業績集 2004年

2011年10月15日

英文

1)  Ito M, Iidawa S, Izuka M, Haito S, Segawa H, Kuwahata M, Ohkido I, Ohno Hiroshi, Miyamoto K (2004) Interaction of a farnesylated protein with renal type IIa Na/Pi co-transporter in response to parathyroid hormone and dietary phosphate. Biochem. J.(2004) 377, 607-616.

2)   Ito M, Akai E, Izuka M, Segawa H, Kuwahata M, Miyamoto K (2004)Cloning and characterization of three PHEX homologues in Drosophila. J Bone Miner Metab, 22, 3-11.

3)  Miyamoto K, Segawa H, Ito M, Kuwahata M (2004) Physiological Regulation of Renal Sodium-Dependent Phosphate Cotransporters. Jap J Phisiol, 54, 93-102. REVIEW.

4)  Segawa H, Kaneko I, Yamanaka S, Ito M, Kuwahata M, Inoue Y, Kato S, Miyamoto K (2004) Intestinal Na-Pi cotransporter adaptation to dietary Pi content in vitamin D receptor null mice. Am J Physiol Renal Physiol, 287, F39-F47.


5)  Takeda E, Terao J, Nakaya Y, Miyamoto K, Baba Y, Chuman H, Kaji R, Ohmori T, Rokutan K (2004) Stress control and human nutrition. The Journal of Medical Investigation, Vol.51, No.3, 4, August, 2004. REVIEW.139-145.

6)   Segawa H, Yamanaka S, Ito M, Kuwahata M, Shono M, Yamamoto T, Miyamoto K (2004) Internalization of renal type IIc Na/Pi cotransporter in response to a high phosphate diet. Am J Physiol. Renal Physiol, 288, F587-F596.

7)  Kuwahata M, Kuramoto Y, Tomoe Y, Sugata E, Segawa H, Ito M, Oka T, Miyamoto K (2004) Posttranscriptional regulation of albumin gene expression by branced-chain amino acids in rats with acute liver injury, Biochim Biopys Acta, 1739, 62-69.

 

和文・図書・雑誌

1)宮本賢一(2004)エネルギーの平衡、代謝、栄養, ギャノング生理学 原書21版, 287-328.

2)宮本賢一(2004)豊富な栄養源の枯渇(リンの話題), 薬の知識 第55巻 第4号, 132.

3) 瀬川博子, 宮本賢一(2004)血中のリン・カルシウム濃度調節についての最近の知見, CLINICAL CALCIUM, Vol.14, No.6. 49-54.

4)宮本賢一, 瀬川博子, 伊藤美紀子(2004)腸管におけるリン吸収機構とその制御, 腎不全とリン, 30-35.

5)宮本賢一, 瀬川博子, 桑波田雅士(2004)新しいリン吸収阻害薬の展望, 腎不全とリン, 173-178.

6)宮本賢一, 瀬川博子, 伊藤美紀子, 桑波田雅士(2004)新しいリン調節薬の開発と実用化の可能性, 腎と骨代謝, Vol. 17, No. 4, 371-377.

7)宮本賢一, 伊藤美紀子(2004)PHEX遺伝子, 骨粗鬆症治療, Vol.3, No.4, 49-53.

8)瀬川博子, 伊藤美紀子, 桑波田雅士, 宮本賢一(2004)リンバランスの調節機構, 透析会誌, 37(12), 2043-2045.

 

国際学会

1) Miyamoto K, Ito M, Kuwahata M, Segawa H. (2004) Regulation of a growth-related type IIc Na/Pi cotransporter by parathyroid hormone. Experimental Biology, April 17-21, Wasington, DC.

2) Segawa H, Yamanaka S, Ito M, Kuwahata M, Miyamoto K. (2004) Regulation of a growth-related renal type IIc Na/Pi cotransporter by dietary phosphate. Experimental Biology, April 17-21, Wasington, DC.

3) Miyamoto K. (2004) New aspects on Na-PO4 cotransporter expression and function. PPP7 (International parathyroid hormone symposium), July 8-10, France.

4)Segawa H, Yamanaka S, Ito M, Kuwahata M, Kusano K, Saito K, Fukushima N, Kato S, Miyamoto K. (2004) Role of Vitamin D receptor on FGF23 Action in Phosphate Metabolism.. The American Society of Nephrology, October 27-November 1, St. Louis, MO, USA.

5)Miyamoto K, Yamanaka S, Ito M, Kuwahata M, Kato S, Segawa H. (2004) Adaptation of a low Pi diet in intestinal Na/Pi transport is independent of vitamin D. The American Society of Nephrology, October 27-November 1, St. Louis, MO, USA.

6)Ito M, Sakai Y, Haito S, Nakamura R, Furumoto M, Segawa H, Kuwahata M, Miyamoto K. (2004) Transcriptional regulation of fibroblast growth factor 23(FGF23) by vitamin D and serum phosphate. The American Society of Nephrology, October 27-November 1, St. Louis, MO, USA.

 

国内学会

1) 桑波田雅士, 蔵本靖子, 宮本賢一(2004)アミノ酸栄養状態とアルブミン合成, 第7回日本病態栄養学会, 1月10-11日, 京都.

2) 宮本賢一, 瀬川博子, 伊藤美紀子, 桑波田雅士(2004)腎不全時高等動物における無機リン酸処理機構の異常と疾患, 日本農芸化学会 2004年度大会, 3月31日, 広島.

3) 宮本賢一, 瀬川博子, 松尾明, 北尾有紀, 柳田理恵, 桑波田雅士(2004)新規リン調節薬の作用機構について, 第47回日本腎臓学会, 5月27日-29日, 宇都宮.

4) 瀬川博子, 金子一郎, 山中説子, 加藤茂明, 宮本賢一(2004)ビタミンD受容体(VDR)KOマウスにおけるリン代謝調節機構, 第47回日本腎臓学会, 5月27日-29日, 宇都宮.

5) 瀬川博子(2004)ビタミンD受容体(VDR)遺伝子欠損マウスを用いたリン調節遺伝子FGF23の作用機序の解明, 第22回日本骨代謝学会, 8月5-7日, 大阪.

6) 伊藤美紀子, 拝藤紗貴子, 山本浩範, 宮本賢一(2004)RANKLにより誘導された破骨細胞には新規リン酸トランスポーターが存在する, 第22回日本骨代謝学会, 8月5-7日, 大阪.

7) 山中説子, 瀬川博子, 大野康恵, 古谷順也, 荒波史, 塩澤和代, 大本智世, 伊藤美紀子, 桑波田雅士, 宮本賢一(2004) 成長期に必要なリン酸トランスポーター(type IIc Na/Pi), 第13回発達腎研究会, 9月11日, 徳島.

8) 宮本賢一, 山本浩範, 武田英二(2004)トランスポーターを介する食品成分のデルバリーシステムとその調節, 2004年度日本農芸化学会中四国支部大会, 9月17-18日, 徳島.

9) 瀬川博子, 山中説子, 金子一郎, 伊藤美紀子, 宮本賢一(2004)ビタミンD受容体(VDR)遺伝子欠損マウスを用いたリン調節因子FGF23の作用機序の解明, 第23回腎と骨代謝研究会, 9月25-26日, 東京.

10) 大野康恵, 瀬川博子, 山中説子, 塩澤和代, 伊藤美紀子, 桑波田雅士, 宮本賢一(2004)老化マウスにおける食事性リンの影響について, 第37回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, 10月16-17日, 愛媛.

11) 桑波田雅士, 蔵本靖子, 巴由佳, 菅田恵美, 瀬川博子, 伊藤美紀子, 宮本賢一(2004)肝障害モデルラットのアルブミン合成抑制の分子機構と分岐鎖アミノ酸投与の影響, 第37回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, 10月16-17日, 愛媛.

12) 蔵本靖子, 巴由佳, 菅田恵美, 瀬川博子, 伊藤美紀子, 宮本賢一, 桑波田雅士(2004)食餌摂取によるアルブミン合成調節機構の解明, 第37回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, 10月16-17日, 愛媛.

13) 宮本賢一, 伊藤美紀子, 桑波田雅士(2004)寿命制御と栄養因子, 第51回日本栄養改善学会, 10月20-22日, 石川.

14)桑波田雅士, 伊藤美紀子, 宮本賢一(2004)ラット骨格筋の栄養素感受性複合体に及ぼす加齢の影響, 第51回日本栄養改善学会, 10月20-22日, 石川.

 

特別講演

1) Miyamoto K. (2004)Physiological regulation of renal type II sodium-dependent phosphate cotransporters. New Jersey Medical School, April 23, USA.

2) 瀬川博子, 伊藤美紀子, 桑波田雅士, 宮本賢一(2004)リンバランスの調節機構, 第49回(社)日本透析医学会, 6月18-20日, 神戸.

3)宮本賢一(2004)Mechanism of molecular regulatory system in inorganic phosphate transporter family. 第1回Bone Biology Forum, 10月22-23日, 静岡.

4) 桑波田雅士, 瀬川博子, 伊藤美紀子, 宮本賢一(2004)肝障害モデルラットのアルブミン遺伝子転写後調節機構とアミノ酸製剤投与の影響, 第178回必須アミノ酸研究協議会, 10月19日, 東京.

5) 伊藤美紀子, 拝藤紗貴子, 酒井佑子, 山中説子, 瀬川博子, 宮本賢一(2004)FGF23によるリン/ビタミンD代謝調節機構, 第11回徳島骨代謝研究会, 11月4日, 徳島.

6) 宮本賢一(2004)脂質マイクロドメインを介するトランスポーターの調節, 金沢大学大学院自然科学研究科大学院セミナー, 11月15日, 金沢.

7) 瀬川博子, 川上絵里, 大本智世, 古谷順也, 宮本賢一(2004)リンの生体内動態を規定する因子の検索, 第5回腎不全病態治療研究会, 11月27日, 東京.

8) 宮本賢一(2004)カルシトニン関連蛋白と骨カルシウム代謝, 第4回カルシトニン/副甲状腺ホルモン研究会, 12月11日, 東京.