徳島大学で行った次世代シーケンス解析の成果を論文で報告しました

2014年10月27日

徳島大学蔵本キャンパスには、イルミナ社のHiseq1500ならびにMiseqのふたつの次世代シーケンサーが導入されています。

教室では、これらを活用してゲノム解析を行っていますが、ヒト先天性疾患を対象にした解析での成果を報告しました。

 

Okamoto N, et al. Am J Med Genet A. 2014 Sep 26. doi: 10.1002/ajmg.a.36779.[Epub ahead of print]

 

Okamoto N, et al. Human Genome Variation (in press)

 

詳しくは、業績 欧文原著2014 を参照ください。

 

教室では、がんと遺伝性疾患のエクソーム解析を行っています。本態不明で単一遺伝子の関与が予測される先天異常や家族性腫瘍など、ゲノム解析を実施したい症例がありましたら、ご相談ください。

 

お問い合わせ

人類遺伝学分野
電話:088-633-7075