○徳島大学教養教育実務者連絡会規則

平成28年4月1日

教養教育院長制定

(趣旨)

第1条 この規則は,徳島大学教養教育院規則第16条第2項の規定に基づき,徳島大学教養教育実務者連絡会(以下「実務者連絡会」という。)について必要な事項を定めるものとする。

(所掌事項)

第2条 実務者連絡会は,次の各号に掲げる事項を協議する。

(1) 教養教育科目の授業担当者(非常勤講師を含む。)及び授業時間割編成に関すること。

(2) 教養教育科目を開講するための施設,設備及び経費に関すること。

(3) その他教養教育院長から付託された事項

(組織)

第3条 実務者連絡会は,別に定める領域に応じ,次の各号に掲げる委員をもって組織する。

(1) 教養教育院から選出された教員 1人

(2) 教養教育院が当該領域に必要と認める部局から選出された教員

(任期)

第4条 前条第2号の委員の任期は1年とする。ただし,委員に欠員が生じたときの後任者の任期は,前任者の残任期間とする。

2 前項の委員は,再任されることができる。

(委員長)

第5条 実務者連絡会に委員長を置き,第3条第1号の委員のうちから教養教育院長が指名する者をもって充てる。

2 委員長は,実務者連絡会を招集し,その議長となる。

3 委員長に事故があるときは,委員長があらかじめ指名する委員が,その職務を代理する。

(代理出席)

第6条 第3条の委員が会議に出席できないときは,代理の者を出席させることができる。

(委員以外の者の出席)

第7条 実務者連絡会が必要と認めるときは,会議に委員以外の者の出席を求めて意見を聴くことができる。

(連絡会)

第8条 実務者連絡会に,各学部又は各領域と教養教育院との連絡会を置くことができる。

2 連絡会について必要な事項は,教養教育院長が別に定める。

(庶務)

第9条 実務者連絡会の庶務は,学務部教育支援課において処理する。

(雑則)

第10条 この規則に定めるもののほか,実務者連絡会について必要な事項は,教養教育院教授会が別に定める。

附 則

この規則は,平成28年4月1日から施行する。

徳島大学教養教育実務者連絡会規則

平成28年4月1日 教養教育院長制定

(平成28年4月1日施行)

体系情報
大  学/第3編 教養教育院
沿革情報
平成28年4月1日 教養教育院長制定