○徳島大学大学院社会産業理工学研究部教授会細則

平成29年4月1日

大学院社会産業理工学研究部長制定

(趣旨)

第1条 この細則は,徳島大学教授会通則(平成12年規則第1456号。以下「通則」という。)第8条第1項の規定に基づき,徳島大学大学院社会産業理工学研究部教授会(以下「研究部教授会」という。)について必要な事項を定めるものとする。

(組織)

第2条 研究部教授会は,次の各号に掲げる者をもって組織する。

(1) 研究部長

(2) 副研究部長

(3) 学域長

(4) 総合科学部,理工学部及び生物資源産業学部から選出された教育研究評議会評議員

(5) 系長

(6) その他研究部の専任教授のうちから教授会が必要と認める者

2 前項第4号の構成員は,研究部長が委嘱する。

3 第1項の構成員は,単一の学域に所属する者が過半数を占めることはできない。

(任期)

第3条 前条第1項第6号の構成員の任期は2年とする。ただし,構成員が任期の途中で欠員となった場合の後任者の任期は,前任者の残任期間とする。

2 前項の構成員は,再任されることができる。

(会議の開催)

第4条 研究部教授会は,毎月(8月を除く。)第3木曜日(この日が休日に当たるときは,その翌日とする。)に開催する。ただし,緊急やむを得ないときは,この限りでない。

2 構成員の3分の1以上の要求があるときは,議長は,必要に応じ研究部教授会を招集するものとする。

(提案事項の提出)

第5条 研究部教授会に提案を希望する事項があるときは,開催日の3日前までに研究部長に提出するものとする。ただし,緊急やむを得ないときは,この限りでない。

(開催通知)

第6条 議題は,開催日の2日前までに構成員に通知する。ただし,追加又は緊急を要する議題については,この限りでない。

(会議の記録)

第7条 議事は,すべてその要旨を記録しておくものとする。

(会議)

第8条 研究部教授会は,構成員の半数以上の出席がなければ,会議を開くことができない。

2 議事は,出席した構成員(議長を除く。)の過半数をもって決し,可否同数のときは,議長の決するところによる。

(代理出席)

第9条 第2条第1項第5号の構成員が会議に出席できないときは,当該系の専任教授のうちから代理の者を出席させることができる。

(構成員以外の者の出席)

第10条 研究部教授会が必要と認めるときは,会議に構成員以外の者の出席を求めて意見を聴くことができる。

(議事及び運営の細目)

第11条 研究部教授会の議事及び運営の方法について,通則及びこの細則に規定されていない事項については,その都度研究部教授会において決定する。

(庶務)

第12条 研究部教授会の庶務は,常三島事務部において処理する。

(細則の改廃)

第13条 この細則の改廃は,研究部教授会構成員の3分の2以上の同意を要する。

(雑則)

第14条 この細則に定めるもののほか,研究部教授会について必要な事項は,研究部教授会の議を経て研究部長が別に定める。

附 則

この細則は,平成29年4月1日から施行する。

徳島大学大学院社会産業理工学研究部教授会細則

平成29年4月1日 大学院社会産業理工学研究部長制定

(平成29年4月1日施行)

体系情報
大  学/第2編 学部,研究科及び大学院教育部,研究部/第9章 大学院研究部/第1節 社会産業理工学研究部
沿革情報
平成29年4月1日 大学院社会産業理工学研究部長制定