○国立大学法人徳島大学契約監視委員会要領

平成28年3月31日

学長裁定

(目的)

第1条 この要領は,国立大学法人徳島大学(以下「本法人」という。)における契約事務の適切な実施及び契約事務における相互牽制を確保するため設置する,国立大学法人徳島大学契約監視委員会(以下「委員会」という。)について定めるものとする。

(所掌事項)

第2条 委員会は,前条の目的を達成するため,本法人において締結した物品・役務等に係る契約(建設工事及び設計コンサルティング業務に係るものを除く。)に関し,次の各号に掲げる事項を審議する。

(1) 競争性のない随意契約を継続しているものの,随意契約事由及び契約価格の妥当性に関する事項

(2) 一般競争入札等によるものの,競争性の確保及び一者応札・応募の改善方策の妥当性に関する事項

(3) その他専門的かつ幅広い見地から意見を求める必要があると認められる事項

(組織)

第3条 委員会は,監事及び外部有識者で組織する。

2 外部有識者は2名以上とし,学長が委嘱した者とする。

3 委員の任期は,2年とする。ただし,委員に欠員が生じたときの後任者の任期は,前任者の残任期間とする。

4 前項の委員は,再任されることができる。

(委員長)

第4条 委員会に委員長を置き,その選出は委員の互選とする。

2 委員長は,委員会を招集し,その議長となる。

(会議)

第5条 委員会は,原則として年1回以上開催する。

2 委員会は,委員の過半数の出席がなければ,会議を開くことができない。

3 本法人は,委員会の終了後速やかに,議事概要を公表する。

(守秘義務)

第6条 委員は,職務上知り得た秘密を他に漏らしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

(庶務)

第7条 委員会の庶務は,監査室の協力を得て,財務部財務課において処理する。

附 則

この要領は,平成28年4月1日から実施する。

国立大学法人徳島大学契約監視委員会要領

平成28年3月31日 学長裁定

(平成28年4月1日施行)

体系情報
事務提要/第4章 務/第2節
沿革情報
平成28年3月31日 学長裁定