○徳島大学先端酵素学研究所放射線安全管理委員会規則

平成28年4月1日

先端酵素学研究所長制定

(趣旨)

第1条 この規則は,徳島大学における放射線障害の防止に関する管理規則第7条第3項及び徳島大学先端酵素学研究所放射線障害予防規程第5条第3項の規定に基づき,徳島大学先端酵素学研究所(以下「研究所」という。)に置く徳島大学先端酵素学研究所放射線安全管理委員会(以下「委員会」という。)の所掌事項,組織等について定めるものとする。

(所掌事項)

第2条 委員会は,研究所におけるエックス線装置の管理及び使用並びに放射線障害の防止に関する事項について調査し,審議する。

2 委員会は,放射線障害の防止に関する放射線安全管理責任者の意見を十分尊重するものとする。

(組織)

第3条 委員会は,次の各号に掲げる委員をもって組織する。

(1) 放射線安全管理責任者

(2) 研究所の専任教職員のうちから先端酵素学研究所長(以下「所長」という。)が指名する者 若干人

(3) その他所長が必要と認める者

2 前項第2号及び第3号の委員は,所長が命ずる。

(任期)

第4条 前条第1項第2号及び第3号の委員の任期は,2年とする。ただし,委員に欠員を生じたときの後任者の任期は,前任者の残任期間とする。

2 前項の委員は,再任されることができる。

(委員長)

第5条 委員会に委員長を置き,委員の互選によって定める。

2 委員長は,委員会を招集し,その議長となる。

3 委員長に事故があるときは,委員長があらかじめ指名する委員が,その職務を代理する。

(会議)

第6条 委員会は,委員の半数以上が出席しなければ会議を開くことができない。

2 議事は,出席した委員の過半数をもって決し,可否同数のときは,議長の決するところによる。

(委員以外の者の出席)

第7条 委員会が必要と認めるときは,会議に委員以外の者の出席を求めて意見を聴くことができる。

(報告)

第8条 委員長は,委員会の所掌事項の調査又は審議の結果を,所長及び徳島大学放射線総合センター長に報告するものとする。

(庶務)

第9条 委員会の庶務は,研究・社会連携部先端酵素学研究所事務課において処理する。

(雑則)

第10条 この規則に定めるもののほか,委員会の議事及び運営について必要な事項は,委員会が別に定める。

附 則

この規則は,平成28年4月1日から施行する。

徳島大学先端酵素学研究所放射線安全管理委員会規則

平成28年4月1日 先端酵素学研究所長制定

(平成28年4月1日施行)

体系情報
大  学/第4編 先端酵素学研究所
沿革情報
平成28年4月1日 先端酵素学研究所長制定