業績集 2016年

2017年4月20日

2016年度(2016年4月〜2017年3月)

 

論文(英文)

1. Tatsumi S, Miyagawa A, Kaneko I, Shiozaki Y, Segawa H, Miyamoto K.

    Regulation of renal phosphate handling: inter-organ communication in health and disease.

    J Bone Miner Metab. 2016 Jan;34(1)1-10.

 

2. Segawa H, Hanasaki A, Miyamoto K.

    Intracellular and extracellular functions of phosphorus compound in the body.

    Clin Calcium. 2016 Feb;34(2):187-91.

 

3. Watanabe E, Yamagata Y, Kogirima M, Miyamoto K, Kayashita J.

    Development of a simple and objective evaluation for thichened liquid using funnels.

    J Texture Studies 2016.

 

4. Hydo T, Hirakawa N, Hayashi M, Mand Than KM, tuyen DG, Hu LW, Naramura T, Miyamoto K, Yamashita AC.

    Present statsus of renal replacement therapy at 2015 in Asian countries (Myanmar, Vietnam, Thailand, China, and Japan).

    Renal Replace Ther 2016 3:11.

 

5. Fukagawa M, Inaba M, Yokoyama K, Shigematsu T, Ando R, Miyamoto KI.

    An introduction to CKD-MBD research: restart for hte future.

    Clin Exp Nephrol. 2017 Mar;21 (Suppl 1):1-3.

 

6. Kaneko I, Tatsumi S, Segawa H, Miyamoto KI.

    Control of phosphate balance by the kidney and intestine.

    Clin Exp Nephrol. 2017 Mar;21 (Suppl 1):21-26.

 

 

 ●論文(和文)

1.   宮本賢一, 桑波田雅士.

栄養素の代謝と生理機能.

病態栄養認定管理栄養師のための病態栄養ガイドブック改訂第5P20-P27.378P)平成28610日発行. 南江堂.

 

2.    金子一郎, 瀬川博子, 辰巳佐和子, 宮本賢一.

尿細管リン再吸収障害によるくる病/骨軟化症.

腎と透析診療方針2016, 腎と透析vol80増刊号 P300-306 平成28610. 東京医学社.

 

3.    宮川淳美, 金子一郎, 宮本賢一.

栄養療法によるリン管理.

高リン血症治療BestChoiceエキスパートのコツから学ぶP24-36.156P)平成286月発行. 医薬ジャーナル社.

 

4.    瀬川博子, 宮本賢一.

腎臓とトランスポーター.

腎臓内科•泌尿器科452016454-458.201611月発行. 先端医学社.

 

5.    瀬川博子, 宮本賢一.

Na+非依存性糖トランスポーターGLUT群の概要と糖輸送メカニズム.

尿酸と血糖vol.3, no.1. 2017:11-14. 20171月発行. 科学評論社.

 

 

●特別講演

1.    宮本賢一. リン過剰とその破綻:最近の知見.

CKDマネジメントフォーラム2016. 福井商工会議所(福井市)平成2841. バイエル薬品

 

2.    瀬川博子. 栄養学的研究を用いたリン代謝調節機構の解明.

慢性腎臓病、腎不全におけるリン代謝是正の新展開~鉄代謝とのコラボレーション~.

ウェスタ川越(埼玉県川越市)平成28425. 鳥居薬品.

 

3.    宮本賢一. リンの代謝と各種疾患との関わり~食品中のリンUp To Date.

平成28年度香川県栄養士会医療職域研修会. 香川県社会福祉総合センター第一中会議室(高松市)平成28430.

 

4.    宮本賢一. リン代謝と栄養:最新の話題. 高リン血症治療Up To Date.

ホテル金沢2階ダイヤモンド(金沢市)平成28624. キッセイ薬品.

 

5.    宮本賢一. 食餌性リンの話題.

北九州CKD-MBD治療講演会. リーガロイヤルホテル小倉(北九州市)平成2877. バイエル薬品.

 

6.    宮本賢一. リン代謝と栄養:最新の話題.腎と栄養を考える~in Niigata.

ホテルオークラ新潟(新潟市)平成28726. キッセイ薬品.

 

7.    宮本賢一. ビタミンDと腎臓.

2Neo Vitamin D Workshop学術集会. TKPガーデンシティ品川.8/26-27. 中外製薬株式会社.

 

8.    宮本賢一. リンとは何か?:食を通して考える.

吉野川市CKD医療連携カンファレンス. セントラルホテル鴨島平成281115. バイエル薬品.

 

9.    瀬川博子. 栄養学基礎研究者によるリン利尿調節機構の解析.

7回大阪副甲状腺ホルモン研究会学術集会. 平成2917.

 

 

国際学会

1. Ichiro Kaneko, Rimpi K. Saini, G. Kerr Whitfield, Mikiko Ito, Hiroko Segawa, Sawako Tatsumi, Ken-ichi Miyamoto, Mark R. Haussler, Peter W. Jurutka.

    FGF23: A Nurr-1 dependent phosphaturic hormone gene that is transcriptionally regulated by 1,25-dihydroxyvitamin D.

    2016/4/19-23. 沖縄コンベンションセンター(宜野湾市)

 

2. Ken-ichi Miyamoto and Taketani Yutaka.

    Phosphorus content in daily foods and drinks: Does it matter?

    XVIII International Congress on Nutrition and Metabolism in Renal Desease (ICRNM2016).

    2016/4/19-23. 沖縄コンベンションセンター(宜野湾市)セッション

 

3. Ken-ichi Miyamoto.

    Regulation of Renal Phosphate Handling: Inter-Organ Communication.

    American Society of Nephrology. Kidney Week 2016. Chicago, IL. 11/15-20.

 

4. Kayo Ikuta, Hiroko Segawa, Shihoko Yuki, Ichiro Kaneko, Ai Hanasaki, Toru Fujii, Aoi Kushi, Sawako Tatsumi, Ken-ichi Miyamoto.

    Salivary Pi Handling May Be under the Control of Gastrointestinal Pi Sensing.

    American Society of Nephrology. Kidney Week 2016. Chicago, IL. 11/15-20.

 

5. Sawako Tatsumi, Atsumi Miyagawa, Osamu Fujii, Mao Ogata, Ichiro Kaneko, Hiroko Segawa, Ken-ichi Miyamoto.

    Hepatectomy-Induced Hypophosphatemia: Mechanisms Underlying Downregulation of Phosphate Transport in the Small Intestine.

    American Society of Nephrology. Kidney Week 2016. Chicago, IL. 11/15-20.

 

 

●学会発表等

1.    辰巳佐和子, 藤井理, 宮川淳美, 宮本賢一.

骨と健康寿命の検討について.

3回日本栄養改善学会四国支部学術総会. 四国大学(徳島市)平成284/23. 一般講演.

 

2.    宮本賢一.

リンと食生活.

61回日本透析医学会企業共済シンポジウム. リーガロイヤルホテルNCB(大阪市)平成28611. キッセイ薬品

 

3.    川端優佳, 瀬川博子, 結城志帆子, 中山彰吾, 藤井公, 生田かよ, 花崎愛, 野津圭二郎, 西口詩織, 金子一郎, 辰巳佐和子, 宮本賢一.

形態の異なるリン化合物接種に対する生体への影響.

70回日本栄養•食糧学会大会. 神戸ポートピアアホテル(神戸市)武庫川女子大学(西宮市)平成285/13-15. 一般演題.

 

4.    瀬川博子.

リンの蛋白質吸収促進作用; FGF23の役割.

4回日本腎不全栄養研究会学術集会•総会. 神戸国際会議場(神戸市)平成286/25-2626)一般演題.

 

5.    辰巳佐和子, 藤井理, 宮川淳美, 宮本賢一.

骨と健康寿命の検討について.

63回日本栄養改善学会リンクステーションホール青森(青森市)平成289/6-98)一般口演.

 

6.    辰巳佐和子.

CKD-MBDと食欲の連関.

3回腎と栄養研究会. KPP八重洲ビル(東京都)平成289/24. セッション

 

7.    辰巳佐和子, 高濱和子, 小柳悟, 宮本賢一.

Elucidation of the circadian rhythm in renal phosphate excretion(腎臓リン排泄における概日リズムの解明).

23回日本時間生物学会学術大会. 名古屋大学豊田講堂平成2811/12-1312)ポスター発表.

 

8.    高濱和子, 辰巳佐和子, 宮川淳美,藤井理, 新垣友啓, 緒方雅央, 木下瑛美, 金子一郎, 瀬川博子, 宮本賢一.

リン代謝動態の概日リズム形成機序解明.

49回日本栄養•食糧学会中国•四国支部大会. 徳島大学(徳島)平成2811/12-1312.ポスター発表.

 

9.    瀬川博子, 佐々木祥平, 結城志帆子, 金子一郎, 辰巳佐和子, 宮本賢一.

生体内リン恒常性におけるIntestinal Alkaline Phosphatase (IAP)の役割.

1CKDMBD研究会学術集会•総会. コクヨホール東京•品川平成293/4. 一般口演

 

10.  瀬川博子, 宮本賢一.

消化管リン輸送機構の役割.

日本農芸化学会2017年度大会. 京都女子大学(京都)平成293/182018)シンポジウム.

 

 

学会主催(社会貢献)

    49回日本栄養•食糧学会中国•四国支部大会、平成281112日~13.

    徳島大学蔵本キャンパス藤井節郎記念医科学センター.

 

お問い合わせ

分子栄養学分野
電話:088-633-7082