業績集 2007年

2011年10月15日

英文

1)Miyamoto K, Ito M, Tatsumi S, Kuwahata M, Segawa H(2007)New aspect of renal phosphate reabsorption: the type IIc sodium-dependent phosphate transporter. Am J Nephrol. 27(5), 503-15.

2)Segawa H, Yamanaka S, Ohno Y, Onitsuka A, Shiozawa K, Aranami F, Furutani J, Tomoe Y, Ito M, Kuwahata M, Tatsumi S, Imura A, Nabeshima Y, Miyamoto K(2007)Correlation between hyperphosphatemia and type II Na/Pi cotransporter activity in klotho mice. Am J Physiol Renal Physiol. 292(2), F769-79.

3)Kuwahata M, Tomoe Y, Harada N, Amano S, Segawa H, Tatsumi S, Ito M, Oka T, Miyamoto K(2007)Characterization of the molecular mechanisms involved in the increased insulin secretion in rats with acute liver failure. Biochim Biophys Acta, 1772(1), 60-5.

4)Segawa H, Yamanaka S, Onitsuka A, Tomoe Y, Kuwahata M, Ito M, Taketani Y, Miyamoto K(2007)Parathyroid hormone-dependent endocytosis of renal type IIc Na-Pi cotransporter. Am J Physiol Renal Physiol. 292(1), F395-403.
5) Ito M, Haito S, Furumoto M, Uehata Y, Sakurai A, Segawa H, Tatsumi S, Kuwahata M, Miyamoto K(2007)Unique uptake and efflux systems of inorganic phosphate in osteoclast-like cells. Am J Physiol Cell Physiol, 292(1)、C526-34.

6)Chikahisa S, Sano A, Kitaoka K, Miyamoto KI, Sei H(2007)Anxiolytic effect of music depends on ovarian steroid in female mice. Behav Brain Res. 179(1), 50-59.

7)Kitaoka K, Hattori A, Chikahisa S, Miyamoto K, Nakaya Y, Sei H(2007)Vitamin A deficiency induces a decrease in EEG delta power during sleep in mice. Brain Res. May 30(1150), 121-30.

8)Sawada N, Taketani Y, Amizuka N, Ichikawa M, Ogawa C, Nomoto K, Nashiki K, Sato T, Arai H, Isshiki M, Segawa H, Yamamoto H, Miyamoto K, Takeda E(2007)Caveolin-1 in extracellular matrix vesicles secreted from osteoblasts. Bone, 41(1), 52-8.

9)Ohnishi R, Segawa H, Kawakami E, Furutani J, Ito M, Tatsumi S, Kuwahata M, Miyamoto K(2007)Control of phosphate appetite in young rats. J Med Invest. 54(3-4), 366-9.
10)Kuwahata M, Yoshimura T, Sawai Y, Amano S, Tomoe Y, Segawa H, Tatsumi S, Ito M, Ishizaki S, Ijichi C, Sonaka I, Oka T, Miyamoto K(2007)Localization of polypyrimidine-tract-binding protein is involved in the regulation of albumin synthesis by branched-chain amino acids in HepG2 cells.
J Nutr Biochem. 2007 Aug 16; [Epub ahead of print]

11)Tatsumi S, Ito M, Asaba Y, Tsutsumi K, Ikeda K(2007)Life-long caloric restriction reveals biphasic and dimorphic effects on bone metabolism in rodents. Endocrinology. 149(2), 634-641

12)Tatsumi S, Ishii K, Amizuka N, Li M, Kobayashi T, Kohno K, Ito M, Takeshita S, Ikeda K(2007)Targeted ablation of osteocytes induces osteoporosis with defective mechanotransduction. Cell Metab. 5(6), 464-75.
13)Yamamoto T, Michigami T, Aranami F, Segawa H, Yoh K, Nakajima S, Miyamoto K, Ozono K(2007)Hereditary hypophosphatemic rickets with hypercalciuria: a study for the phosphate transporter gene type IIc and osteoblastic function. J Bone Miner Metab. 25(6), 407-13.

 

和文・図書・雑誌

1) 宮本賢一(2007)Ca/P/Mg輸送調節の新展開-基礎と臨床, 腎と骨代謝, 20(1), 7-11. (序説)

2)瀬川博子, 鬼塚朱美, 巴由佳, 宮本賢一(2007)リン輸送異常とKlotho/FGF23, 腎と骨代謝, 20(1), 39-44.

3) 宮本賢一, 瀬川博子, 伊藤美紀子, 辰巳佐和子(2007)α Klothoとリン代謝, CLINICAL CALCIUM, Vol.17, No.5. 54-59.

4) 宮本賢一, 瀬川博子(2007)腎臓とミネラル代謝ホルモン, 日本腎臓学会誌, Vol.49, No.4. 406-411.

5) 宮本賢一(2007)食による体と心の健康, 少年写真新聞 心の健康ニュース, 10月8日発行 第325号付録

6) 宮本賢一, 辰巳佐和子, 伊藤美紀子, 瀬川博子(2007)リン酸の新しい代謝調節作用, CLINICAL CALCIUM, 17(10), 13-20.

7) 桑波田雅士, 伊藤美紀子, 辰巳佐和子, 巴由佳, 宮本賢一(2007)リン摂取量と食品に含まれるリン, 腎と骨代謝, 20(4), 305-312.

8) 宮本賢一, 伊藤美紀子, 辰巳佐和子, 瀬川博子(2007)リン代謝とその異常. 日本医事新報, 第4364号, 67-71.

9) 宮本賢一, 伊藤美紀子(2007)Caの異常[成人]. 日本医師会雑誌特別号, 第136巻 特別号(2), S104-105.

10) 宮本賢一, 伊藤美紀子(2007)Pの異常[成人]. 日本医師会雑誌特別号, 第136巻 特別号(2), S108-109.

11) 宮本賢一, 瀬川博子, 古谷順也, 伊藤美紀子, 辰巳佐和子(2007)Pの役割とその異常, 腎と透析, 63: 増刊号, 96-100.

 

国際学会

1)Segawa H, Onitsuka A, Kuwahata M, Aranami H, Furutani J, Kaneko I, Tomoe Y, Kuwahara S, Amizuka N, Matsumoto M, Miyamoto K(2007)The role of the type IIc sodium-dependent phosphate transporter (Npt2c), which is involved in hereditary hypophosphatemic rickets with hypercalciuria (HHRH). The American Society for Bone and Mineral Research, September 16-19, San Honolulu, USA.

2)Tomoe Y, Segawa H, Sugino S, Ito M, Tatsumi S, Kuwahata M, Miyamoto K(2007)Role of Npt2c in renal Pi reabsorption in Npt2a KO mice. The American Society for Bone and Mineral Research, September 16-19, San Honolulu, USA.

3)Yamamoto H, Masuda M, Ishiguro M, Taketani Y, Segawa H, Miyamoto K, Takeda E(2007)Thyroid Hormones Regulate the Phosphate Homeostasis through the Transcriptional Control of the Renal Type IIa Sodium-Dependent Phosphate Cotransporter (NaPi-IIa) Gene. The American Society of Nephrology, October 31- November 5, San Francisco, USA.


4)Taketani Y, Nakamura A, Kamada F, Segawa H, Ito M, Miyamoto K, Takeda E(2007)Role of Ezrin in the Regulation of Membrane Localization of Type IIa Sodium-Dependent Phosphate Transporter (NaPi-IIa) . The American Society of Nephrology, October 31- November 5, San Francisco, USA.

5)Ohkido I, Hara S, Segawa H, Yokoyama K, Yamamoto H, Miyamoto K, Kawaguchi Y, Hosoya T(2007)Localization of Sodium-Phosphate Cotransporters NaPi-IIa and -IIc in Human Renal Proximal and Distal Tubules. The American Society of Nephrology, October 31- November 5, San Francisco, USA.

6)Furutani J, Segawa H, Sugano M, Bannai K, Yamamoto H, Kuwahara S, Ito M, Takeda E, Miyamoto K(2007)The Molecular Mechanisms for the Alteration of PepT1 Expression in 3/4 Nephrectomized Rats. The American Society of Nephrology, October 31- November 5, San Francisco, USA.


7)Segawa H, Onitsuka A, Aranami F, Tomoe Y, Kaneko I, Furutani J, Ito I, Matsumoto M, Minqi Li, Amizuka N, Kuwahata M, Miyamoto K(2007)Npt2a and Npt2c in Mice Play Distinct and Synergistic Roles in Inorganic Phosphate Metabolism and Skeletal Development. The American Society of Nephrology, October 31- November 5, San Francisco, USA.

 

国内学会

1)古谷順也, 桑原頌治, 瀬川博子, 伊藤美紀子, 桑波田雅士, 菅野三喜男, 宮本賢一(2007)腎不全モデル動物における腸管栄養素吸収機構の変動, 第10回日本病態栄養学会, 1月13-14日, 横浜.

2)桑波田雅士, 吉村共代, 澤居由紀子, 天野佐紀, 巴由佳, 瀬川博子, 辰巳佐和子, 伊藤美紀子, 宮本賢一(2007)ヒト肝癌細胞におけるmTOR依存症アルブミン合成調節機構, 第61回日本栄養・食糧学会, 5月17-20日, 京都.

3)櫻井文, 伊藤美紀子, 林敬治, 大井彰子, 寒川奈津美, 杉野紗貴子, 上畑陽子, 瀬川博子, 辰巳佐和子, 桑波田雅士, 宮本賢一(2007)無機リン酸代謝異常症の解析;リントランスポートソームの構成蛋白の膜移行シグナル, 第61回日本栄養・食糧学会, 5月17-20日, 京都.

4)本田尚子, 鬼塚朱美, 瀬川博子, 荒波史, 伊藤美紀子, 桑波田雅士, 宮本賢一(2007)遺伝性低リン血症性くる病に関与するリントランスポーターNpt2cスプライシングバリアントの同定と機能解析, 第61回日本栄養・食糧学会, 5月17-20日, 京都.

5) 瀬川博子, 鬼塚朱美, 塩澤和代, 巴由佳, 桑波田雅士, 伊藤美紀子, 松本満, 網塚憲生, 宮本賢一(2007)リン代謝調節機構におけるNpt2aとNpt2cの役割, 第50回日本腎臓学会, 5月25-27日, 静岡.

6)金子一郎, 瀬川博子, 鬼塚朱美, 桑原頌治, 伊藤美紀子, 桑波田雅士, 宮本賢一(2007)FGF23によるナトリウム依存性リン酸トランスポーター(SLC34A)発現調節機構の解明, 第2回トランスポーター研究会, 6月9-10日, 東京.

7)瀬川博子, 伊藤美紀子, 桑波田雅士, 宮本賢一(2007)新しいリン代謝調節因子の理解に向けて, 第52回日本透析医学会, 6月15-17日, 大阪.

8)宮本賢一, 伊藤美紀子, 桑波田雅士(2007)食品に含まれる抗うつ成分評価系の開発, 第54回日本栄養改善学会, 9月19-21日, 長崎.

9)上畑陽子, 伊藤美紀子, 拝藤紗貴子, 櫻井文, 林敬治, 大井彰子, 寒川奈津美, 西山俊, 瀬川博子, 宮本賢一(2007)遺伝性低リン血症性くる病(HHRH)原因遺伝子の生理機能解明, 第40回日本栄養・食糧学会中四国支部大会,11月17-18日, 広島.

10)島村仁子, 辰巳佐和子, 福島有佳子, 金子一郎, 瀬川博子, 山本浩範, 竹谷豊, 伊藤美紀子, 桑波田雅士, 武田英二, 宮本賢一(2007)腎臓と骨を結ぶリン代謝系の探索:NaPi-IIc遺伝子プロモーターの検討, 第40回日本栄養・食糧学会中四国支部大会,11月17-18日, 広島.

11)古谷順也, 桑原頌治, 瀬川博子, 伊藤美紀子, 菅野三喜男, 坂内堅二, 宮本賢一(2007)慢性腎不全時における 腸管ペプチド及び、アミノ酸輸送機構の解析, 第1回日本アミノ酸学会,11月22日, 東京.

 

特別講演

1)宮本賢一(2007)無機リン酸代謝と寿命制御, 大学院教育イニシアチブ「食品機能研究の最先端」, 2月23日, 徳島.

2)宮本賢一(2007)腎不全における腸管環境異常, 株式会社クレハ 生物医学研究所特別講演, 4月2日, 東京.

3)瀬川博子, 伊藤美紀子, 桑波田雅士, 宮本賢一(2007)新しいリン代謝調節因子の理解に向けて, 第52回日本透析医学会, 6月16-17日, 大阪.

4)瀬川博子(2007)リン酸トランスポートソームとその破綻, トランスポーターワークショップ in 徳島〜トランスポーター研究の新展開〜, 10月19日, 徳島

5)宮本賢一(2007)慢性腎臓病時のビタミンD/ミネラル代謝:基礎から臨床, 第19回京都ビタミン研究会,12月15日, 京都

 

国内研究会・報告会

1)伊藤 美紀子、櫻井 文、林 敬治、大井 彰子、寒川 奈津美、拝藤 紗貴子、瀬川 博子、宮本 賢一(2007)無機リン酸代謝異常症の解析;リントランスポートソーム構成蛋白の膜移行シグナル 若手トランスポートソーム研究会, 1月28日. 静岡

2)宮本賢一, 瀬川博子, 鬼塚朱美, 伊藤美紀子, 辰巳佐和子(2007)リン再吸収異常によるクル病/骨軟化症の発症機構, 第17回中国・四国骨代謝学会, 7月7日, 岡山.

3)宮本賢一(2007)特定領域研究「生体膜トランスポートソームの分子構築と生理機能」, 1月12日, 京都.

4)宮本賢一(2007)リントランスポートソームの機能制御とその異常, 特定領域研究「膜輸送複合体」, 7月23-25日, 神奈川.

5)辰巳佐和子, 八杉昌憲, 巴由佳, 島村仁子, 福島有佳子 伊藤美紀子, 瀬川博子, 桑波田雅士, 鍋島陽一, 宮本賢一(2007)KlothoおよびFGF23によるリントランスポートソームの調節について, 特定領域研究「膜輸送複合体」, 7月23-25日, 神奈川.

6)竹谷豊, 中村麻子, 鎌田歩規代, 瀬川博子, 伊藤美紀子, 武田英二, 宮本賢一(2007)NaPi-IIaトランスポートソームの細胞膜局在制御機構, 特定領域研究「膜輸送複合体」, 7月23-25日, 神奈川.

7)辰巳佐和子(2007)メカニカルストレスによる骨細胞への影響とミネラル代謝, 第3回若手研究者 研究報告会, 8月2日, 徳島

 

1)鬼塚朱美(2007), 第1回トランスポーター研究会, 12月日, 東京.(ベストポスター賞)

2)金子一郎(2007)FGF23によるナトリウム依存性リン酸トランスポーター(SLC34A)発現調節機構の解明, 第2回トランスポーター研究会, 6月9-10日, 東京.(ベストポスター賞)