難聴グループ

2011年10月13日

言葉がわかる補聴器・サイバーイヤーの開発

  音声波形を単純に増幅する現在の補聴器は、音は聞こえても言葉がわかりにくい欠点があります。徳島大学工学部知能情報工学の赤松則男教授の開発した雑音の中から音声の信号を抽出するIntelligent Speech Signal Processingを用いた新しい補聴器、サイバーイアーを開発しています。

 

人工中耳の開発

 

障害児の難聴の評価と聴能訓練に関する研究

 

難聴遺伝子の解析