臨床薬理学分野

 

研究概要

臨床薬理学分野では、チーム医療の一翼を担う薬剤師にとって重要な医療現場における実務実習のサポートと、学部学生に対する臨床薬学教育および臨床薬学に関する研究を行っている。研究テーマは臨床に直結する問題点を中心としたもので

 

  1. 漢方薬のエビデンス
  2. 抗血小板薬が他の薬剤により受ける影響
  3. 神経細胞の生理応答に関する研究
  4. アディポサイトカインに関する研究
  5. 樹状細胞の免疫応答
  6. 新しい医薬品情報システム構築
  7. 遺伝子多型と薬剤の有効性などを他の講座と共同で研究している。

 

現在、ICUにおける薬物投与コントロールの研究なども行っており、今後、薬剤師にとって重要となる分野を中心にさらに研究課題を広げていきたいと考えている。

最終更新日:2015年2月6日