消化器・移植外科学分野

 

研究概要

消化器・移植外科学分野では、癌研究、再生・臓器不全研究の二つを有機的に統合することを目指しています。

 

主要研究テーマ

  1. 肝移植研究(過小グラフト(small-for-size graft)研究と虚血再潅流傷害のメカニズム解明と対策)
  2. 人工肝臓補助装置の開発(酸化チタンを用いた血液浄化法開発)
  3. 膵島移植研究(ドナー特異的免疫寛容の誘導)
  4. 大量肝切除後の肝不全の病態解明と制御(HSP 誘導法の開発)
  5. 手術侵襲に対する生体反応と薬学/栄養学的制御
  6. 高次元ナビゲーションサージャリー開発
  7. 発癌・進展の機序解明と制御法の開発(栄養学的制御とINF による制がん効果増強作用)
  8. 癌の再発メカニズムの解明と制御法開発(高転移モデルを用いた転移臓器親和性遺伝子群の包括的解析)
  9. 癌に対する遺伝子・分子標的治療の開発
最終更新日:2015年2月6日