業績集 2005年

2011年10月15日

英文

1) Segawa H, Yamanaka S, Ito M, Kuwahata M, Shono M, Yamamoto T, Miyamoto K. (2005) Internalization of renal type IIc Na/Pi cotransporter in response to a high phosphate diet. Am J Physiol Renal Physiol. 288:F587-96.

2)Ito M, Matsuka N, Izuka M, Haito S, Sakai Y, Nakamura R, Segawa H, Kuwahata M, Yamamoto H, Pike WJ, Miyamoto KI.(2005) Characterization of inorganic phosphate transport in osteoclast-like cells.
Am J Physiol Cell Physiol. 288:C921-31.

3) Ito M, Sakai Y, Furumoto M, Segawa H, Haito S, Yamanaka S, Nakamura R, Kuwahata M, Miyamoto KI. (2005) Vitamin D and phosphate regulate fibroblast growth factor-23 in K562 cells. Am J Physiol Endocrinol Metab. 288:E1101-1109.
4) Inoue Y, Segawa H, Kaneko I, Yamanaka S, Kusano K, Kawakami E, Furutani J, Ito M, Kuwahata M, Saito H, Fukushima N, Kato S, Kanayama HO, Miyamoto KI.(2005) Role of vitamin D receptor on FGF23 action in phosphate metabolism.
Biochem J. 2005 in press

5) Saito H, Maeda A, Ohtomo S, Hirata M, Kusano K, Kato S, Ogata E, Segawa H, Miyamoto KI, Fukushima N.(2005) Circulating FGF-23 is regulated by 1alpha,25- dihydroxyvitamin D3 and phosphorus in vivo.
J Biol Chem. 280:2543-2549.

6) Matsuo A, Negoro T, Seo T, Kitao Y, Shindo, Segawa H, Miyamoto KI.(2005) Inhibitory effect of JTP-59557, a new triazole derivative, on intestinal phosphate transport in vitro and in vivo. Eur J Pharmacol. in press.

7)Taketani Y, Nashiki K, Sawada N, Yamamoto H, Arai H, Miyamoto K, Takeda E (2005) Role of ezrin in the parathyroid hormone-mediated downregulation of sodium-dependent phosphate transporter in opossum kidney cells.
8)Ito M, Matsuka N, Izuka M, Haito S, Sakai Y, Nakamura R, Segawa H, Kuwahata M, Yamamoto H, Wesley J.Pike, Miyamoto K (2005) Characterization of inorganic phosphate transport in osteoclast like cells. Am J Physiol, 288, C921-C931.

9)Ito M, Sakai Y, Furumoto M, Segawa H, Haiso S, Yamanaka S, Nakamura R, Kuwahata M, Miyamoto K (2005) Vitamin D and phosphate regulate fibroblast groeth factor-23 in K-562 cells. Am J Physiol Endocrinol Metab, 288, E1101-E1109.

10)Matsuo A, Negoro T, Seo T, Kitao Y, Shindo M, Segawa H, Miyamoto K (2005) Inhibitory effect of JTP-59557, a new triazole derivative, on intestinal phosphate transport in vitro and in vivo. Eur J Pharmacol, 517, 111-119.

11)Miyamoto K, Ito M, Kuwahata M, Kato S, Segawa H (2005) Inhibion of intestinal sodium-dependent inorganic phosphate transport by fibroblast growth factor 23.Therapeutic Apheresis and Dialysis, 9(4), 331-335.
12)Segawa H, Kaneko I, Yamanaka S, Kusano K, Kawakami E, Furutani J, Ito M, Kuwahata M, Saito M, Fukushima N, Kato S, Kanayama H, Miyamoto K (2005) Role of the vitamin D receptor in FGF23 action on phosphate metabolism. Biochem. J.(2005) 390, 325-331.

13)Nashiki K, Taketani Y, Takeichi T, Sawada N, Yamamoto H, Ichikawa M, Arai H, Miyamoto K, Takeda E (2005) Role of membrane microdomains in PTH-mediated down-regulation of NaPi-IIa in opossum kidney cells. Kidney Int. 2005 Sep;68(3):1137-47.

14)Segawa H, Furutani J, Miyamoto K (2005) Pharmacologic intervention for vascular calcification. Clin Calcium. 2005 Jul;15(7):149-54. Review. Japanese.

15)Miyamoto K, Ito M, Segawa H (2005) Novel phosphate regulating genes and osteoporosis. Clin Calcium. 2005 May;15(5):783-8. Review. Japanese.

16)Miyamoto K, Ito M, Segawa H (2005) Role of the vitamin D receptor in FGF23 action on phosphate metabolism. Biochem J. 390, 325-331.
17)Ito M, Haito S, Furumoto M, Kawai Y, Terao J, Miyamoto K (2005) Approach to novel functional foods for stress control 4. Regulation of serotonin transport by food factors. J Med Invest. 52, 245-248.

18)Yamamoto H, Tani Y, Kobayashi K, Taketani Y, Sato T, Arai H, Morita K, Miyamoto K, Wesley Pike J, Kato S, Takeda E (2005) Alternative promoters and renal cell-specific regulation of the mouse type IIa sodium-dependent phosphate cotransporter gene. Biochim Biophys Acta. 1732(1-3), 43-52.

19)Nashiki K, Taketani Y, Takeichi T, Sawada N, Yamamoto H, Ichikawa M, Arai H, Miyamoto K, Takeda E (2005) Role of membrane microdomains in PTH-mediated down-regulation of NaPi-IIa in opossum kidney cells. Kidney Int. 68(3), 1137-47

20)Segawa H, Miyamoto K (2005) New insights on plasma phosphate and calcium control. Clin Calcium. 14(6):49-54.
22)Miyamoto K, Ito M, Segawa H (2005) Calcitonin and renal mineral reabsorption. Clin Calcium. 2005 Mar;15(3):158-62. Review. Japanese.

23)Miyamoto K, Ito M, Segawa H, Kuwahata M (2005) Sodium-dependent glucose, phosphate, amino acid transporters. Nippon Rinsho. 64(2), 145-9. Japanese.

24)Segawa H, Yamanaka S, Ito M, Kuwahata M, Shono M, Yamamoto T, Miyamoto K (2005) Internalization of renal type IIc Na-Pi cotransporter in response to a high-phosphate diet. Am J Physiol Renal Physiol. 288(3), F587-96.

25)Ito M, Segawa H, Kuwahata M, Miyamoto K (2005) Cellular mechanisms in proximal tubular handling of phosphate. Clin Calcium. 11(10), 1297-301. Japanese.

26)Ito M, Segawa H, Miyamoto K (2005) Roles of parathyroid hormone (PTH) on phosphate metabolism. Clin Calcium. 12(12), 1650-3. Japanese.
27)Saito H, Maeda A, Ohtomo S, Hirata M, Kusano K, Kato S, Ogata E, Segawa H, Miyamoto K, Fukushima N (2005) Circulating FGF-23 is regulated by 1alpha,25-dihydroxyvitamin D3 and phosphorus in vivo.J Biol Chem. 280(4):2543-9.

 

和文・図書・雑誌

1)宮本賢一, 伊藤美紀子, 瀬川博子(2005)カルシトニンの腎への作用, CLINICAL CALCIUM, Vol.15, No.3. 158-162.

2)宮本賢一, 瀬川博子, 伊藤美紀子(2005)生体リン調節機構とFGF23, 腎と骨代謝, Vol.18, No.2. 99-104.

3)宮本賢一(2005)遺伝性低リン血症くる病(腎性くる病), 腎と透析, Vol.58, No.3. 316-320.

4)宮本賢一, 伊藤美紀子, 瀬川博子(2005)リン酸代謝関連遺伝子群と骨粗鬆症, CLINICAL CALCIUM, Vol.15, No.5. 57-62.

5)宮本賢一, 瀬川博子, 伊藤美紀子(2005)リン代謝関連分子の新展開, 診断と治療, Vol.93, No.6. 973-976.

6)山中説子, 瀬川博子, 大野康恵, 古谷順也, 荒波史, 塩澤和代, 大本智世, 伊藤美紀子, 桑波田雅士, 宮本賢一(2005)成長に必要なリントランスポーター, 発達腎研究誌, Vol.3, No.1. 6-10.

7)宮本賢一, 瀬川博子, 伊藤美紀子(2005)Ⅱ.カルシトニン 薬理作用と生理作用 腸管への作用, 日本臨牀, 63巻, 増刊号10. 202-206.

8)宮本賢一(編著), 桑波田雅士(執筆者)(2005)エッセンシャル基礎栄養学, 医歯薬出版.

9)瀬川博子(2005)リン含有食品による体内汚染を防御するリンセンサーの同定, NSPC, 年報 Annual Report 2005, 増刊号33-38.

 

国際学会

1) Miyamoto K. (2005) Role of ezrin in the parathyroid hormone-mediared downregulation of sodium-dependent phosphate transporter in opossum kidney cells. ABSTRACT for JSCB, June 15-17, Omiya, Saitama, Japan.

2) Miyamoto K. (2005) Regulation of phosphate transport. 3rd World Congress of Nephrology, June 26-30, Singapore.

3) Segawa H, Yamanaka S, Ono Y, Ito M, Kuwahata M, Nabeshima Y, Miyamoto K. (2005) Role of Klotho in phosphate homeostasis. The American Society of Nephrology, November 11, Philadelphia, USA.

4) Ito M, Segawa H, Onitsuka A, Miyamoro K. (2005) Degradation of Renal Type IIc cotransporter by Parathyroid Hormone. November 11, Philadelphia, USA.

 

国内学会

1) 蔵本靖子, 桑波田雅士, 巴由佳, 菅田恵美, 瀬川博子, 伊藤美紀子, 宮本賢一 (2005) 栄養状態とアルブミン合成低下の関係, 第8回日本病態栄養学会, 1月8-9日, 京都.

2) 古谷順也, 瀬川博子, 伊藤美紀子, 桑波田雅士, 宮本賢一 (2005) 腎不全モデル動物におけるリン代謝調節機構の解明, 第8回日本病態栄養学会, 1月8-9日, 京都.

3) 山本浩範, 木村宏子, 辻光義, 石黒真理子, 竹井悠一郎, 佐藤匡俊, 宮本賢一, 白神俊幸, 田中裕子, 新井英一, 竹谷豊, 武田英二 (2005) 腸管ペプチド輸送担体(PepT1)を分子標的とした新たな栄養補給法の開発, 第8回日本病態栄養学会, 1月8-9日, 京都.

4) 宮本賢一 (2005) 腎および骨代謝分野における消化吸収の新しい展開, 第1回日本消化管学会, 1月28-29日, 名古屋.
19) 宮本賢一 (2005) 無機リン酸調節機構とその破綻, 第78回日本薬理学会, 3月22-24日, 横浜.

5) 宮本賢一 (2005) 無機リン酸研究の最近の知見;摂取栄養基準から腎・骨疾患まで, 独立行政法人国立健康・栄養研究所セミナー, 5月12日, 東京.
6) 瀬川博子, 金子一郎, 山中説子, 草野健一郎, 斎藤一史, 福島直, 伊藤美紀子, 桑波田雅士, 加藤茂明, 宮本賢一(2005)リン調節因子FGF23の作用機序の解明, 第59回日本栄養・食糧学会, 5月12-15日, 東京.

7) 酒井佑子, 伊藤美紀子, 古本真理, 瀬川博子, 山中説子, 拝藤紗貴子, 中村理恵, 桑波田雅士, 宮本賢一(2005)生体内無機リン酸調節ホルモンFGF-23のビタミンDによる調節機構の解明, 第59回日本栄養・食糧学会, 5月12-15日, 東京.

8) 桑波田雅士, 蔵本靖子, 巴由佳, 瀬川博子, 伊藤美紀子, 宮本賢一(2005)RNA結合蛋白を介したアルブミン遺伝子転写後調節機構と栄養状態の関連, 第59回日本栄養・食糧学会, 5月12-15日, 東京.

9) 中村理恵, 伊藤美紀子, 拝藤紗貴子, 酒井佑子, 古本真理, 瀬川博子, 桑波田雅士, 宮本賢一(2005)ショウジョウバエを用いた食餌性無機リン制限による寿命延長効果の検討, 第28回日本基礎老化学会, 6月15-17日, 東京.

10) 宮本賢一, 伊藤美紀子, 拝藤紗貴子, 塩澤和代, 瀬川博子(2005)Npt2aノックアウトマウスにおけるリン代謝調節について, 第48回日本腎臓学会, 6月23-25日, 横浜.

11) 瀬川博子, 大野康恵, 山中説子, 鍋島陽一, 宮本賢一(2005)KlothoとFGF23の関係, 第48回日本腎臓学会, 6月23-25日, 横浜.

12) 酒井佑子, 伊藤美紀子, 瀬川博子, 加藤茂明, 宮本賢一(2005)ビタミンD及びリンによるFGF23の発現調節, 第48回日本腎臓学会, 6月23-25日, 横浜.

13) 塩澤和代, 瀬川博子, 山中説子, 草野健一郎, 斎藤一史, 福島直, 加藤茂明, 宮本賢一(2005)FGF23による腸管リン吸収抑制機構について, 第48回日本腎臓学会, 6月23-25日, 横浜.
28)宮本賢一, 瀬川博子, 伊藤美紀子(2005)リン代謝における腸管の役割, 第23回日本骨代謝学会, 7月21-23日, 大阪.
14)瀬川博子, 山中説子, 大野康恵, 塩澤和代, 荒波史, 古谷順也, 伊藤美紀子, 鍋島陽一, 宮本賢一(2005)新規リン代謝関連因子KlothoとFGF23の関係, 第23回日本骨代謝学会, 7月21-23日, 大阪.

15)伊藤美紀子, 拝藤紗貴子, 瀬川博子, 宮本賢一(2005)破骨細胞におけるリン酸排泄機構, 第23回日本骨代謝学会, 7月21-23日, 大阪.

16)伊藤美紀子, 桑波田雅士, 宮本賢一(2005)食餌性無機リン酸制限による寿命延長効果の検討, 第52回日本栄養改善学会, 9月27-29日, 徳島.

17)宮本賢一, 伊藤美紀子, 巴由佳, 桑波田雅士(2005)腎不全/透析患者におけるリン調節機構と薬剤開発, 第52回日本栄養改善学会, 9月27-29日, 徳島.

18)中村 理恵, 伊藤 美紀子, 酒井 佑子, 古本 真理, 瀬川 博子, 桑波田 雅士, 宮本 賢一(2005)食餌性無機リン制限による寿命延長効果の検討, 第38回日本栄養・食糧学会 中国・四国支部大会, 11月12-13日, 島根.

19)桑波田 雅士, 巴 由佳, 天野 佐紀, 瀬川 博子, 伊藤 美紀子, 宮本 賢一(2005)Hep G2 細胞のアルブミン合成調節機構, 第38回日本栄養・食糧学会 中国・四国支部大会, 11月12-13日, 島根.

20)巴 由佳, 桑波田 雅士, 天野 佐紀, 瀬川 博子, 伊藤 美紀子, 宮本 賢一(2005)肝障害モデルラットの膵臓におけるインスリン遺伝子発現調節機構, 第38回日本栄養・食糧学会 中国・四国支部大会, 11月12-13日, 島根.

21)瀬川博子, 大野康恵, 山中説子, 宮本 賢一(2005)リン代謝におけるklothoとFGF23の役割, 第6回腎不全病態治療研究会, 11月26, 東京.

22)中村理恵, 伊藤 美紀子, 酒井佑子, 古本真理, 瀬川博子, 桑波田雅士, 宮本 賢一(2005)食餌性無機リン制限による寿命延長機構の解明, 第28回日本分子生物学会, 12月7-10日, 福岡.

23)伊藤 美紀子, 上畑陽子, 櫻井文, 瀬川博子, 桑波田雅士, 宮本 賢一(2005)IIc型リン酸トランスポーターのPTHによるendocytosis機構の解明, 第28回日本分子生物学会, 12月7-10日, 福岡.

24)古谷順也, 瀬川博子, 伊藤美紀子, 桑波田雅士, 菅野三樹男, 宮本 賢一(2005)腎不全モデル動物における腸管栄養素吸収機構の変動, 第9回日本病態栄養学会, 1月7-8日, 和歌山.

25)桑波田雅士, 巴由佳, 瀬川博子, 伊藤美紀子, 宮本 賢一(2005)ヒト肝癌細胞を用いたアルブミン合成調節機構の検討, 第9回日本病態栄養学会, 1月7-8日, 和歌山.

 

特別講演

1) 宮本賢一(2005)高リン血症治療の分子標的としての腸管リンセンサーの機能解明と同定, 腎性骨症研究会 平成16年度研究報告会, 7月16日, 東京.

2)宮本賢一, 竹谷豊, 伊藤美紀子, 瀬川博子(2005)無機リン酸トランスポートソームの機能制御とその破綻, 自然科学研究機構 生理学研究所研究会, 7月19-20日, 愛知.

3)桑波田雅士(2005)アルブミン合成の分子機構, 第9回瀬戸内カンファレンス, 8月27日, 岡山.

4)宮本賢一(2005)リンの食事摂取基準について, 第11回北九州ビタミンDと骨代謝研究会, 10月25日, 福岡.

5)宮本賢一(2005)脂質の代謝, 平成17年度生涯学習研修会, 11月28日, 徳島.

6)瀬川博子, 伊藤美紀子, 桑波田雅士, 宮本賢一(2005)老化klothoにおけるカルシウム・リン代謝異常に付いて, 第5回徳島Bone Forum, 12月1日, 徳島. 宮本賢一(座長)

 

 

1)瀬川博子(2005)リン代謝におけるklothoとFGF23の役割, 第6回腎不全病態治療研究会, 11月26日, 東京.