業績集 2014年

2014年5月27日

論文

 1.Ohnishi R, Segawa H, Ohmoto T, Sasaki S, Hanazaki A, Mori A, Ikuta K, Furutani J, Kawakami E, Tatsumi S, Hamada Y, Miyamoto K.

Effect of dietary components on renal inorganic phosphate (Pi) excretion induced by a Pi-depleted diet. J Med Invest. 2014;61(1-2):162-70.

 

2.Tatsumi S, Fujii O, Miyagawa A, Miyamoto K.Sodium-dependent inorganic phosphate transporters and biomineralization.

Clin Calcium. 2014 Feb;24(2):249-55.

 

3.Nakahashi O, Yamamoto H, Tanaka S, Kozai M, Takei Y, Masuda M, Kaneko I, Taketani Y, Iwano M, Miyamoto K, Takeda E.

Short-term dietary phosphate restriction up-regulates ileal fibroblast growth factor 15 gene expression in mice. J Clin Biochem Nutr. 2014 Mar;54(2):102-8.

 

4.Ikeda S, Yamamoto H, Masuda M, Takei Y, Nakahashi O, Kozai M, Tanaka S, Nakao M, Taketani Y, Segawa H, Iwano M, Miyamoto K, Takeda E.

Downregulation of renal type IIa sodium-dependent phosphate cotransporter during lipopolysaccharide-induced acute inflammation. Am J Physiol Renal Physiol. 2014 Apr 1;306(7):F744-50.

 

5.Nomura K, Tatsumi S, Miyagawa A, Shiozaki Y, Sasaki S, Kaneko I, Ito M, Kido S, Segawa H, Sano M, Fukuwatari T, Shibata K, Miyamoto K.

Hepatectomy-related hypophosphatemia: a novel phosphaturic factor in the liver-kidney axis. J Am Soc Nephrol. 2014 Apr;25(4):761-72.

 

6.Kuwahara M, Bannai K, Segawa H, Miyamoto KI, Yamato H.
Cardiac remodeling associated with protein increase and lipid accumulation in early-stage chronic kidney disease in rats. Biochim Biophys Acta. 2014 May 2.

 

7..Kido S, Fujihara M, Nomura K, Sasaki S, Mukai R, Ohnishi R, Kaneko I, Segawa H, Tatsumi S, Izumi H, Kohno K, Miyamoto KI.
Molecular Mechanisms of Cadmium-Induced Fibroblast growth Factor 23 Upregulation in Osteoblast-Like Cells. Toxicol Sci. 2014 Jun;139(2):301-16.

 

8, Matsuo A, Iida A, Tanimoto M, Matsushita M, Miyamoto KI, The Utility of the phosphate binder, ferric citrate hydrate (JTT-751), about phosphorus absorption-reducing effect in normal rats.

Ren Fail 2014 in press 

 

シンポジウム

 1.Kenichi-Miyamoto.「Dietary management of phosphate: Gastrointestinal phosphate handling in CKD」
International Society for Hemodialysis.(第7回国際血液透析学会議(ISHD 2014)).4/25-27(25)沖縄コンベンションセンター(沖縄).

 2.宮本賢一,濱田康弘.
「腎臓病専門栄養師の設立に向けて」第59回日本透析医学会学術集会・総会.
6/12-15(13)神戸ポートピアホテル

3.Hiroko Segawa,Kayo Ikuta, Yuji Shiozaki, Ichiro Kaneko, Kenichi Miyamoto.
上皮バリア・輸送に関するシンポジウム.“Gastrointestinal phosphate handling.”11/1-2(1). 立命館大学BKCローム記念館

 

一般口演

1.生田かよ,瀬川博子,向井朋,佐々木祥平,森絢加,花崎愛,森藤久美子,安井可奈子,石川康子,上田乙也,堀場直,寺社下浩一,福島直,宮本賢一.
生体内リン代謝調節機構における唾液腺の関与.第68回日本栄養・食糧学会大会.5/30-6/1(1).酪農学園大学(北海道).

 

2.宮川淳美,辰巳佐和子,野村憲吾,永元健太,瀬川博子,宮本賢一.
NAD合成律速酵素Namptを介したリン代謝制御機構. 第68回日本栄養・食糧学会大会.5/30-6/1(1).酪農学園大学(北海道).

 

3.齋藤直朗,李敏啓,辰巳佐和子,池田恭治,網塚憲生,小林正治.
骨細胞特異的死滅マウスの骨小腔基質溶解における微細構造学的検索.第34回日本骨形態計測学会.6/12-6-14(14).さっぽろ芸文館(北海道)

 

4.辰巳佐和子,野村憲吾,宮川淳美,永元健太,藤井理,瀬川博子,宮本賢一.
ニコチンアミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(Nampt)を介した全身性リン代謝制御機構についての検討. ※優秀演題賞
第57回日本腎臓学会学術総会.7/4-6(6)パシフィコ横浜(神奈川)

 

5.宮本賢一.
腎臓とリン代謝. 第57回日本腎臓学会学術総会.7/4-6(6)パシフィコ横浜(神奈川) (オーバービュー)

 

6.辰巳佐和子,野村憲吾,宮川淳美,永元健太,瀬川博子,宮本賢一.
肝臓切除に伴う低リン血症発症機構の解明:ニコチンアミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(Nampt)を介した全身性リン代謝制御機構についての検討.
第32回日本骨代謝学会学術集会.7/24-26(26)大阪国際会議場(大阪)

 

7.瀬川博子.

唾液リン吸着療法の有用性:動物モデルを用いた唾液リン排泄の検討.

第一回腎と栄養研究会.9/27 AP品川(東京).

 

8.緒方雅央,辰巳佐和子,藤井理,阪口晴菜,新垣友啓,宮川淳美,永元健太,高濱和子,廣畠佑希子,金子一郎,瀬川博子,宮本賢一.

骨細胞除去マウスのカルシウム/リン代謝異常解析について.第47回日本栄養・食糧学会 中国・四国支部大会.11/15-16(16)四国大学交流プラザ(徳島).

 

9.桑原三恵子,坂内堅二,瀬川博子,宮本賢一,大和英之.

ラット腎不全初期における心臓モデリングには尿素毒素物質が影響している

第5回腎不全研究会.12/13.全社協・灘尾ホール(東京).

 

 

国外発表

1.Ikuta K, Segawa H, Sasaki S, Kaneko I. Shiozaki Y, Tatsumi S, Miyamoto K.

Inorganic Phosphate Handling in Salivary Glands.  

American Society of Nephrology (米国腎臓学会).ペ11/11-16.ンシルバニアコンベンションセンター(フィラデルフィア、PA)

 

 

著書・総説

 1.大西律子,佐々木祥平,宮本賢一.
「リン代謝異常の病態・診断から治療まで」Medical Practice Vol.31No.5.2014.763-767(166頁). 出版社:株式会社「文光堂」.(平成26年5月1日発行)

 

2.塩崎雄治,宮本賢一.
「FGF23(骨分泌性繊維芽細胞増殖因子)」医学のあゆみVol.249 No5.2014.427P(508頁). 出版社:医歯薬出版株式会社(平成26年5月3日発行)

 

3.辰巳佐和子,瀬川博子,宮本賢一.

「骨のリン利尿因子」透析医学 472-475(719頁)・出版社:医薬ジャーナル社(平成26年6月20日発行)

 

4.瀬川博子.
特集Q6「リンには、どのようなはたらきがあるの?」
透析ケア 2014vol.20no.7(617)23-(619)25 出版社:メディカ出版 ※総頁(700)106
2014年7月1日発行

 

5. 瀬川博子.
特集Q8「リン、カルシウム、PTH、ビタミンDはどのように作用し合うの?」
透析ケア 2014vol.20no.7(623)29-(625)31 出版社:メディカ出版 ※総頁(700)106  2014年7月1日発行

 

6.塩崎雄治,宮本賢一.
「糖質(炭水化物)」 臨床栄養実践ガイド2-7 出版社:中外医学社 総頁(264)
2014年8月25日発行

 

7.佐々木祥平,宮本賢一.
「タンパク質の代謝と栄養価(アミノ酸スコア)」臨床栄養実践ガイド8-15 出版社:中外医学社 総頁(264)2014年8月25日発行

 

8.宮本賢一.
「脂質の代謝と必要量」臨床栄養実践ガイド16-21 出版社:中外医学社 総頁(264)2014年8月25日発行

9.瀬川博子,生田かよ,宮本賢一.

「リンの吸収と排泄の分子機構.」CLINICAL CALCIUM 2014Vol.24 No.12 出版社:医薬ジャーナル社 2014年11月28日発行

 

10.辰巳佐和子,金子一郎,瀬川博子,宮本賢一.

「生体内リン恒常性維持機構―多臓器関連制御」Drug Delivery System(Official Journal of the Japan Society of Drug Delivery System)2014Vol.29 Nov No.5 408-416.

2014年11月25日発行.日本DDS学会.

 

11.宮本賢一,上畑陽子.

「腎臓病領域における専門栄養師育成-諸外国との比較検討-」日本透析医学会雑誌(The journal of Japanese Association of Dialysis Physicaans.)Vol.29 No.3 December2014. P383-389.

2014年11月25日発行

 

12.辰巳佐和子,藤井理,阪口晴菜,緒方雅央,新垣友啓,宮本賢一.

「骨細胞の生理機能-骨細胞除去マウスの解析」腎と骨代謝,Vol28.No.1 P57-61. 出版社:日本メディカルセンター 2015年1月1日発行.

 

13.塩崎雄治,宮本賢一.「リンの栄養学-食物中のリンと食品添加物」腎と骨代謝.Vol28.No1.P69-78.出版社:日本メディカルセンター 2015年1月1日発行.

 

特別講演(招待)

1.宮本賢一.
「栄養とリン:最新の知見」
第6回大分ホスレノールセミナー 7/17 全労済ソレイユ(大分県)バイエル薬品

 

2. 宮本賢一.
「リン代謝研究における新展開」第4回広島腎不全代謝病態懇話会.8/28.
オリエンタルホテル広島(広島県)協和発酵キリン.

 

3.宮本賢一.

 「リンの栄養管理:消化と吸収面から再考する」愛媛県透析合併症対策講演会~愛媛腎不全研究会~松山全日空ホテル(愛媛)9/20.

 

4.宮本賢一.

「リンバランスの調節機序:最近の知見」腎不全特別講演会 KUREHA 化学研究センター(東京).9/28.

 

5.宮本賢一.

「血中リン濃度の維持機構:多臓器連関について」第46回臨床体液研究会.東京慈英会医科大学 南講堂(東京).9/27.

 

6.宮本賢一.

「リンと栄養:最近の知見」第16回透析に関する勉強会.中外製薬(株)大阪支店(大阪)10/9.

 

7.宮本賢一.

「リン代謝と栄養:最近の知見」第10回長時間透析研究会 長時間透析と栄養ホテルさっぽろ芸文館(札幌)11/16.

 

8.宮本賢一.

ランチョンセミナー「リン過剰とその制御破綻:最近の知見」第5回腎不全研究会.全社協・灘尾ホール(東京)12/13.

お問い合わせ

分子栄養学分野
電話:088-633-7082