現異常の分子機構と遺伝子改変マウスを用いた病態解析」 研究代表者 六反一仁

2)    若手研究(A) 「大腸がん細胞の悪性形質化を制御する新しい機能性RNAの解明」 研究代表者 近藤茂忠

3)    若手研究(B) 「Tra2bトランスレーションバリアントによる胃粘膜細胞ストレス応答の分子機構」 研究代表者 河合智子

4)    萌芽研究 「消化器癌治療の標的となる新しい機能性RNAファミリーの同定と機能解明」 研究代表者 近藤茂忠

5)    特別研究員奨励費 「スフィンゴリピドーシスモデルマウスを用いた脳機能におけるスフィンゴ脂質の機能解析」 

     研究員 冨永久美子

 

【受託研究】  

1)    科学技術振興機構・社会技術研究事業 脳科学と教育タイプ2 「教育支援のためのバイオメンタル技術の開発」 

     研究代表者 六反一仁

2)    日本科学技術振興機構・育成研究 「サイトカインを用いた精神的ストレスの評価技術」 研究代表者 六反一仁 

 

【共同研究】

1)    カルピス株式会社 

2)    片倉工業株式会社   *NEDO事業

3)    シスメックス株式会社 

 

【その他】

1)    学長裁量経費 「ストレスインフォマテイクスの創生」 研究代表者 六反一仁

 

 

<平成18年度>

 

【日本学術振興会】

1)    21世紀COEプログラム 「ストレス制御をめざす栄養科学」 研究分担者 六反一仁

 

【科学研究費】

1)    基盤研究(B() 「Nox1遺伝子の発現異常の分子機構と遺伝子改変マウスを用いた病態解析」 研究代表者 六反一仁

2)    基盤研究(B)(2) 「ストレス反応におけるサイトカイン~ストレスホルモンとしての分子基盤の確立」 研究代表者 関山敦生

3)    若手研究(A) 「大腸がん細胞の悪性形質化を制御する新しい機能性RNAの解明」 研究代表者 近藤茂忠

4)    若手研究(B) 「病的疲労の遺伝子発現プロファイリングと診断への応用」 研究代表者 森田恭子

5)    若手研究(B) 「Tra2bトランスレーションバリアントによる胃粘膜細胞ストレス応答の分子機構」 研究代表者 河合智子

6)    若手研究(B) 「うつ病の病態解明を目指した発現プロテオミクス」 研究代表者 河合香里

7)    特別研究員奨励費 「スフィンゴリピドーシスモデルマウスを用いた脳機能におけるスフィンゴ脂質の機能解析」 

     研究員 冨永久美子

 

【受託研究】

1)    科学技術振興機構・社会技術研究事業 脳科学と教育タイプ2 「教育支援のためのバイオメンタル技術の開発」 

     研究代表者 六反一仁

 

【共同研究】

1)    大鵬薬品工業株式会社  

      

【その他】

1)    学長裁量経費 「ストレスインフォマテイクスの創生」 研究代表者 六反一仁

 

 

<平成17年度>

 

【日本学術振興会】

1)    21世紀COEプログラム 「ストレス制御をめざす栄養科学」 研究分担者 六反一仁

 

【科学研究費】

1)    特定領域研究 「TLRによるRac1Nox1の活性化を介した消化管粘膜上皮細胞の自然免疫応答」 研究代表者 六反一仁

2)    基盤研究(B(2)  「Nox1遺伝子の発現異常の分子機構と遺伝子改変マウスを用いた病態解析」  研究代表者 六反一仁

3)    基盤研究(C) 「消化管上皮細胞に発現するNox1の分子基盤とRNAiを用いた活性化機構の全容解明」 

     研究代表者 近藤茂忠

4)    若手研究(B) 「病的疲労の遺伝子発現プロファイリングと診断への応用」 研究代表者 森田恭子

5)    若手研究(B) 「うつ病の病態解明を目指した発現プロテオミクス」 研究代表者 河合香里

6)    特別研究員奨励費 「スフィンゴリピドーシスモデルマウスを用いた脳機能におけるスフィンゴ脂質の機能解析」 

     研究員 冨永久美子

 

【受託研究】

1)    科学技術振興機構・社会技術研究事業 脳科学と教育タイプ2 「教育支援のためのバイオメンタル技術の開発」 

     研究代表者 六反一仁

 

【共同研究】

1)    カルピス株式会社 

2)    (株)日立製作所  

    

 

<平成16年度>

 

【日本学術振興会】

1)    21世紀COEプログラム 「ストレス制御をめざす栄養科学」 研究分担者 六反一仁

 

【科学研究費】

1)    特定領域研究 「TLRによるRac1Nox1の活性化を介した消化管粘膜上皮細胞の自然免疫応答」 研究代表者 六反一仁

2)    基盤研究(B(2) 「TLRMox1オキシダーゼを介する消化管粘膜の自然免疫応答と発がんの分子基盤」 

     研究代表者 六反一仁

3)    基盤研究(C) 「消化管上皮細胞に発現するNox1の分子基盤とRNAiを用いた活性化機構の全容解明」 

     研究代表者 近藤茂忠

 

【受託研究】

1)    科学技術振興調整費 「こころを映し出すDNAチップの開発と実用化」 研究代表者 六反一仁

2)    科学技術振興機構・社会技術研究事業 脳科学と教育タイプ2 「教育支援のためのバイオメンタル技術の開発」 

     研究代表者 六反一仁

 

【共同研究】

1)    (株)日立製作所 

 

 

<平成15年度>

 

【日本学術振興会】

1)    21世紀COEプログラム 「ストレス制御をめざす栄養科学」 研究分担者 六反一仁

 

【科学研究費】

1)    基盤研究(B(2) 「TLRMox1オキシダーゼを介する消化管粘膜の自然免疫応答と発がんの分子基盤」 

     研究代表者 六反一仁

2)    萌芽研究 「ストレス評価用DNAチップを用いたメンタルジェネテイクスの展開」 研究代表者 六反一仁

3)    特別研究員奨励費 「Toll様受容体とmox1遺伝子による消化管粘膜の自然免疫応答の分子機構」 研究員 河原司

 

【受託研究】

1)    科学技術振興調整費 「こころを映し出すDNAチップの開発と実用化」 研究代表者 六反一仁

 

【共同研究】

1)    (株)日立製作所