業績集 2010年

2012年3月16日

英文

1)Ito M, Sakurai A, Hayashi K, Ohi A, Kangawa N, Nishiyama T, Sugino S, Uehata Y, Kamahara A, Sakata M, Tatsumi S, Kuwahata M, Taketani Y, Segawa H, Miyamoto KI.

An apical expression signal of the renal type IIc Na+ -dependent phosphate cotransporter in renal epithelial cells.

Am J Phisiol Renal Physiol. 2010 Apr 21.

 

2)Tomoe Y, Segawa H, Shiozawa K, Kaneko I, Tominaga R, Hanabusa E, Aranami F, Furutani J, Kuwahara S, Tatsumi S, Matsumoto M, Ito M, Miyamoto KI.

Phosphaturic action of fibroblast growth factor 23 in Npt2 null mice.

Am J Renal Physiol.2010 Mar 31.

 

3)Aranami F, Segawa H, Furutani J, Kuwahara S, Tominaga R, Hanabusa E, Tatsumi S, Kido S, Ito M, Miyamoto K.

Fibroblast growth factor 23 mediates the phosphaturic actions of cadmium.

J Med Invest.2010 Feb:57(1-2):95-108.

 

4)Masuda M, Yamamoto H, Kozai M, Tanaka S, Ishiguro M, Takei Y, Nakahashi O, Ikeda S, Uebanso T, Taketani Y, Segawa H, Miyamoto K, Takeda E.

Regulation of renal  sodium-dependent phospate co-transporter genes(Npt2a and Npt2c)by all-trans-retinoic acid and its receptors.

Biochem J 429(83):583-92

 

5)Matsumoto N, Hemmi A, Yamato H, Ohnishi R, Segawa H, Ohno S, Miyamoto K.

Immunohistochemical analyses of parathyroid hormone-dependent downregulation of renal type II Na-Pi cotransporters by crybiopsy.

J Med Invest. 2010 57(1-2)138-45.

 

6)Ishiguro M, Yamamoto H, Masuda M, Kozai M, Takei Y, Tanaka S, Sato T, Segawa H, Taketani Y, Arai H, Miyamoto K, Takeda E.

Thyroid hormones regulate phosphate homoeostasis through transcriptional control of the rnal type IIa sodium-dependent phosphate co-transporter(Npt2a)gene.

Biochem J 2010, 427(1)161-9.

 

7)Kaneko I, Segawa H, Furutani J, Kuwahara S, Aranami F, Hanabusa E, Tominaga R, Giral H, Cardas Y,Levi M, Kato S, Miyamoto K.

Hypophosphatemia in vitamin D receptor null mice:effect of rescue diet on the developmental changes in renal Na+-dependent phosphate cotransporters.

Pflugers Arch.2011 Jan;461(1):77-90.

 

8)Fukagawa M, Komaba H, Miyamoto K.

Source matters:From phosphorus load to bioavailability.

Clin J Am Soc Nephrol.2011 feb;6(2):239-40

 

9)Nagai S, Okazaki M, Segawa H, Bergwitz C, Dean T, Potts JT Jr, Mahon MJ, Gardella TJ, Juppner H.

Acutte down-regulation of sodium-dependent phosphate transporter NPT2a involves predominantly the cAMP/PKA pathway as revealed by signaling-selective parathyroid hormone analogs.

J Biol Chem.2011Jan 14;286(2):1618-26.

 

10)Miyamoto KI, Haito-Sugino S, Kuwahara S, Ohi A, Nomura K, Ito M, Kuwahata M, Kido S, Tatsumi S, Kaneko I, Segawa H.

Sodium-dependent phosphate cotransporters:Lessons from gene Knockout and mutation stusies.

J Pharm Sci.2011 May 12.

和文・総説・著書

1)宮本賢一, 古谷順也.

第7章ペプチドにおけるペプチドトランスポーターの役割:151-163. ペプチドと生体利用(建帛社)

 

2)宮本賢一, 瀬川博子.

「巻頭連載」リントランスポーター:1(105)-4(108). 骨粗鬆症治療2010 Vol19 no2(先端医学社)

 

3)宮本賢一, 山口誠一, 辰巳佐和子, 木戸慎介, 瀬川博子.

フォスファトニンとリン:200-202. 腎と透析Aug2010 8 Vol.69 no.2(東京医学社)

 

4)金子一郎, 杉野紗貴子,瀬川博子,宮本賢一.

腎臓と骨代謝関連ホルモン:55(365)-58(368).THE BONE Vol.24 no4(メディカルレビュー社)

国際学会

1)Sawako Tatsumi, Seiichi Yamaguchi, Tatsuya Kamatani, Yuji Shiozaki, Kengo Nomura, Yukiko Saito, Shinsuke Kido, Hiroko Segawa, Ken-Ichi Miyamoto.

Phosphate Homeostasis in Osteocyte-Ablated Mice.

ASN,Colorad Convention Center, Denver,CO.11/16-21(18).

 

2)Hiroko Segawa, Akira Maeda, Thomas J, Gardella, Ken-Ichi Miyamoto, Harald Jueppner.

PTH-Dependent Reglation of Npt2a and Npt2c Expression Appears To Involve Predominantly cAMP/PKA-Dependent Mechanisms.

ASN,Colorad Convention Center, Denver,CO.11/16-21(18).

 

3)Yasuhiro Ichida, Hiroko Segawa, Otoya Ueda, Mami Kakefuda, Naoshi Horiba, Etsuyo Hanabusa, Naoko Wada, Takanori Tachibe, Yosuke Kawase, Kumiko Koguchi, Ishiro Kaneko, Shoji Kuwahara,

Sawako Tatsumi, Shuichi Otomo, Koichi Jishage, Naoshi Fukushima, Keni-Ichi Miyamoto.

Characterization of phosphate metabolism in the Napi-IIb conditional knock-out mice.

ASN,Colorad Convention Center, Denver,CO.11/16-21(18).

国内学会

1)宮本賢一.

無機リン酸代謝調節に関する分子栄養学的研究, 第64回日本栄養・食糧学会大会(学会賞・奨励賞受賞講演) 5/21-23(21). 徳島

 

2)金子一郎, 瀬川博子, 古谷順也, 桑原頌冶, 荒波史, 富永理恵子, 花房悦世, 辰巳佐和子, 木戸慎介, 加藤茂明, 宮本賢一.

ビタミンDによるリン代謝調節機序の解明.第64回日本栄養・食糧学会大会 5/21-23(22). 徳島

 

3)斉藤友紀子, 辰巳佐和子, 野村憲吾, 菊井聡子 山口誠一, 塩崎雄治, 金子一郎, 瀬川博子, 木戸慎介, 宮本賢一.

リン酸輸送担体遺伝子欠損マウスの病態解析. 第64回日本栄養・食糧学会大会 5/21-23(22). 徳島

 

4)瀬川博子, 花房悦世, 堀場直, 上田乙也, 寺社下浩一, 福島直, 宮本賢一.

高リン血症治療の標的分子探索:腸管リントランスポーターノックアウトマウスの解析. 第64回日本栄養・食糧学会大会 5/21-23(22). 徳島

 

5)池田翔子, 山本浩範, 増田真志, 中橋乙起, 竹谷豊, 宮本賢一, 武田英二.

敗血症におけるリン代謝異常の分子メカニズムの解析.第64回日本栄養・食糧学会大会 5/21-23(22). 徳島

 

6) 野村憲吾, 辰巳佐和子, 菊井聡子, 斉藤友紀子, 塩崎雄治, 山口誠一, 木戸慎介, 宮本賢一.

新規リン利尿因子の探索. 第64回日本栄養・食糧学会大会 5/21-23(22). 徳島

 

7)大井彰子, 富永理恵子, 伊藤美紀子, 西山俊, 杉野紗貴子, 木戸慎介, 辰巳佐和子, 瀬川博子, 宮本賢一.

副甲状腺ホルモン(PTH)によるリン代謝調節機構の解明. 第64回日本栄養・食糧学会大会 5/21-23(22). 徳島

 

8)中橋乙起, 山本浩範, 田中更紗, 増田真志, 竹谷豊, 宮本賢一, 加藤茂明, 武田英二.

Fibroblast Growth Factor15遺伝子の発現に及ぼす食餌性リン及び活性型ビタミンD3の影響. 第64回日本栄養・食糧学会大会 5/21-23(22). 徳島

 

9)谷村綾子, 鎌田歩規代, 竹谷豊, 斉藤亮彦, 堀江大輔, 山本浩範, 宮本賢一, 武田英二.

血清リン濃度調節に関わるナトリウム依存性リン酸トランスポーターNaPi-IIa複合体の構造と機能. 第64回日本栄養・食糧学会大会 5/21-23(22). 徳島

 

10)松本なつき, 逸見明博, 瀬川博子, 大西律子, 宮本賢一, 大和英之.

生体内凍結技法による腎尿細管リントランスポーターの免疫組織解析. 第64回日本栄養・食糧学会大会 5/21-23(23). 徳島

 

11)越智ありさ, 中尾玲子, 山智成, 上村啓太, 古谷順也, 真板綾子, 奥村裕司, 原田晃子, 長野圭介, 片桐綾人, 河村知志, 根本尚夫, 宮本賢一, 二川健.

廃用性筋萎縮を防ぐ抗ユビキチン化ペプチドの開発. 第64回日本栄養・食糧学会大会 5/21-23(23). 徳島

 

12)中川航司, 木戸慎介, 遠藤逸朗, 坂田雅映, 橋本由衣, 佐々木祥平, 辰巳佐和子, 松本俊夫, 宮本賢一.

糖尿病性骨症の発症機序の解明:終末糖化産物(AGEs)によるCanonicalWnt経路抑制機序の解明. 第64回日本栄養・食糧学会大会 5/21-23(23). 徳島

 

 

13)橋本由衣, 木戸慎介, 中川航司, 坂田雅映, 佐々木祥平,  辰巳佐和子, 宮本賢一.

糖尿病発症における抗老化因子Klothoの関与. 第64回日本栄養・食糧学会大会 5/21-23(22). 徳島

 

14)花房悦世, 瀬川博子, 堀場直, 上田乙也, 寺社下浩一, 福島直, 宮本賢一.

小腸リン酸トランスポーターNpt2bノックアウトマウスの解析. 第53回日本腎臓学会学術総会.6/16-18(16)神戸.

 

15)宮本賢一, 花房悦世, 辰巳佐和子, 木戸慎介,  瀬川博子.

腸管とリン代謝. 第28回日本骨代謝学会学術集会.7/21-23.東京.

 

16)山本浩範, 香西美奈, 竹井悠一郎, 竹谷豊, 宮本賢一, 加藤茂明, 武田英二.

甲状腺ホルモン受容体β1を介したビタミンD-1α水酸化酸素(SYP27B1)遺伝子の転写抑制機構. 第28回日本骨代謝学会学術集会.7/21-23.東京.

 

17)木戸慎介, 中川航司,  橋本由衣, 坂田雅映, 辰巳佐和子, 荒波史, 瀬川博子, 宮本賢一.

イタイイタイ病に見られるCd骨症(骨軟化症)の発症・進展におけるFGF23の関与.第28回日本骨代謝学会学術集会.7/21-23.東京.

 

18)中橋乙起, 山本浩範, 田中更紗, 増田真志, 竹谷豊, 宮本賢一, 加藤茂明, 武田英二.

リン制限及び活性型ビタミンDによるFibroblast grouwth Factor15遺伝子発現調節. 第43回日本栄養・食糧学会 中国四国支部大会11/6-7.高知

 

19)藤原真理奈, 木戸慎介, 坂田雅映, 荒波史, 瀬川博子, 橋本由衣,宮本賢一.

イタイイタイ病に見られる骨障害の発症・進展におけるFGF23の関与. 第43回日本栄養・食糧学会 中国四国支部大会11/6-7.高知

 

20)坂田雅映, 木戸慎介, 橋本由衣, 橋本由衣, 瀬川博子, 松本俊夫, 宮本賢一.

FGF23/Klothoを介した新たな腎尿細管リン・カルシウム代謝調節機構の解明. 第14回日本病態栄養学会年次学術集会1/15-16(16).横浜

 

21)大井彰子, 瀬川博子, 花房悦世, 堀場直, 上田乙也, 寺社下浩一, 福島直, 宮本賢一.

高リン血症治療薬の分子標的Npt2bノックアウトマウスの解析.第14回日本病態栄養学会年次学術集会1/15-16(16).横浜

特別講演

1)宮本賢一.

リン酸代謝調節機序:最近の知見. 第1回骨バイオサイエンス研究会.6/12 岡山 (教育講演)

 

2)宮本賢一.

リンの話題. 第33回栃木県透析医学会.9/11 宇都宮 (招待特別講演)

 

3)宮本賢一.

低リン血症くる病の理解に向けて ―生後発達に伴う尿細管リン再吸収障害―. 第28回小児代謝性骨疾患研究会. 12/4 大阪 (特別講演)

 

4)瀬川博子.

リン代謝調節機構up to date. 第5回CKD血管障害研究会. 1/22 神戸 (学術講演会)

研究会

1)木戸慎介, 中川航司, 遠藤逸朗, 坂田雅映, 橋本由衣, 辰巳佐和子, 松本俊夫, 宮本賢一.

糖尿病性骨症の発症機序の解析:終末糖化産物(AGEs)によるCanonical. 第1回骨バイオサイエンス研究会. 6/12 岡山

 

2)辰巳佐和子.

肝臓切除による低リン血症について. 第4回瀬戸内フォーラム. 8/28 神戸

 

3)木戸慎介.

FGF23/Klothoの生理作用について. 第4回瀬戸内フォーラム. 8/28 神戸

 

4)山口誠一, 辰巳佐和子, 釜谷達哉, 塩崎雄治, 野村憲吾, 斉藤友紀子, 木戸慎介, 宮本賢一.

リン代謝における骨細胞の役割. 第29回腎と骨代謝研究会.10/2 東京

 

5)宮本賢一, 木戸慎介.

不動性骨粗鬆症の予防に有効な機能性食品の探索. 第6回機能性宇宙食研究会.11/2 東京

 

6)山本浩範, 香西美奈, 竹谷豊, 宮本賢一, 加藤茂明, 武田英二.

甲状腺疾患におけるビタミンD代謝異常の分子メカニズムの解明. 第28回小児代謝性骨疾患研究会.12/4 大阪

 

7)瀬川博子.

生体内リン代謝調節機構. ストレスと栄養クラスター、ミニリトリート.1/8-9 淡路島

 

8)山口誠一.

骨細胞破壊間マウスにおけるリン代謝調節の検討. 第23回ROD-21研究会.1/22 東京

シンポジウム

1)宮本賢一.

慢性腎臓病におけるリントランスポーターの役割. 第4回革新的特色研究シンポジウム.1/19 徳島大学

 

 

お問い合わせ

分子栄養学分野
電話:088-633-7082