顕微解剖学分野

研究概要

当分野では、神経内分泌について、特にステロイド代謝酵素の発現や機能についての形態学的な解析を中心に研究を行っています。体内の諸器官(神経系、心血管系、腺組織など)において産生されるステロイドの役割を明らかにすることがテーマであり、神経系および内分泌腺等においてステロイド代謝による制御機構(ストレス、気分障害、痛覚等との関連)などについて形態学を中心として分子生物学的な解析を含めて研究を行っています。

最終更新日:2016年12月5日

お知らせ