業績集 2003年

2011年10月15日

英文

1)Saito H, Kusano K, Kinosaki M, Ito H, Hirata M, Segawa H, Miyamoto K, Fukushima N. (2003) Human fibroblast growth factor-23 mutants suppress Na+-dependent phosphate co-transport activity and 1α, 25-dihydroxyvitamin D3 production. J Biol Chem, 278, 2206-2211.

2)  瀬川博子(2003)慢性神経性疾患における神経細胞死の標的遺伝子シスチン/グルタミン酸トランスポーターの機能解析とノックアウトマウスの作製,Research Paper of The Suzuken Memorial Fundation, 20,149-150.

3)  Taketani Y, Nomoto M, Yamamoto H, Isshiki M, Morita K, Arai H, Miyamoto K, Kato S, Takeda E(2003)Increase in IP3 and intracellular Ca2+ induced by phosphate depletion LLC-PK1 cells.Biochemical and Biophyssical Reserch Communnications 305(2003)287-291.

4)  Miyamoto K, Ito M, segawa H, Kuwahata M.(2003) Molecular targets of hyperphosphataemia in chronic renal failure.Nephrol Dial Transplant(2003) 18[Suppl 3]:iii79-iii80.

5)Segawa H, Kawakami E, Kaneko I, Kuwahata M, Ito M, Kusano K, Saito H, Fukushima N, Miyamoto K.(2003)Effect of hydrolysis-resistant FGF23-R179Q on dietary phosphate regulation of the renal type-II Na/Pi transporter. Pflugers Arch-Eur J Physiol(2003)446:585-592.

6) Ohkido I, Segawa H, Yanagida R, Nakamura M, Miyamoto K.(2003)Cloning, gene structure and dietary regulation of the type-IIc Na/Pi cotransporter in the mouse kidney.Pflugers Arch.2003 Apr;446(1):106-15.Epub 2003 Feb 25.

7)Miyamoto K, Ito M, Kuwahata M, Segawa H(2003) Sensing Mechanisms of inorganic phosphate in mammalian cells. Current Topics in Medical Chemistry, 3, 65-75.

8)Tenenhouse HS, Martel J, Gauthier C, Segawa H, MIyamoto K. (2003) Differential effects of Npt2a gene ablation and the X-linked Hyp mutation on renal expression of type IIc Na/phosphate cotransporter. Am J Physiol. 285: F1271-F1278.

 

和文・図書・雑誌

1) 宮本賢一, 伊藤美紀子, 桑波田雅士, 瀬川博子(2003)リンの消化吸収機構とリン低下薬, 臨床透析, 19(1), 29-35.

2) 桑波田雅士,伊藤美紀子,瀬川博子,宮本賢一(2003)リン代謝の最近の理解とリン調節薬の将来,透析療法ネクストII 透析骨症は防げる,43-48.

3) 伊藤美紀子,瀬川博子,宮本賢一(2003)リン輸送とその異常,腎疾患-state of arts 別冊・医学のあゆみ,109-111.

4) Miyamoto K, Ito M, Segawa H, Kuwahata M (2003) Molecular targets of hyperphosphataemia in chronic renal failure. Nephrol Dial Transplant, 18 (Suppl 1), 1-2.

5) 黒川清,深川雅史,宮本賢一,桑波田雅士,瀬川博子(2003)生体に無機リン酸感受機構 , 新しい透析骨症,319-322

6) 宮本賢一,瀬川博子,伊藤美紀子,桑波田雅士(2003)尿細管疾患ー遺伝性くる病,臨床雑誌 内科7 vol.92 No.1, 89-92.

7) 宮本賢一(2003)環境問題も解決するリン吸着剤,Kidney Metab Bone Dis vol. 16,No. 3, 209-210.

8) 宮本賢一(2003)見えてきたリン代謝の全貌,Medical Practice, Vol..20, No.8, 1370-1371.

9)宮本賢一,瀬川博子,伊藤美紀子,桑波田雅士(2003)PHEXの真の基質”フォスファトニン”とは何か?,The Bone vol.17 No.5 2003-9.

10) 宮本賢一,桑波田雅士(2003)ビタミンの栄養, 新ガイドライン準拠, エキスパート, 管理栄養士養成シリーズ,基礎栄養学, 84-92.

11) 宮本賢一,桑波田雅士(2003)無機質(ミネラル)の栄養, 新ガイドライン準拠 エキスパート 管理栄養士養成シリーズ 基礎栄養学, 92-99.

12) 宮本賢一,桑波田雅士(2003)遺伝子発現と栄養, 新ガイドライン準拠 エキスパート 管理栄養士養成シリーズ 基礎栄養学, 183-193.

13) 宮本賢一, 瀬川博子, 伊藤美紀子, 桑波田雅士(2003)腸管のリントランスポーター,腎と透析,vol.55, No.6, 887-881.

14) 宮本賢一, 伊藤美紀子, 瀬川博子, 桑波田雅士(2003)副甲状腺ホルモン(PTH)による腎カルシウム、リン、ビタミンD代謝調節について, The Bone vol.18 No.1 2004-1, 33-38.

 

国際学会

1)Takeda E, Arai H, Yamamoto H, Kubota M, Yoshida S, Honghong Z, Taketani Y, Morita K, Miyamoto K. (2003)Human vitamin D receptor gene expression in intestine and osteoporosis. The 2nd China-Japan international conference on vitamins, October 28-31, Shanghai, China.

2)  Ito M, Iidawa S, Segawa H, Kuwahata M, Miyamoto K. (2003)Involvement of a farnesylated protein in rapid down regulation of renal type IIa transporter in response to parathyroid hormone.June 2-7,IBMS-JSBMR2003 First Joint Meeting,Osaka,Japan.

3)  Yamamoto T, Ozono K, Michigami T, Kosei Y, Miyamoto K.(2003)Hereeditay hypophhosphatemic rickets with hypercalciuria:Anzlyses of phosphate transporter gene and osteoblatic function.June 2-7,IBMS-JSBMR2003 First Joint Meeting,Osaka,Japan.

4)Miyamoto K, Ito M, Iidawa S, Haito S, Segawa H, Kuwahata M (2003) Interaction of a farnesylated protein with renal typeIIa phosphate cotransporter. The American Society of Nephrology, Novenber 12-17, San Diego, USA.

5) Segawa H, Kawakami E, Kaneko I, Yamanaka S, Ito M, Kuwahata M, Saito H, Kusano K, Fukushima N, Miyamoto K (2003) FGF23 blunts phosphate sensing on renal type II Na/Pi cotransporter. The American Society of Nephrology, Novenber 12-17, San Diego, USA.

 

国内学会

1)宮本賢一(2003)機能性食品の生体内輸送と代謝の解析, 健康産業産学交流会, 3月14日, 高松.

2) 桑波田雅士, 川上絵里, 蔵本靖子, 久保百合子, 瀬川博子, 伊藤美紀子, 宮本賢一(2003)肝障害モデルラットのアミノ酸栄養状態に伴うアルブミン遺伝子転写後調節機構, 第57回日本栄養・食糧学会大会, 5月17日-19日, 福岡.

3) 瀬川博子(2003)生後の高リン血症に関与するリン酸トランスポーター, 第46回日本腎臓学会, 5月22日-24日, 東京.

4) 宮本賢一(2003)高リン血症に対するニコチン酸によるリン吸収阻害機序解明, 第46回日本腎臓学会, 5月22日-24日, 東京.

5) 笹村剛司,佐々木伸雄,宮下文靖,石川裕之,中尾志保,伊藤美紀子,北川元生,張ヶ谷健一,Eric Spana,David Bilder,Norbert Perrimon,松野健治(2003)Notch情報伝達系neuroticはO-フコース転位酵素をコードし、Notch-Deltaの結合に必須である。日本発生生物学会第36回大会,6月11日-13日,札幌.

6) 堀一也,伊藤美紀子,不破尚志,岡野栄之,松野健治(2003)Deltexは、Notchを含むエンドサイトーシス小胞を増加させ、小胞内のNotchを安定化する。日本発生生物学会第36回大会,6月11日-13日,札幌.

7) 猪塚倫代(2003)破骨細胞におけるリン処理機構、 第7回瀬戸内カンファレンス, 8月23日-24日, 岡山.

8) 瀬川博子(2003)FGF23のリン代謝調節機構, 第7回瀬戸内カンファレンス, 8月23日-24日, 岡山.

9) 瀬川博子, 山中説子, 金子一郎, 斉藤一史, 草野健一郎, 福島直, 宮本賢一(2003)FGF23による腸管リン吸収抑制効果について, 第22回腎と骨代謝研究会学術集会, 9月13日, 東京.

10) 桑波田雅士, 伊藤美紀子, 宮本賢一(2003)急性肝障害モデルラットのアルブミン合成に及ぼす分岐鎖アミノ酸高含有製剤投与の影響, 第50回日本栄養改善学会学術総会, 9月16日-18日, 岡山.

11) 木野山真紀, 小野章史, 宮本賢一(2003)腎不全時の食事からのリン吸収機構について, 第50回日本栄養改善学会学術総会, 9月16日-18日, 岡山.

12) 宮本賢一, 瀬川博子, 伊藤美紀子, 桑波田雅士(2003)「トランスポーターの発現変動・活性調節機構と薬物療法の至適化」, 無機リン酸トランスポーターの発現調節と高リン血症治療, 第18回日本薬物動態学会年会, 10月8日-10日, 札幌.

13) Miyamoto K, Ito M, Kuwahata M, Segawa H,(2003)Molecular target of hyperphosphatemia: inorganic phosphate transporter.第75回日本生化学会大会, 10月15日-18日, 横浜.

14) 宮本賢一, 瀬川博子, 松尾明, 北尾有紀, 柳田理恵, 桑波田雅士(2003)新規リン調節薬(リントランスポーター阻害剤)による高リン血症治療, 第4回腎不全病態治療研究会, 11月29日, 東京.

15) 伊藤美紀子, 吉本智佳, 中村理恵, 猪塚倫代, 拝藤紗貴子, 酒井佑子, 瀬川博子, 桑波田雅士, 宮本賢一(2003)ショウジョウバエを用いた食餌性無機リン制限による寿命延長効果の検討, 第26回日本分子生物学会年会, 12月10日-113日, 神戸.

 

特別講演

1) 宮本賢一(2003)透析合併症とリン代謝,第9回透析合併症研究会, 8月2日,京都大学,京都.

2) 瀬川博子(2003)モデル動物を用いたリン代謝調節因子の検索, 第8回ROD21, 8月30日,静岡.

3) 宮本賢一(2003)腎不全におけるリン代謝:最近の知見, 第6回東海ROD研究会, 10月18日, 名古屋.

4) 宮本賢一(2003)腎不全時におけるリン代謝異常:最近の知見, 第51回関西カルシウム懇話会, 10月25日, 大阪.