病態予防医学講座

細胞生物学分野

米村重信教授

 

主要研究テーマ

  1. 生体機能の非侵襲的計測法の開発: 核磁気共鳴法ならびに超音波法による血流計測、脳機能および筋エネルギー代謝への応用研究
  2. 細胞生理学研究:細胞内エネルギー輸送、pH調節、膜輸送と分泌現象の解析
  3. 体力医学・環境生理学研究:運動時の筋エネルギー代謝、血流・心電図のテレメトリー計測による循環動態の解析、細胞膜輸送への磁場の影響

 

生理機能学分野の詳細はこちら

 

消化器内科学分野

高山哲治教授

 

消化器内科学分野では、消化器癌の発生、進展の機序に関する研究、及び癌細胞の種々の特異分子を標的とした癌治療に関する研究を行っている

 

主要研究テーマ

  1. 胃癌における血管新生因子の発現と抗癌剤感受性
  2. 大腸癌及び膵癌の発生過程におけるGlutathione-S-transferase-π(GST-π)発現の意義
  3. 肝癌におけるPVKAII 発現の機序
  4. GST polymorphism と消化器発癌
  5. 化学放射線療法における血管新生の機序

 

また、以上のような基礎研究を基に、癌の治療及び予防に関するさまざまな臨床試験を行っている。その他にも、赤外線蛍光内視鏡、癌特異抗原に対する抗体を用いた内視鏡イメージング、血液浄化療法、膵癌に対する塞栓動注療法などの臨床研究を行なっている。

 

消化器内科学分野の詳細はこちら

 

 

腫瘍内科学分野

 

腫瘍内科学分野の詳細はこちら