業績集 2011年

2012年4月5日

英文

1)Nagai S, Okazaki M, Segawa H, Bergwitz C, Dean T, Potts JT, Jr Mahon MJ, Gardella TJ, Hippnet H.

Acute down-regulation od sodium-dependent phosphate transporter NPT2a involves predominantly the cAMP/PKA pathway as revealed by signaling-selective parathyroid hormone analogs. 

J Biol Chem. 2011:14:286(2):1618-26.

 

2)Fukagawa M, Komaba H, Miyamoto K.

Source matters : from phosphorus load to bioavailability. Clin J Am Soc Nephrol. 2011 Feb:6(2):239-40.

 

3)Tanimura A, Yamada F, Saito A, Ito M, Kimura t, Anzai N, Horie D, Yamamoto H, Miyamoto K, Taketani Y, Takeda E.

Analysis of deifferent complexes of type IIa sodium-dependent phosphate transporter in rat renal cortex using blue-native polyacrylamide electrophoresis.

J Med Invest. 2011:58(1-2):140-7.

 

4)Liu Z, Segawa H, Aydin C, Erben RG, Weinstein LS, Chen M, Marshansky V, Frohlich LF, Bastepte M.

Transgenic overexpression of the extra-large Gsa variant XLas enhances Gsa-mediated responses in the mouse renal proximal tubule in vivo. Endocrinology 2011 152(4):1222-33.

 

5)Matsumoto T, Kuriwaka-Kido R, Kondo T, Endo I, Kido S.

Regulation of osteoblast differentiation by interleukin-11 via AP-1 and Smad signaling. Endocr J. 2012Feb29;59(2):91-101.

 

6)Miyamoto K, Haito-Sugino S, Kuwahara S, Ohi A, Nomura K, Ito M, Kuwahata M, Kido S, Tatsumi S, Kaneko I, Segawa H.

Sodiumu-dependent phosphate cotransporters:Lessons from gene knockout and mutation studies. J Pharm Sci 2011:100(9):3719-30.

 

7)Kuwahata M, Kubota H, Amano S, Yokoyama M, Shimamura Y, Ito M, Ogawa A, Kobayashi Y, Miyamoto K, Kido Y.

Dietary medium-chain triglycerides attenuate hepatic lipid deposition in growing rats with protein malnutrition. J Nute Sci Vitaminol (Tokyo).2011:57(2):138-43.

 

8)Ishisaka A, Ichikawa S, Sakakibara H, Piskula MK, Nakamura T, Kato Y, Ito M, Miyamoto K, Tsuji A, Kawai Y, Terao J.

Accumulation of orally administered quercetin in brain tissue and its antioxidative effects in rats. Free Radic Biol Med.2011:51(7):1329-36.

 

9)Ohi A, Hanabusa E, Ueda O, Segawa H, Horiba N, Kaneko I, Kuwahara S, Mukai T, Sasaki s, Tominaga R, Furutani J, Aranami F, Ohtomo S, Oikawa Y, Kawase Y, Wada N,Tachibe T,

Kakefuda M, Tateishi H, Matsumoto K, Tatsumi S, Kido S, Fukushima N, Jishage KI, Miyamoto K.

Inorganic phosphate homeostasis in sodium-dependent phosphate co-transpoter Npt2b+/-mice. Am J Physiol Renal Physiol 2011;301(5):F1105-13.

 

10)Haito-Sugino s, Ito M, Ohi A, Shiozaki Y, Kangawa N, Nishiyama T, Aranami F, Sasaki S, Mori A, Kido S, Tatsumi S, Segawa H, Miyamoto KI.

Processing and stability of type IIc sodium-dependent phosphate cotransporter mutations in patients with hereditary hypophosphatemic rickets with hypercalciuria.

Am J Physiol Cell Physiol.2011

 

11)Ohi A, Nomura K, Miyamoto K.

Calcium pros and cons significance and risk of phosphorus supplementation.The risk of dietary phosphorus intake. Clin Calcium 2011 Dec21:(12)171-4.Japanese.

 

12)Kuwahara S, Aranami F, Segawa H, Onitsuka A, Honda N, Tominaga R, Hanabusa E, Kaneko I, Yamanaka S, Sasaki S, Ohi A, Nomura K, Tatsumi S, Kido S, Ito M, Miyamoto K.

Identification and functional analysis of a splice variant of mouse sodium-dependent phosphate transporter Npt2c. J Med Invest 2012 Feb59(1-2);116-26

 

13)Kido S, Kaneko I, Tatsumi S, Segawa H, Miyamoto KI.

Vitamin D and type II sodium-dependent phosphate cotransporters. Contrib Nephrol 2012. Review

 

 

和文・総説・著書

1)大井彰子,桑原頌治,木戸慎介,宮本賢一. リン,亜鉛,銅. 47-51.循環器医のための知っておくべき電解質異常.(メディカルレビュー社)

 

2)宮本賢一,中屋豊. 高リン血症と低リン血症.216-220. 循環器医のための知っておくべき電解質異常.(メディカルレビュー社)

 

3)宮本賢一,古谷順也,桑原頌治,大井彰子,瀬川博子. 第3章ペプチドトランスポーターの機能と生理作用.63-80. 栄養・食品機能とトランスポーター(けんぱく社)

 

4)伊藤 美紀子,宮本 賢一,辰巳 佐和子. 栄養不良の定義.71-81. 腎不全医療における栄養管理の基礎知識(日本メディカルセンター)

 

5)瀬川博子,大井彰子,宮本賢一.  リン酸トランスポーターと疾患:23-27. Bio Clinica 腎臓トランスポーター異常による疾患 Vol26 No11 OCT 2011(北隆館)

 

7)桑原頌治,野村憲吾,大井彰子,宮本賢一.FGF23およびKlothoによる尿細管でのリン輸送制御機序.腎と透析Mar2012, Vol.72 No.3 311-315.(東京医学社)

 

8)宮本賢一 他. 動物を用いた栄養生化学および栄養関連酵素実験. 栄養生化学実験.149-177.(共立出版株式会社)

 

9)坂井建雄, 宮本賢一, 小西真人, 工藤宏幸. 改訂第2版 カラー図解 人体の正常構造と機能X運動器.(日本医事新報社)

 

 

国際学会

1)Ohi A,  Haito-Sugino S, Ito M,  Shiozaki Y,  Nomura K,  Kusaka Y,  Sasaki S,  Ohnishi S,  Yamaguchi S,  Kido S,  Tatsumi S,

Molecular Consequences of the SLC34A3 Mutations of Hereditary Hypophosphatemic Rickets with Hypercalciuria(HHRH) .J Am Soc Nephrol.Pencilvania convention center in Philadelphia, Nov8-13( 10)

 

2)Hatano, Tamura A,Segawa, H  Miyamoto K,  Tsukita S, Asano S,

Ezrin Is Essential for the Phosphate Reabeorption in the Renal Proximai Tubule. J Am Soc Nephrol.Pencilvania convention center in Philadelphia,Nov8-13(10)

 

3)Segawa S,  Mukai T,  Ohnishi S,  Sasaki S,  Ohi A,  Kuwahara S,  Kido S,  Tatsumi S, Ishikawa Y,  Ueda O,  Horiba N,  Jishage K,   Fukushima N,  Miyamoto K,

Role of Sodium-Dependent Phosphate(Pi)Transporter(Npt2b)on Salivary Pi Secretion.J Am Soc Nephrol.Pencilvania convention center in Philadelphia,Nov8-13(11)

 

4)Nomura K,  Tatsumi S,  Shiozaki Y, Yamaguchi S,  Kamatani T,  Segawa H,  Kido S,  Miyamoto K,

Post-Hepatectomy Hypophosphatemia in Rats.  J Am Soc Nephrol.Pencilvania convention center in Philadelphia, Nov8-13(12)

 

5)Jun Guo,  Segawa S, Minlin Liu, Lige Song, F Richard Bringhurst, K. Miyamoto, Henry M Kronenberg, and Harald Juppner.

Phospholipase C signaling through the PTH/PTHrP receptor is required for serum phosphate homeostasis but not for serum 1,25(OH)2D3.

American Society for Bone and Mineral Reseach , San Diego, Calfornia, USA Sep16-20

 

 

国内学会

1)山本浩範,増田真志,香西美奈,中橋乙起,池田翔子,竹谷豊,瀬川博子,宮本賢一,武田英二.

レチノイン酸受容体RAR/RXRを介したナトリウム依存性リン酸輸送担体遺伝子の発現調節機構.第65回日本栄養・食糧学会大会,5/13-15(15)お茶の水女子大学,東京.

 

2)辰巳佐和子,菊井聡子,野村憲吾,斎藤友紀子,塩崎雄治,山口誠一,木戸慎介,瀬川博子,宮本賢一.

リン代謝におけるカルシウム受容体の役割.第65回日本栄養・食糧学会大会,5/-13-15(15)お茶の水女子大学,東京.

 

3)木戸慎介,藤原真理奈,中川航司,瀬川博子,辰巳佐和子,宮本賢一.

イタイイタイ病に見られる骨障害の発症・進展におけるFGF23の関与.第65回日本栄養・食糧学会大会,5/-13-15(15)お茶の水女子大学,東京.

 

4)中橋乙起,山本浩範,田中更紗,向原理恵,池田翔子,橋本脩平,竹谷豊,宮本賢一,加藤茂明,武田英二.

リン制限食によるFibroblast growth factor15遺伝子の発現制御機構. 第65回日本栄養・食糧学会大会,5/-13-15(15)お茶の水女子大学,東京.

 

5)瀬川博子,古谷順也,桑原頌治,辰巳佐和子,木戸慎介,宮本賢一.

慢性腎臓病における食事リンによる腸管ペプチドトランスポーター調節. 第65回日本栄養・食糧学会大会,5/-13-15(15)お茶の水女子大学,東京.

 

6)塩崎雄治,杉野さきこ,大井彰子,辰巳佐和子,伊藤美紀子,宮本賢一.

高カルシウム尿を伴う遺伝性低リン血症性クル病の原因遺伝子リン酸トランスポーターNPT2cの変異体解析.第54回日本腎臓学会学術総会,6/15~17(16)パシフィコ横浜,横浜.

 

7)山本浩範,池田翔子,増田真志,香西美奈,瀬川博子,竹谷豊,宮本賢一,武田英二(2011)敗血症時におけるリン代謝異常の分子メカニズムの解析.第29回日本骨代謝学会学術集会,7/28~30(28)大阪国際会議場,大阪.

 

8)木戸慎介,藤原真理奈,瀬川博子,辰巳佐和子,宮本賢一.

イタイイタイ病に見られる骨障害の発症・進展におけるFGF23の関与. 第29回日本骨代謝学会学術集会,7/28~30(30)大阪国際会議場,大阪.

 

9)山本浩範,増田真志,香西美奈,池田翔子,瀬川博子,竹谷豊,宮本賢一,武田英二.
レチノイン酸はIIb型リン酸トランスポーターNpt2b発現を抑制し小腸リン吸収を低下させる。第29回日本骨代謝学会学術集会,7/28~30(30)大阪国際会議場,大阪.

 

10)竹谷豊,ウ” ウ”ァンタン,宮本賢一,山本浩範,武田英二.

リン制限食はアデニン誘発性CKDモデルラットにおける血管内皮機能障害を改善する.第29回日本骨代謝学会学術集会,7/28~30(30)大阪国際会議場,大阪.

 

11)竹谷豊,山本浩範,奥村仙示,宮本賢一,武田英二.

慢性腎臓病モデルラットにおけるリン摂取制限による血管内皮機能改善効果,第58回日本栄養改善学会学術総会,9月9日広島国際会議場,広島.

 

12)辰巳佐和子,真鍋舞,宮本賢一.シナカルセト塩酸塩によるリン代謝,第58回日本栄養改善学会学術総会,9月10日広島国際会議場,広島

 

13)大西沙織,大井彰子,杉野紗貴子,木戸慎介,辰巳佐和子,瀬川博子,宮本賢一.

Hereditary hypophosphatemic rickets with hypercalciuria(HHRH)やFanconi’s syndromeにおける低リン血症の分子機構解明,第41回日本腎臓学会西部学術大会,9/30あわぎんホール,徳島.

 

14)向井朋,瀬川博子,佐々木祥平,桑原頌治,宮本賢一.

ナトリウム依存性リン酸トランスポーターNpt2bの新たな生理機能の解明,第41回日本腎臓学会西部学術大会,9/30あわぎんホール,徳島.

 

15)橋本由衣,木戸慎介,藤原真理奈,近藤剛史,瀬川博子,遠藤逸郎,辰巳佐和子,松本俊夫,宮本賢一.

糖尿病合併症発症におけるFGF23/Klothoの関与.第44回日本栄養食糧学会中四国支部大会、岡山、11月12-13日

 

16)釜谷達哉,辰巳佐和子,山口誠一,吉見文子,野村憲吾,木戸慎介,瀬川博子,宮本賢一.骨細胞とリン代謝. 第15回日本病態栄養学会年次学術集会、京都、1月14-15日(14)

 

17)藤原真理奈,木戸慎介,瀬川博子,辰巳佐和子,宮本賢一.カドミウム汚染によるリン代謝異常:骨軟化症発症機序の検討. 第15回日本病態栄養学会年次学術集会、京都、1月14-15日(14)

 

18)向井朋,瀬川博子,石川康子,大西沙織,佐々木祥平,桑原頌冶,堀場直,木戸慎介,福島直,宮本賢一.

ナトリウム依存性リン酸トランスポーターNpt2bの新たな生理機能の解析. 第15回日本病態栄養学会年次学術集会、京都、1月14-15日(14)

 

19)木戸慎介,橋本由衣,藤原真理奈,遠藤逸朗,瀬川博子,辰巳佐和子,松本俊夫,宮本賢一.

糖尿病に併存する腎障害・骨障害の発症及び進展におけるFGF23の関与. 第15回日本病態栄養学会年次学術集会、京都、1月14-15日(14)


20)宮本賢一,向井朋,辰巳佐和子,木戸慎介,瀬川博子.リン代謝における腸管の役割. 第15回日本病態栄養学会年次学術集会、京都、1月14-15日(14)

 

21)藤原真里奈,木戸慎介,瀬川博子,辰巳佐和子,宮本賢一.

カドミウム汚染によるリン代謝異常;骨軟化症発症機序およびバイオマーカーの探索. 第244回徳島医学会学術集会、徳島(長井記念ホール)、2/12

 

22)宮本賢一.カドミウムと低リン血症.第82回日本衛生学会学術総会.京都(京都大学吉田キャンパス)3/24-26(26).

 

研究会

1)瀬川博子. リン酸化代謝調節機構の分子基盤解明.第2回ビタミンD基礎研究会 KATOプロジェクトミーティング.6/28 東京

 

2)宮本賢一.リン代謝の話題:新しい展開とその理解に向けて.信州CKD血管障害研究会~透析と栄養を考える~7/23 長野(主催:バイエル)

 

3)辰巳佐和子. 高リン血症治療標的としての腸管リンセンシング機構の解明とリンセンサー分子の探索,慢性腎臓病(CKD)病態研究会7/30東京(中外)

 

4)野村憲吾. 腎臓切除とリン代謝.第5回瀬戸内フォーラム8/27神戸.

 

5)野村憲吾,辰巳佐和子,山口誠一,塩崎雄治,菅生陵馬,木戸慎介,瀬川博子,宮本賢一. 肝臓切除による低リン血症発症メカニズムの解明.第30回腎と骨代謝研究会学術集会10/8東京

 

6)藤原真理奈,木戸慎介,荒波史,中川航司,瀬川博子,辰巳佐和子,宮本賢一.

カドミウムによるFibroblast growth factor23(FGF23)発現調節機序の検討. 第30回腎と骨代謝研究会学術集会10/8東京

 

7)瀬川博子.生体内リン代謝調節機構.第15回BMC研究会10/21川越.

 

8)山口誠一,辰巳佐和子,釜谷達哉,吉見文子,木戸慎介,瀬川博子,宮本賢一. 骨細胞とリン代謝.第18回徳島骨代謝研究会11/4.徳島(ホテルクレメント徳島)

 

9)大井彰子. 高カルシウム尿症を伴う遺伝性低リン血症くる病の原因遺伝子SLC34A3の変異と病態解析.教育クラスターミニリトリート1/6-7.淡路(淡路ウェスティンホテル)

 

10)野村憲吾. 肝リン利尿因子の探索教育クラスターミニリトリート1/6-7.淡路(淡路ウェスティンホテル)

 

11)宮本賢一. 慢性腎臓病におけるリンの話題.第78回大阪透析研究会3/11.大阪(大阪国際会議場)(共済:バイエル薬品株式会社)

特別講演

1)宮本賢一. リン調節ホルモンと臓器相関:最新の知見.第23回Kobe Parathyroid and Bone Forum.6/2 神戸
協和発酵キリン主催.

 

2)宮本賢一. リン代謝の話題:新しい展開とその理解に向けて.ホスレノール発売2周年記念講演会.7/12 相模原市

 

3)瀬川博子.リン代謝調節機構 up to date.第56回日本透析医学会学術集会・総会,6/16~18(17)パシフィコ横浜,横浜 ※イブニングセミナーにて演者

 

4)宮本賢一. リン代謝の話題:新しい展開とその理解に向けて.20th北海道MBD研究会,9/19札幌

 

5)宮本賢一. 慢性腎臓病とFGF23/Klotho:最近の知見.臓器保護と治療研究会.9/26仙台


8)宮本賢一. リン代謝の新しい話題:新しい展開とその理解に向けて.西三河CKD-MBD研究会.10/29岡崎.

 

9)宮本賢一. リン代謝の話題:新しい展開とその理解に向けて.第14回腎と栄養代謝研究会in京都.12/17 京都.

 

10)宮本賢一. 慢性腎臓病におけるリンの管理.徳島県病院薬剤師会学術講演会.1/17 徳島.

 

11)瀬川博子. 生体内リン代謝調節機構.第27回小児成長研究会.2/4 東京・霞山会館

 

12)宮本賢一. リンバランスとその調節.第1回湘南電解質キャンプ.2/10 神奈川・大磯プリンスホテル

教室主催

1)第1回徳島大学農工食連携シンポジウム「消化管機能制御を目指す機能性食品開発」 
宮本賢一.我が国における機能性食品開発の現状.徳島大学医学部基礎第二講義室. 5/27

 

2)第4回革新的特色研究シンポジウム「抗老化のための栄養科学と骨疾患克服」2012/1/18 徳島大学医学部第一会議室

 

3)第244回徳島医学会学術集会「メンタルヘルスと栄養」市民公開シンポジウム、2012年2月12日 徳島大学長井記念ホール.

 


班会議

1)辰巳佐和子 「骨細胞と腎臓/腸管を結ぶ無機リン酸イオン調節の分子制御機序解明」
新学術領域研究「統合的多階層生体機能学領域の確立とその応用」平成23年度領域全体会議.6/19-20(19)大阪大学中之島センター,大阪.

 


ワークショップ

1)瀬川博子,大井彰子,桑原頌治,宮本賢一(2011)リン酸トランスポーターと慢性腎臓病.第54回日本腎臓学会学術総会,6/15~17(16)パシフィコ横浜,横浜.

 

企画した研究会

1)第30回腎と骨代謝研究会 学術集会 10/8(土)経団連会館

お問い合わせ

分子栄養学分野
電話:088-633-7082