学生教育

2011年10月13日

研究室配属

平成18年度は6名の医学生が研究室配属にこられました。

研究課題は、『顔面神経麻痺後遺症に対するバイオフィードバック療法の効果について』『睡眠時無呼吸症候群患者に対するnCPAP治療の効果について』『放射線化学療法を施行した頭頚部癌患者のに対するPEGの有用性』の3課題をしてもらいました。

皆、積極的に臨床研究に取り組んでもらい、実りのある研究室配属になったことと思います。

また研究だけではなく教室員との交流も、歓送迎会や焼肉パーティーなどでより深めることができました。

毎年、「自由に、楽しく、のびのびと!」をモットーに多くの配属を受け入れています。



 

クリニカルクラークシップ


学生教育では、実際に機器に触れ何事にも経験してもらうことをモットーとしています。

 

回診風景


教授総回診は、毎週火曜日の午後3時から行っております。

医師全員が患者様の病状を把握し、治療計画の検討に参加しています。