ようこそ分子栄養へ

2011年10月14日

4.jpg

 

研究目的

1)ミネラルの分子栄養学的研究

2)腎不全透析合併症の発症機構

3)長寿の栄養学