臨床食管理学分野へようこそ

2015年1月25日

 

 

当研究室では、日本で唯一の医学部医科栄養学科の臨床食管理学分野として医療に貢献できる栄養学に視点を当てた教育・研究を行っている。大学院教育では、がんプロフェッショナル養成プログラムの教育も担当しています。また、大学病院におけるNST活動 や生活習慣病教室などを通して患者のQOL向上にも取り組んでいます。研究テーマは、(1)骨・腎疾患とリン代謝、(2)代謝疾患およびストレスを制御する機能性食品の開発、(3)血管内皮機能と動脈硬化、(4)肝硬変、臓器移植、その他疾患患者の栄養管理、(5)エネルギー密度に着目した栄養管理プログラムの開発・実践、などである。現在、臨床食管理学分野では、臨床栄養学分野の国内外で活躍したい意欲のある学部生・大学院生を広く募集しております。

詳細は、研究室のホームページをごらんください。

臨床食管理学分野ホームページはこちらをクリック

 

先輩からのメッセージ

研究活動はたくさんの時間をかけてようやくひとつの結果を得たり、表に出ることのない結果もたくさんあったりします。ですが、今、この研究テーマに取り組んで、世界初の結果を出していくのは、紛れもなく、この自分自身なんだ、という、大きな誇りを持って取り組むことができるのが、研究の醍醐味です。厳しさも勿論ありますが、学生の熱意、努力に対して心からのサポートを惜しまない先生方、的確なアドバイスをいただける先輩方に恵まれ、日々奮闘しています。

博士課程3年 辻 光義

博士課程卒業生 辻 光義